QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なかにし礼さんの連載小説

 こないだ TPO やってた時一緒だった福永君からメールで、産経新聞で作詞家のなかにし礼さんが書いてる「世界は俺が回してる」ってのが実名小説で凄いって言って来たんで、iPhone 版の産経新聞で見たらこれが内輪ネタ暴露しまくり!

 ストーリーは TBS の音楽制作部のトップだった渡辺さん(故人)こと、ギョロナベさん(ギョロ目のナベさんの略)を中心とした日本のポップスを築いて来た人たちの話。

 福永君に言われて見たらみんな実名だったんで「例の脱税事件も載ったりして、まさかね!」なんてメールしてたら、今日の回でモロ出てました!オイオイ!

 で、私のやってた TPO ってのはこのギョロナベさんと一緒にやってた木村明子社長のクリエイトサウンドってとこでスタートしてて、小説で査察の入ったと書かれているラビットパブリッシャーズと一緒。この辺の詳しい話は以下の本の私のインタビューに載ってます。




 で、この脱税事件は当時フォーカス/フライデーで盛んに取り上げられ超有名に...そのまっただ中に TPO がいたのであった...

 丁度査察が入った日、私はクロスウィンドのツアーで大阪か神戸にいたんだけど、電話でクリエイトが大変な事になってると聞かされていた。査察が入ったその瞬間、TPO の天野氏が NHK の取材に答えてフェアライトの説明をしつつ撮影をしてたらしい。そこへいきなり査察官が踏み込んで来たと言ってた。

 私は東京に戻ってすぐにクリエイトのスタジオに行ったんだけど、入り口の防火扉が閉じられ、インターフォンで中を呼ぶと「周りに誰もいないか確認して」と言われてチェック後に中から鍵を開けてもらうという状態に...木村社長も倒れ込んでました。

 いや~、この後どこまで書くんでしょう?!

 ギョロナベさんはその後失脚しちゃうんだけど、彼がいなくなった後の TBS の音楽番組はあからさまにガタガタだった。逆に言うと(お?!このフレーズ吐く人も小説に出るか?!)ギョロナベさんの仕切っていた東京音楽祭とかのクオリティーがいかに高かったかって事でもある。

 私が東京音楽祭のオープニングの曲とか書いて出てた時は、ゲストにライオネル・リッチーとかジョルジオ・モルダーとかリマールが来てた。もうホントに世界的だったですよ。

 東京音楽祭はうちの父親もオケにいて、その時のゲストはケイト・ブッシュやピーター・グレイブス(スパイ大作戦のフェルプス君ね)だったりした。

 とまあそんなわけで、更に続くと例のあの話とか、こっちの話とかも出ちゃうんか?!そうすると関係者でアイツも実名で出ちゃうのか?と目が離せませんね。

 小説は新聞か、iPhone の産経新聞で見られます。ま、まとまったら本になるだろうけど。



トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/406-a7322990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。