QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ISRC

 音楽を CD 化する、または音楽配信に乗せる時に、楽曲の識別番号なるものを練り込む。これを ISRC と言って、International Standard Recording Code の略。

 世界中でこれを登録してあれば、その番号を元に楽曲や権利者を探し出す事が出来る。例えば私の「Kyrie : Canto Cybernetico」の1曲目の ISRC は ushm20303591。これを検索すると yahooに飛ぶはず。でも表示は変。そこで Yahoo の商品検索に同じ番号を入れるとちゃんとした表示が出て、クリックすると iTunes Store に飛ばされるはず。

 というのを音楽配信を始める時にちゃんとやってたんだけど、完全に忘れ去ってました。配信は CD-Baby 経由なんだけど、CD-Baby で ISRC を取得してたのだった...

 ところが、この番号を JASRAC や他の団体が共同で管理してる Music Forest のデータベース(Jasrac のページでサーチできる)で見ると、いないんだよねえ...

 日米のデータベースが完全一致してるかって言うと、建前上は一致してるはずなんだけど、そうじゃない事が多い。例えば私の楽曲は Jasrac が管理してて、Jasrac の管理曲は海外だと各国にある権利団体が代行して管理している。で、この海外の団体のデータベースに入って私の曲名を入れるとそれが表示されるはずなんだけど、やっぱ表示されない。全ての人が表示されないわけじゃなくて、海外で実績のある人は表示される。この辺が謎...

 その逆も多分真で、例えばイタリアのプログレ曲を Jasrac のデータベース(J-Wid)で探すといなかったりする。これも超有名曲はちゃんとある。

 昔に比べれば非常に情報が探しやすくなったんだけどね。

 さらに、まだデータベース化されてなくて、とても問題になる事があるのが原盤権。これはレコードを作る時に、お金を出した人が持つ権利なんだけど、こいつが会社が倒産したりすると分散しちゃって追いかけられない事が多いんですよ。

 この間も Jasrac の会議で原盤権もデータベース化できないか?と提案はしたんだけど、原盤権は Jasrac が扱うデータのジャンルじゃあない。だけど、誰かが扱いを考えないと過去の資産が使えない事になる。

 私が以前書いた「Hoshimaruアッ!」が出せないのは、実はこの原盤権の所在が不明だからなのです。持ち主が分からない音源を勝手に出せないでしょ?

 ま、ホシマルについては、ちょっとアタリがありそうな所が分かったんで、なんとかしようとは思ってるんですが...




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/413-7598ae2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。