QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今度はセンター南へ素材探しの旅

 昨日買って来たクリアシートにレゴ人形の顔をプリントアウトして貼付けると、遠目には良いんだけど、接近して見るとシートの厚みがあるのが目立ってしまう。

 またダメか~!と悩んで、インターネットをサーチしているとインクジェットプリンタでデカールを作れる透明シートが発売されたのを発見!

 要するに問題は、

・白をプリントアウト出来るか?>普通のプリンターだと出来ない>アルプスのプリンターだけが可能

・アルプスはプリンターの開発をあきらめちゃったんで、7~8年前の機種をアルプスのインターネット通販で買う以外にない

・アルプスのプリンターは中間色を出した時(例えばグレーとか)に、ドットのギザギザみたいなのが目立ってしまう>恐らく7~8年前の技術だから

・一方、現在主流のインクジェットプリンタだと、中間色も奇麗に出る

・ただしインクジェット方式だと、透明シートに厚みのある製品しかない。また白が印刷できない

・印刷結果は薄くないと接近して撮影した時に、厚みがバレてしまう

・透明で薄いシートはプラモデルのシールでデカールと呼ばれている>デカールは水にひたして剥がして貼付ける

・デカール用のシートはアルプスの物しかなかった>強引にアルプス用デカールシートにインクジェットで印刷したらインクが浮いて悲惨な事になった

 で、結論。

・アルプスのプリンタは白が出て、デカールにプリントできるけど、中間色が汚い。

・インクジェットは中間色が奇麗だけど、シートが厚く、さらに白が印刷できない。

 と、こうなるわけです。

 ところが、救いの救世主が最近発売された、ミラクルデカール(下の写真)。




 これだと、デカールで、しかもインクジェットプリンタで出力できるので、厚みが気にならず、中間色が奇麗。

 唯一の問題はインクジェットだから白が出せない点。

 そこで、白が必要な部分(白目とか歯)だけアルプスのプリンタ+旧デカールシートで作り、それを切り抜いてミラクルデカールで作ったシートの上に貼付ける!

 これだ!!!(と思う)...

 ただ、水につけて剥がすデカールなので、インクジェットだと当然、水につけた時にインクが落ちてしまう。そこで完成したデカールの上にコート剤を塗布する。

 コート剤には光沢、半光沢、ツヤ消し、の3種類があり、現在どれが良いか?を検証中。

 これで上手くいくか?!?!

 あ、で、タイトルのセンター南、ってのは横浜の地下鉄の駅の名前で、ここにあるプラモ屋さんでミラクルデカールを扱ってるのが分かったんで、行ってみたわけです。

 ちなみにこういうお店です。




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/333-55de638c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/07/11/18:01 | 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | アルプスMDC-METB互換メタリックブルーインク販売中! 特色印刷がALPS MDプリンターの最大の魅力。オリジナルのインクカセットにはない機能も付加しています。 デカール印刷、名刺やオリジナルカードのロゴ、ワンポイント装飾に是非ご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。