QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPad で譜面はこんな感じで書いてます

 iPad の手描きソフトの FastFinga で、譜面を書いてレコーディングしてるわけだけど、大体こんな感じ...

iPadScore1


 FastFinga はこれですね(これはオススメ) → FastFinga


 で、これの歌詞打ち合わせに使ってるのが smartNote で、下の画像は、実際に三茶のスタバで歌詞の打ち合わせの時に使った状態。向こうからメールで来た歌詞をフローティングウィンドウに出しといて、pdf の譜面上のどの音符にどの言葉が当てはまるかを決めてる所...青の印は、言葉を後ろに移したら?という提案の時に書いた線ですね。

 マニアな人は歌詞を分析すると何の仕事してるか分かるかもしれませんが...


iPadScore2


 smartNote はこちら(これはあまりオススメしませんが...)→ smartNote


 FastFinga はオススメだけど、smartNote は 1.4 で少し動作が改善されたけど、まだまだかな。それでも実際に打ち合わせに使ってますけどね。

 というわけで、今日は4曲行けました!




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/749-381f5c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。