QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レゴ iPad スタンドの滑り止めに丁度良いもの発見

 レゴ iPad スタンドは前に書いたように喫茶店のテーブルとかに置いて使うと滑りやすい。で、なにか滑り止めはないか?とホームセンターを探したりしてみたんだけど、中々良いものが見つからなかったんですよ。

 ところが、こないだスーパーのレジ横に子供向けの風船が置いてあって、試しに買って来て iPad スタンドの足部分に取り付けたらピッタリでした!

 風船は先っぽだけを切り、iPad スタンドの両方の足にかぶせて接着すれば OK。2重にかさねておけば強度的にも大丈夫なんじゃないでしょうか?

 早速、喫茶店で使ってみたら具合良かったです!お値段は100円!


レゴ iPad スタンド用風船   レゴ iPad スタンド風船装着


スポンサーサイト


マガストアで買った iPad の本、一時行方不明に...

 オンライン書籍販売のマガストアで、日経ビジネス特別編集「iPad で変わる未来」を450円で買ったんだけど、今日読もうと思ったらどこにもいない!

 元々、この本はなぜか自分の書棚に入らないで、読もうとするたびにいちいち購入ボタンを押して「すでに購入されているので、ダウンロードだけする」旨を伝えられて読むという、とても面倒くさい手順を踏まされてたのです。

 つまり、読みたい時にオンラインにつながらないと、買った本なのに読めないという現象が起こっていたのでした。

 「これって、もしショップのリストから本のタイトルが消えちゃったら、二度と読めないって事?」と嫌な予感が...確かにマガストアのサイトの FAQ を見ると、期間限定本は期限を越えると読めなくなるって書いてありました。

 んで、今日、喫茶店で iPad 開いて読もうと思ったら、予感的中!ショップに本が表示されないから、読めない!!!他に買った本は自分の書棚にいるのに、この本だけはいないので、どうにもアウト!!!

 メールで「この本は期間限定だったか?それにしても買って2日読めなくなるのは、あまりになのでは?」と書いたのであった...

 で、今、来月号の MacFan 入荷してるかな?でもこれも期限が来たら読めなくなるとかって実はあったらやだな...とか思ってマガストアに入ったら、再び上記の本が表示されていた...

 しかも、今回は「読む」をクリックしたら、自分の書棚にちゃんとタイトルが表示されるようになっていたのでした...

 バグ???

 ま、でも続きが読めるようになって良かった。

 これからは、読める期間に制限があるのか、買う時にチェックするようにします!




Recycle のトラブル!

 iPad のソフトで頼まれてる曲のテスト版を作ってみるべえと思い、ベーシックになるリズムを Recycle で Rex ファイルにしようと思ったら、立ち上がらない!

 "You don't have full access rights" と言われてしまう...要はアクセス権が無いからダメって事だと思うんだけど、admin で入ってるし、info で見るとアクセス権はあるはずだし...

 アクセス権修復を使ってもダメ。試しにディスクチェックしたらエラーが出たんで、インストーラーディスクから立ち上げてディスク修復。

 それでもダメ!この問題は何人かに起こってるみたいで、システムをクリーンインストールしたら直ったとか、TimeMachine からのデータで全部置き換えた、とか書かれてるけど、そんな面倒な事するんですか?!

 TimeMachine はこないだの OS アップグレードで全面書き換えする事になり、昔のデータいなくなっちゃったんですけど...

 開発元のプロペラヘッドに聞いた人がいるみたいだけど、返答無しとの事...

 そもそも Recycle だけで起こってるのも解せない...ま、スタジオの G5 Mac で使えば良いんでしょうけどね...

 とりあえず、明日 mi-7 japan に電話して聞いてみます。




Pages の Mac<>iPad 親和性はイマヒトツ

 制作作業の音楽リストを iPad で見られるように Pages で表+サンプル曲を聞けるファイルを作ってみました。

 テレビやビデオの音楽の作曲は一回で30~80曲くらい作曲してレコーディングするため、混乱しないように M リストが作られるんだけど、打ち合わせの時に「この曲は、あの映画に出て来たラストシーンみたいな感じ」てな感じのイメージが伝えられ、間に入った音楽ディレクターがそれを元に資料をかき集めて来て、先方のイメージする音を聞かせてくれたりします。

 今までは CD でもらったりしてたんだけど、これだと資料の文章を読みつつ、音を聞いてってのが面倒だった上に、出先でそれをやるには MacBook Air とかにネタを全部入れてなきゃならくて、とっても不便だったわけです。

 Pages とかだと貰った資料に音を貼付ける事は可能だけど、やっぱりコンピューターが必要になっちゃってたわけで、面倒なんで、結局は資料と音はバラバラに管理して、制作行程が終わると紙袋にまとめて入れて、2~3年もすると、それが一体なんだったのか?まったく分からなくなっちゃってたわけです。

 で、Mac で作った Pages の M リスト+音ネタ聞きボタン付の書類を iPad の Pages に移せたら、物凄く便利なんでないかい???と思い、早速実行!

