QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TR808 修理

 YouTube 用の動画を作ろうと、TR-808 を並べたら、スタート/ストップのスイッチがイマイチ接触不良気味。接点洗浄剤をかけてしばし様子を見たら、完全にアウトになってしまった...

 しょうがないので本体バラしてスイッチを外しチェック。ま、単純に押した時オンになってるだけだから、代替えはいくらでもあるけど、オリジナル形状の方が心理的に良いっすよね。

 ってことで、外したスイッチを強引にバラして中をチェック。ボタンを押すとゴムが押され、その先に付いてる小さな黒い点が2つの接点に触れて、電気が流れる仕組み。

 ところが黒い点を接点にくっつけてもほとんど通電しない。そこで、接点に洗浄剤をかけてゴシゴシ磨いてみた所、電気が流れるようになった!この状態で試しに TR-808 につないでみたら、ちゃんと動きました!

 その後スイッチを閉じて、ワイヤでグルグル巻きにして TR-808 の基板にハンダ付け。問題無く動きました。

 ま、簡単な修理ですが...

 さて、明日はフレーズ練習して撮影に入りたい所...




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/894-b112fd9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。