QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これってもしかすると笑うマンガ?

 音楽マンガは、ある程度取材をしてないと楽器の演奏シーンやスタジオシーンで取材不足がバレて怒られるか笑われるかする事がある。

 昔のマンガだとプロデューサーの部屋の後ろにいきなり Moog IIIc モドキのシンセが並んでたりとか、最近のだと CM 作曲家のラック音源がどうみても古い据え置き型の VHS のビデオプレイヤーサイズになってたりとか色々あるんだが、4コマ誌の「まんがタイムスペシャル」に連載されてる「ハニー the バンドガール」が凄い。タイトルの通りバンドでキーボードを弾く女の子を中心にした話なんだけど、連載第一回目からいきなりグランドピアノのフタが演奏者から見て左側に開いている絵が出て来た。

 逆側にフタが開くグランドピアノは存在するのか?ってのは知りたいんだが、音大の先生に聞いても見た事ないと言っていた。作ろうと思えば作れなくはないような気はする。もっとも音悪いかも知れないけど。

 で、このマンガ、その後もギターのボリュームやジャックが上側に付いてる楽器が登場したりして「これ弾く時、手が引っかかっちゃうだろうが!」とかツッコミまくっていた。ちょうど左利き用のギターを普通に弾いた場合、こうなるでしょう...

 が、最近「このマンガってもしかして音楽マンガなのに、楽器の書き方をメチャクチャにして笑いを取ってるのでは?」と思えるようになって来たんですよ。

 だって、音楽マンガ書くんだったらある程度資料は揃えるだろうし、インターネット全盛の現代では、楽器の形や弾き方なんてネットで調べりゃいくらでも見られるわけだし、新人が描いてるマンガだから時間はあるだろうし...

 って話をそのうち書こうかと思ってたら、今月号のまんがタイムスペシャル(11月号)が最終回だったんで、今書いてるわけです。

 で、最終回もキテます!最初の4コマの1コマ目にオーケストラをバックにピアノを弾くシーンがあるんだけど、主人公の背後にいるバイオリニストはバイオリンを肩からかついで演奏してます!!!ウ~ン、凄い!これはやっぱり狙ってるんだろうとしか考えられん...つ~か、このバイオリンどうやって演奏すんだ?実際にやったら、大道芸としてウケるかもしれん。みなとみらいのパフォーマンスあたりで採用してみてはどうだろうか???

 ちなみに正しいバイオリンの演奏位置はアゴと首の所の骨(なんていう骨だか知らん)の間にバイオリンを挟んで楽器を固定して演奏するんですよ。手を離しても楽器はガッチリ顎で支えられてなければいかんのです。

 私は小さい頃父親からバイオリンを習おうとして、このアゴで楽器を固定するのが出来なくて2回でやめました、ハイ...

 なお、扉絵のショルダーキーボードはちゃんと描けてました。ここも変なのにして笑いを取ればいいのになあ、とか思ったりしたのでした。




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/437-b0a35035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。