QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なのはなフラワーズ補足

 某漫画家さんから連絡があり、昨日書いた「なのはなフラワーズ」の作者の青木俊直さんと言う人は、有名な人なんだそうです。ただ、あとがきにも作者紹介にも初連載初単行本と書かれている。

 試しに検索してみたら、ウゴウゴルーガとかアインシュタインTV とかやってて、私の知り合いの桃園さんって人と名前が並んでいた。なるほど、そういう事をやってたのか~。

 桃園さんは、その昔、リザードっていうパンクバンドの前身「紅蜥蜴」でキーボードをやってた人。リザードのリーダーももよさんのページを見ると、ギター?って書いてあって、両方やってたのか?

 で、桃園さんは、その後、お茶の水にパイナップル6502ってパソコンショップを始め、最初は Apple II のソフトを扱ってた。お店は奥さん(紅蜥蜴のファンだったそうだ)と一緒にやってるワンルームマンションのアットホームな所で、私は当時銀座なんかでコマーシャルのレコーディングがあると、そのまま桃園さんのお店でギャラが全額ゲームソフトに化けるという生活をしてました。

 その後、Mac のソフトも扱うようになり店名もパイナップル68000に格上げ。だけど秋葉の店も Mac を扱うようになったので、Amiga に宗旨換えした。私もここで買いましたよ Amiga 1000。今でもスタジオに鎮座ましましてます。

 桃園さんは90年代にいつの間にか Amiga を使った CG でアインシュタイン TV とかやってて、そこで青木俊直さんと一緒にやっていたらしい。

 桃園さんの書いた伝説のアミーガ本がコレ→→→



トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/284-6de2d951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。