QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GigaStudio の開発者が Sonivox とくっついた?

 アメリカで NAMM ショーが開催されてるけど、ニュースを見てたら、プロ向けの音色ソフトを結構出してる Sonivoxが GigaStudio とかを開発したチームとくっついてエンジン部分を作り、今年中頃までのそれの応用製品を出して来るらしいです。

 GigaStudio 本体は以前書いたように Garritan が買ってて、今回のはその開発者の会社 NemeSynth との提携による開発らしい。

 GigaStudio の開発元は NemeSys だったから、なんか紛らわしい名前だなあ...

 多分巨大サンプルネタを分散してストリーミングするとか、共振部分だけ別にシミュレートして合成するとか、そんな方向に進むんじゃなかろうか、とか想像できたりするわけですが、音ネタ販売もいい加減飽和状態になっちゃったから打開策を探してるんだろうなあ、とか思ったりしますよね。

 色んな音ネタが出て、色んな方式が提案されてるけど、なんか私は初期からある Peter Siedlaczek の Best Service のシリーズ(弦とかオケとか声とか)が一番使いやすいよなあ、レコーディングで「欲しい!」と思う音がズバリ入ってるし...と感じております。多分昔のハンス・ジマーの声のネタとかこれだったりすると思う...




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/557-c75de043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。