QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少年サンデー1983

 少年サンデー1983って本がコンビニにあったので買ってみた。最初のカラーグラビアにいきなり高橋留美子さんが CG を書く記事が。

 ここで登場するパソコン屋「バグハウス」と CG を描いてる「FM-8 研究会」、実は私も所属してしょっちゅう行ってたんですよ。っつ~か、CG 描いてるの堀君じゃん!みたいな...

 私は富士通の FM-8 っつ~パソコンはこのバグハウスで購入したんですよ。で、そこにいたパソコンマニアと FM-8 研究会(後に FM-7 とか出たんで、FM 研究会になった)で色々遊んでたりしたわけ。で、少年サンデーの取材となったんだけど、これ後日談があるんですよ。

 ここで少年サンデー誌上に CG で絵を描く話が出たら、大阪で同じような事をやってる連中が「プログラムの著作権侵害だ!」って乗り込んで来たの。ある日バグハウスに行ったら、お店横の階段に人が集まってて、その中から何人かが泣きながらお店の中に入って来てビックリ!!!

 関西人のノリでド~ンと来たらしいんだけど、詳しく聞いてみると、別にそんなもん当時の Basic の Line 文と Paint 文に中間色を表示させるタイルプログラムを作り出しただけで、そんなの誰でも思いつくだろ!そもそも中間色のタイルが問題なら元ネタは Apple-II じゃないの?

 っていうか、プログラムで販売物を作ったりとか、著作権を主張する証拠とかその他色々あるの?って話になったら何も無くて「なんだよ、そんなのに泣かされる必要ないじゃん!」みたいな感じ。

 しかも当時、大阪のパソコンショップではうる星とかをパソコン画面に表示させるのをウリにして客を集めてる所がやたらあって「これ違法じゃないのか?」みたいな話になってたんですよ。で、私は当時うる星の音楽とかも書いてたから「絵の著作権とかヤバイかもしんないから、バグハウス以外にプログラム出さない方が良いかもよ」ってなサゼッションをしてたのであった。

 ま結局、大阪からの物言いはその一回だけで、その後写真に映ってるメンツは CG の会社に入ったりアスキーに入ったりと、その道のプロになったのでした。

 グラビア2ページ目のセンターにいる堀君は飯田橋にある CG の会社に入り、NHK の CG を、大御所の月岡さんとやったり、パイオニアの LD を MSX からコントロールして遊ぶゲームの CG を担当して、それに私が音楽を付けたりと随分色々とやりました。

 同じページに紹介された JCGL(日本コンピューターグラフィックラボ)は解散して、メンバーが電通とかに入り、これまた科学万博だの、池袋のアムラックスだので一緒に仕事しました。

 大阪からの殴り込みで泣きべそかいてた FM-8 研究会も懐かしい思い出です。








トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/372-03ffe59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。