QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プログレの量り売りとかどうですかね?

 今日、散歩してたら餃子の移動販売があったんで買った。最初はタ~ケヤ~サオタケ~、かと思ったら、ギョウザ~、ギョウザ~、だった。美味しかった。

 で、昨日の続きを考えてみたんだけど、車の後ろに CD ライターと盤面印刷可能なプリンターと CD のシュリンクマシン(これの小型があるかが問題)を積み込んで、「プログレ~,プログレ~、暗いの、長いの、変拍子、メロトロンと各種取り揃えております」とかどうでしょう?

 その場の視聴は無しにして、代わりに5人くらいの評論家のクロスレビューが置いてあって、変拍子度7、メロトロン度5、泣き度8とか評価を見て、買うかどうか決める。

 クロスレビューは曲単位にして、販売も1曲単位で注文してもらってその場で CD に焼く。ジャケットは1曲につき入れる解説とかの文字数を定型化しとけば、見開き4ページとかに収まるでしょう。

 ジャケ表はプログレ系の絵師からネタを沢山提供してもらって選んでもらう。もちろん印税制。

 値段は基本料が500円で、1曲単位じゃなくて、全部の曲の長さで1分30円にする。つまり選んだ曲の総尺が60分だったら、500+30X60=2300円になる。

 入れる曲は複数のアーティストの曲でも可で、コンピレーションみたいにも、ベスト盤みたいにも出来る。コンピューターで焼き込むんだから、集計して後で印税分配するのも簡単。

 1500円以上だったら2枚組のプラケースにして、余分なスペースにオマケを入れる。オマケはバンドロゴのカンバッヂからサインまで各種。レアアイテムもあるぞ!とか...例えば来日アーティストとお茶出来る券とか。





トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/564-735d07e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。