QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


数学女子を探し歩く

 4コマのお気に入り漫画「数学女子/安田まさえ」の一巻が発売になるので本屋に買いに行く。例によって電子版が無いので、しょうがないので紙版を...

 新横浜の三省堂と駅前本屋に無し!プリンスペペにも結構大きい本屋さんがあるんだけど、ここは4コマ物には力を入れてないので、見切りを付け地下鉄で横浜駅へ。

 横浜ダイヤモンド地下街の入り口階段裏にある漫画専門店(有隣堂だっけ?)にはあるだろうと思ったらやっとありました!

 これは男ばかりの大学の数学科に入った4人の女の子のお話。お気に入りの理由は、ストーリーにちゃんと数学の事が紛れてギャグになってる点。主人公のまなちゃんは、目に入る数字は全部足さないと気が済まない性分で、友達の誕生日が素数だったりすると目を輝かせちゃうけど、大学の数学は全然ダメという設定。

 最近いくつか科学系女子物の漫画を買ってみたんだけど、どれも舞台が理科学系の学校だというだけで、内容は別に普通の学科でもいいじゃん、みたいのばっかだったんだけど、数学女子はちゃんとしてます!

 雑誌連載の時、暗号好きの女の子が「Piem」と言ってたのはストーリーの流れから、Poem の誤植では?とか思ってたんだけど、単行本でも Piem になってたんで、ネットで探したらありました。しかも Piem とは?じゃダメで Piem 数学、とかで引かないと出て来ない。なんてマニアック!

 興味ある人は調べてみてね!

 絵も可愛いしストーリーも面白いし、連載が始まってすぐに単行本化されたんで、人気あるんだと思うけど、きっとマニアに言わせると萌えじゃありませんね、とか言われちゃうんだろうな。でも、良いんです、私は気に入ってるんだから...







トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/799-386fc46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。