QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロの音楽家...続いてるな

 昨日書いてた「お礼くらいしたった罰はあたらんだろう」パターンがつい先日も...

 YouTube にアップしてある「ジングルベル」あるでしょう?あれって、複数の画面が全部シンクロしてるわけです。これのやり方が分からない人って結構いるみたいで、質問して来る人が時々いるんだけど、そのほとんどが VJ 系の人。

 VJ の V はビデオでは?だったら自分で研究してミソ、とか思うんだけど、ちゃんと教えてあげるですよ。言っときますけど私ゃビデオ処理については素人です!編集に使ってる FinalCut Express だってマニュアル本を読んでるわけじゃなし、いじりながら「ああ、なるほどこうやんのか」とか研究して技を覚えてるわけ。

 80~90年代にマルチスクリーンに複数の動画を映すタイプの博覧会系仕事が多かったので、仕事をしてるうちに、映像系の人たちがやってる手順を無意識に理解してたんだと思うんですが...

 んで、V の付く方々は質問して来るわけですよ、何のソフトでやってんのか?どうやればシンクするのか?で、こないだもやり方を説明したわけ。

 最初にリズムに合わせて録画する時に、Protools に音を録音するのと同時にカメラのマイクでもその音を録音しとくわけ。

 次のベースとかの録音は、Protools に録音したリズムの音に合わせて弾き、これもカメラのマイクで音を録音しとく...

 これを繰り返して全トラックを弾いとけば、後でそれを FinalCut Express に入れた時に、各トラックの波形を見て、イントロのリズムの立ち上がりの所とかを見つけて、全てのトラックでその立ち上がりの場所を揃えれば、あとはちゃんとシンクロするわけです。

 で、絵が完成したら Protools でミックスしたちゃんとした音を入れる。で、マイクで録音した立ち上がりと同じ場所を Protools でミックスした音でも見つけて、その位置を揃えれば、全ての音と絵が揃うってわけです。

 その後は、マイクで録音した音を削除しちゃって、Protools の音だけにして完成。

 以前やった、ショパンの幻想即興曲なんか、もっと極端で、譜面上のどの場所を弾くか?を譜面に番号入れておいて、弾き始めの前に指で1とか2とか映しといて、それを FinalCut Express に入れる。

 演奏する時は、オケなんてなくて、全てのトラックをメトロノームのカウント音だけで弾いてるのね。

 メトロノームの音は4拍子の1拍目だけ音が大きくなるようにしといて、あとは上記と同じ。メトロノームの音の大きい位置を揃えれば、全てのパートが揃う。もし間違えて揃えた場合は1小節演奏がずれるわけだからすぐ分かるわけです。

 編集中に、各ビデオが譜面上の何番目のフレーズを弾いてるか?は、ビデオ冒頭に指で入れたサインで分かるから、それを見て、ビデオクリップに、メロディーの15番目、とかって名前入れちゃえば良いわけです。

 と、わかるかなあ?そういう作業やった事がある人ならわかると思うけど...

 んで、この手順を教えてあげたですよ。わざわざ...でも、それっきり!

 ま~~~ったくよ~!と思いません???




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/883-c41c346d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。