QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テンポ決めは続く

 昨日の続きで知り合いの曲のレコーディング用テンポ決め...

 大体のテンポを作って先方にメールして、しばらくそれで歌ってもらって、どこを変えるか決める地道な作業。ワタクシ一回ブチ切れました(笑)。

 だって、1小節抜いてだの、やっぱり元に戻してだの、4拍子の所を3拍子にしてくれだの、注文多いっす~!

 シーケンサーでテンポ Rubato で、拍子が変わる曲を作った事ある人なら分かると思うけど、拍子の変わり目を移動したりすると、そこから先のテンポデータとかの位置が分からなくなるんですよ。

 例えば4拍子の曲で3小節目だけ3拍子に変更すると、4小節目から先のデータが全部一拍分手前に来ちゃうわけ。音程のデータはズレた場所を聞けば分かるけど、テンポが Rit したりする場所があると、テンポデータが変化し始める場所が分からなくなるのです。

 なので、拍子の変更がある時は、もう細心の注意を払ってデータを移動させないと、一つ間違えると、もう何がなんだか全く分からなくなっちゃうわけね。

 それを、あそこを減らせだの、こっちを増やせだの言われまくってブチ切れたのであった。

 普通、レコード会社が入る場合は、この辺の調整はディレクターがやってくれるか、もしくはディレクターが記録係をやってくれて、どこをどう直したか?を完全に把握してくれてるんだけど、今回は知り合いの仕事なんで、そういう人がいない...

 早くレコーディングに入りたいっす!!!




トラックバック
http://synthfooljp.blog87.fc2.com/tb.php/1002-87c1b0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。