QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雲井時鳥国と存在の詩は9月27日発売決定

 玉木さんのアルバム「雲時鳥国」(くもいのほととぎすこく)と「存在の詩」が9月27日にブリッジから発売でフィックスしたようです。

 多分、私も発売直前のサイト作成かなにかを手伝うと思います。っつ~か、雲井のライブの時の写真とか玉木さん全然持ってないし!

 私が撮ったスナップは打ち上げで T-Square のドラムのマイケル河合さん(後のプリンセスプリンセスとかのプロデューサーだっけ?)と一緒に写ってたり、玉木さんのお父さんも写ってたりと中々多彩。

 上記のリンクでは音も聞けます。雲井の2曲目はよりによって松武さんがレベル操作を誤っていきなり音量が変わる所がアップされてるし...晒しですか(笑)?

 存在の詩の方はタブラ、シンセ、ドラム、ベースにバイオリンのバトルになる部分がアップされてます。

 今聞いてもやっぱ完全プログレだなこりゃ...しかし、オーケストラとシンセがちゃんと生で共演してて、クラシックの体裁を取った物って、世界的にみても雲井くらいしかないんじゃないんですかねえ???

 日本のプログレに興味ある人は、とにかくサンプルをお聞き下さいませ!




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/421-9537a73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。