QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引き売り音楽販売はできんもんでしょうか?

 昨日の新聞を見てたら、最近、若い人がリヤカーの引き売りで野菜とかお豆腐とか売ってるのが増えているという記事が出てた。以前の blog に書いた野口屋も紹介されてた。

 やるのは大変そうだけど、なんか一つの方法論だよなあ、と思えるわけです。

 で、音楽でそれは出来ないのか?路上ライブとかじゃなくて、完成品の CD とかをリヤカーに積んで売る...無理か...

 でも、10年くらい前だったか、ソロアルバムを出した時に、台湾のレコード会社から販売させて欲しいってメールが来たんだけど、それによると販路の一つに訪問販売が入ってて驚いたんですよ。

 ピンポ~ンってチャイムが鳴って玄関に出てみると「これ、良い音楽なんですけど、お買いになりませんか?」とかって話になるのだろうか?そういう風に売る国もあるなら、リヤカーもありそうな気がして...

 リヤカーは試行錯誤ありそうだけど、イベント向けの簡易屋台制作ってのはあると思うんですよ。イベントの即売って、大体会議用の細長い机に並べてやるわけで、サイズは決まってるから、そのサイズに合わせて簡単に組み立てて机の上に乗せられる夜店の屋台みたいなのを作って持ち込んだらどうだろうか?とか思うわけ。

 うまく考えれば2人くらいでバッグに入れて電車で運んで商売できるのでは?とか...やってるうちにアイディアも出て来るだろうから、それを拡張していって路上ライブの横にも即席屋台を置いて物販とかどうでしょう?

 インターネットでの音楽販売で、ちょっと人のつながりとか無いのが虚しい気もする昨今、誰か一緒に考えてくれる人いないかねえ...




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/563-8baa4156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。