QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MoonTide あとちょっと

 MoonTide のレコーディング中。YouTube にアップしてある全ソフトシンセ版に対して、ほとんどアナログシンセ版を作ってるわけで、そりゃあ大変。

 後半に出て来るチューニングの狂ったパンフルート系の音は、1音ずつチューニングを変えられる Korg の PS-3200 を使用。元のフレーズの雰囲気を真似しようと悪戦苦闘したんだけど、タイミングが中々合わない!

 フと Protools の画面の波形を見たら、元のパンフルート系の音は意外とアタックが強いので、各音の出始め部分が目で分かる!そこで、表示を大きくして画面の演奏位置を示すカーソルを見ながらタイミングをとって演奏したら、これがバッチリ!そうか~、こんなに簡単な事だったか...

 というわけで、残りは最後のコーラスのストリングスと、ハミングのバックのリズム。あとイントロがあるか...でもあとちょっとです!

 ところで、休憩中はサイモン・シンの「宇宙創成」を読んでます。この人の本は面白い!暗号解読は上巻を読んで、下巻に行く途中で本屋に「宇宙創成」の上巻があったんで、一時的にこっちを読み中。

 そもそもは「フェルマーの最終定理」を読んだのがキッカケです。フェルマー~は小学生でも分かりそうな簡単な式がある条件でしか成立しない、何故か?分かったけど紙に余白が無いから書かない、って言って死んじゃった偏屈数学者の謎掛けを解くのに300年近くかかったというお話。

 式だけ見ると、本当に小学校で習いそうな簡単な事なのに、いざ挑戦してみると誰も歯が立たなくて、ようやくごく最近になって最終的な証明が出来た、というドキュメンタリーなんだけど、本当に最初は「こんなんオレでも解けそう」と思ってしまう所が落とし穴なんですねえ...

 チャンスがあったら読んでみると、頭が良くなったような気がします!


      





トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/678-01a53362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。