QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Snow Leopard にしたら AirMac が安定した

 OSX を Snow Leopard にしたら、なぜか AirMac での通信状態が安定した。今までは自室の部屋の端だとほとんど電波が途切れてインターネットに入れなかった。

 なので、去年の8月に MacBook Air を買って、新 hp を構築するにあたって、しょうがないんで自室の隣にある仏間(ここが位置的に一番 AirMac Base Station の置いてあるスタジオ棟に近い)の端に折りたたみ机を置いて、そこで作業してた。仮のつもりがほとんどここが定位置になってしまいました...それでも通信状態が不安定な時が結構あって、もう一台 Base Station を買ってリレーをさせないとダメかな?って感じだった。以前リレーさせたけど、古い Base Station なんでスピードが上がらなかった...

 ところが Snow Leopard にしたら急に状態が安定して自室の机の上でも作業が出来るようになった...この一年の間に自室の机はほとんど使わなかったんで、周辺にマンガの本が山積みになってるんで、それどけるのがメンドイんですが...

 AirMac そのもののファームウェアが変わったわけでもないのに、安定したってのも謎です。

 ちなみに、こないだの OSX アップデートで改善されたはずの BlueTooth の安定性はうちのマウス(サンワサプライ)では全然ダメで、相変わらず時々通信が途絶えます。




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/414-84091e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。