QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Akai からミニキーボードが出るらしい

 コルグから出た NanoKey は便利だけど、私が買ったやつはあっという間にキーが取れてしまった。同様の人もいるし、頑丈という話もあるんで、初期不良とかあったのかもしれない。

 で、今度は対抗してアカイが LPK25 なる USB 接続のミニキーボードを出して来るらしい。

 見た目は NanoKey の鍵盤が本物っぽくなったバージョンみたいに見えるけど、アルペジェーターとかも入っているみたい。同時発売の Pad コントローラーもあり、明らかに Korg に対抗している。

 果たして本物っぽい鍵盤の方が弾きやすいか?個人的には NanoKey の方が弾きやすそうな気がする。本物の鍵盤っぽく作ると、どうしても黒鍵が細くなってしまう。ところが NanoKey は白鍵も黒鍵も同じ大きさなんですよ。

 実際使ってみると、白鍵と黒鍵が同じ付け根まである必要なんて全然なくて、白鍵は手前だけ、黒鍵は奥だけで充分だと思うわけ。白鍵が奥まであるのは、単にピアノの鍵盤の構造上そうなってるだけなんだと思う。

 私が NanoKey で子犬のワルツを作った時も、鍵盤がぶっ壊れたという被害さえなければ、弾き心地は全然問題なかったです。

 果たして、これ使いやすいのか?!興味あり!







トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/369-d4bc2f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。