QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Pages の Mac<>iPad 親和性はイマヒトツ

 制作作業の音楽リストを iPad で見られるように Pages で表+サンプル曲を聞けるファイルを作ってみました。

 テレビやビデオの音楽の作曲は一回で30~80曲くらい作曲してレコーディングするため、混乱しないように M リストが作られるんだけど、打ち合わせの時に「この曲は、あの映画に出て来たラストシーンみたいな感じ」てな感じのイメージが伝えられ、間に入った音楽ディレクターがそれを元に資料をかき集めて来て、先方のイメージする音を聞かせてくれたりします。

 今までは CD でもらったりしてたんだけど、これだと資料の文章を読みつつ、音を聞いてってのが面倒だった上に、出先でそれをやるには MacBook Air とかにネタを全部入れてなきゃならくて、とっても不便だったわけです。

 Pages とかだと貰った資料に音を貼付ける事は可能だけど、やっぱりコンピューターが必要になっちゃってたわけで、面倒なんで、結局は資料と音はバラバラに管理して、制作行程が終わると紙袋にまとめて入れて、2~3年もすると、それが一体なんだったのか?まったく分からなくなっちゃってたわけです。

 で、Mac で作った Pages の M リスト+音ネタ聞きボタン付の書類を iPad の Pages に移せたら、物凄く便利なんでないかい???と思い、早速実行!

 ところが、そううまくは行かなかった...

 まず、Mac の Pages で表の中に組み込んだ音声(映像も)の再生ボタン(スピーカーアイコン)が iPad の Pages ではいなくなってしまう!!!転送の状況を見てると元のファイルに含まれる音声データ類は送られてるみたいなんだけど、それを再生する方法がない!!!

 インラインにしないで、フローティングで表組とは別にスピーカーアイコンを配置すると iPad でも表示されるんだけど、その場合、iPad で開いた表のサイズが Mac のそれと違ってしまうため、スピーカーアイコンの位置がずれちゃうんですよ。

 さんざん試した結果、フローティングで作っといて暫定的な位置にスピーカーアイコンを置いておき、iPad 側で正しい位置に修正するという、大変面倒くさい事をやればなんとかなると判明。

 しかし、iPad 側の Pages 書類にはロック機能が無いので、書類をブラウズしてる時にスピーカーアイコンの位置がずれちゃったり、アイコンのサイズが変わっちゃったりと、かなりキビシイ!!!

 さらなるアップグレード待ちですね。

 それなら iWorks 10 をどうぞ!なんて事にならないよう祈ってます!

 ただし、この辺の互換性が完全に保証されたら、映像向けの音楽制作の書類は画期的に便利になりますね。

 ま、書類にくっついて来たサンプルサウンドを聞いて、そのままパクリをやる作曲家も増えそうな気もしますけど...




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/723-2b0d42e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。