QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試しに撮影してみたら

 うる星やつらのリズム系の曲が続いたので、次は静かな曲をやろうと、機材の説明を撮影してみました。

 今回はモジュラーシンセを説明してるんだけど、Moog IIIc と System-100M の必要なモジュラーの距離が遠くて、ケーブルを接続したり、両方を説明するのに、カメラを動かしたり手持ちカメラで撮影したりとかしたんだけど、そういう部分に気を取られてると、どこまで説明したんだか分かんなくなっちゃって、コリャダメだは...状態。

 そこで、System-100M のモジュールの順番を並べ替えたりして、なんとか撮影しやすく、見た目も分かりやすいセッティングに変更中。

 ついでにボリュームのガリが酷かったんで、モジュール開けてボリューム交換中!

 なんか本筋と関係ない方に行ってます。やっぱり Ustream とかで生じゃ無理っすよね。「ボリューム取っ替える事にしたから、続きは明日か明後日にでも...」みたいになっちゃう。

 誰か聞き手がいて、その人と会話しながら説明という方法も考えたけど、シンセの前に二人が並んで話すと、今度はシンセが隠れちゃうし、カメラが回り込んだりとか難しい...

 あらかじめ台本書いて、カット割りとか作れば良いだろうけど、そうするとライブ感が失われるしねえ。










トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/945-0dde28d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。