QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初めて買ったコンピューター

 10代の頃、初めて買ったコンピューターが、日立の H68TR だっった。TR はトレーニングキットの略で、当時新宿にあったムーンベースってマニアックな名前のショップで購入。

 これは簡易コンソール付で、ここからモニタープログラムとアセンブラーを走らせて、コンソールに付いたセグメントディスプレイに文字を表示出来た。その後、拡張ボードとしてテレビ用のカラーインターフェイスとベーシックが発表され、さらに ROM/RAM 拡張カードを買って勉強。

 でも当時、本体、ROM/RAMカード、テレビインターフェイスの3つを接続できるコネクターが無かったんで、秋葉でバラ売りのコネクターを3つ買って来て、根性で全部ハンダづけした。

 テレビの表示はベーシックから直接やるとチラツキが出るんで、その部分だけアセンブラで書いて、走査線が戻って来る時を見計らって V-RAM を書き換えに行くとかやったもんです。自分でブロック崩しの複雑なのとか書いて遊んでたけど、いま考えれば、あれって充分売り物になったと思うですよ。

 その後、日立はベーシックマスターってシリーズを出し始めて、ちょっと欲しかったんだけど、ある日突然ユーザークラブの「ベーシックマスタークラブを解散します」と宣言して
製品も販売やめちゃいました。ベーシックマスターを買わなくて良かった!と、あの日ほど神に感謝した日はなかったのだった。

 日立のベーシックマスターとかのショールームは秋葉の NEC Bit-Inn の入ってるビルにありました。ここには他にも富士通のパソコンのショールームもあったな。最後まで残ってた Bit-Inn も21世紀初頭になくなったらしい...


H68TR.jpg


<<<ビンテージコンピューター本:この商品を買った人はこんな商品も買っていますに「TPO1」が入ってたのに笑った>>>

デカ古コンピューター萌えな人向け    古いマイコン萌えな人向け
           




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/267-2f161f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。