QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Mac音ナナ(ReFill版)で曲を作る時の注意点

 偽ボーカロイドMac音ナナで曲を作る場合、Reason の Refill 版を使った時には大きな問題が発生します(2009年7月8日時点)。

 それはいくつかの音声ファイルにおいて、ピッチコレクトが正確に行われておらず、演奏時の音程が揺れてしまう事です。

 多少違法かとは思うけど、買った人はこれをやらないと、まともな音楽制作はできないと思うので、問題点の音と、その解決法を書きます。

 まず、オリジナル Refill の「ナ」の音がこれ。

 メンテしてないメロトロンはこんな音になります(笑)。

 で、この音は元音に対して、細かい設定をしないでピッチコレクションのソフトをかけて強引にピッチ修正した場合の典型的な失敗例。

 これだと全然まともなメロディーは作れません。そこで、このサンプルを強引に取り出し、Protools の定番ピッチ修正ソフトの Antares Auto-Tune にかけて、ピッチの揺れをグラフィック表示させ、修正を加えています。私の場合、Protools だけど、普通の安いピッチコレクションソフトでもちゃんと設定すればかなり修正可能と思われます。

 で、修正した音がこれ。

 ちゃんと直ってるでしょ?

 私のケースでは「な」の音がひどかったけど、他にも揺れてる音程があるかも。その場合は同様の方法で修正する必要があります。

 一応この問題は mi7 Japan の方に報告してあるんで、そのうち修正版が上がるかもしれません。






トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/360-363ab0c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。