 ところが、そううまくは行かなかった...

 まず、Mac の Pages で表の中に組み込んだ音声(映像も)の再生ボタン(スピーカーアイコン)が iPad の Pages ではいなくなってしまう!!!転送の状況を見てると元のファイルに含まれる音声データ類は送られてるみたいなんだけど、それを再生する方法がない!!!

 インラインにしないで、フローティングで表組とは別にスピーカーアイコンを配置すると iPad でも表示されるんだけど、その場合、iPad で開いた表のサイズが Mac のそれと違ってしまうため、スピーカーアイコンの位置がずれちゃうんですよ。

 さんざん試した結果、フローティングで作っといて暫定的な位置にスピーカーアイコンを置いておき、iPad 側で正しい位置に修正するという、大変面倒くさい事をやればなんとかなると判明。

 しかし、iPad 側の Pages 書類にはロック機能が無いので、書類をブラウズしてる時にスピーカーアイコンの位置がずれちゃったり、アイコンのサイズが変わっちゃったりと、かなりキビシイ!!!

 さらなるアップグレード待ちですね。

 それなら iWorks 10 をどうぞ!なんて事にならないよう祈ってます!

 ただし、この辺の互換性が完全に保証されたら、映像向けの音楽制作の書類は画期的に便利になりますね。

 ま、書類にくっついて来たサンプルサウンドを聞いて、そのままパクリをやる作曲家も増えそうな気もしますけど...




iPad にピッタリなバッグ購入!

 iPad に丁度良いバッグはないかと探してたら発見!

 条件としては縦方向(ポートレイト方向)に iPad が入るバッグを探してたんですよ。だけど、丁度良いサイズって意外とない!量販店の iPad 対応の物は見た目可愛いのもあるけど、みんな横方向に入れる奴...

 予算的には3500~4500円の幅くらい?量販店のだと2000円台からあるけど、まあ3000円台の方が良いかと思ってたんですよ。

 で、新横浜のプリンスペペをブラブラしてたら、カバンのお店が安売りセール中で、トミー・ヒルフィガーのバッグが半額!元々が8500円くらいのが4200円くらいだったから、これに決めました!

 サイズは iPad を縦に入れるのにピッタリ!iPad + iPhone + iPod にゼンハイザーのノイズキャンセラー付ヘッドフォン(かなりデカイ)とレゴの iPad スタンドを入れ、筆箱と五線紙、名刺入れ、と一通り入れて丁度良いサイズです。

 ただし外側に小物入れポケットが付いてないのが難点(裏側にはマジックテープ付でちょっと大きめのポケットがある)。

 iPod とヘッドフォンを入れるのに、小さなポーチを買ってベルトの所に引っ掛けて使おうかと考えてます。

 ショルダーのベルト部分が太くて、肩にかけやすく、これも Good!

 同じショップに Adidas の新製品があったけど、これは iPad をケースなしなら、ギリギリで入るくらいの感じ。ただこっちは、外側に小さなポケットがいくつもあって便利そうでした。

 ま、とにかく、私はトミー・ヒルフィガーので大満足です!

 (下の写真で見ると、四角っぽく見えるけど、実際にはもっと縦長です)







Canvas のパーティーに行く

 秋葉原にて iPad のソフトに使う曲の歌詞打ち合わせ。

 その後、子供向けのワークショップとかをサポートしてる NPO 団体の CANVAS のパーティーに行って来ました。

 パーティーの方は50~60人出席してたんだけど、iPad 所有者率の高い事!そこら中で iPad を使って自分の仕事の説明とかしてたり、子供向けの iPad ソフトのプレゼンテーションがあったりと、あれこれ活用してました。

 私は Lego で作った iPad 用スタンドを見せてたら、周辺から拍手が来て笑いました。

 日本もいよいよ教科書の電子化に向けた委員会がスタートしたってな話が出てたけど、果たしてどうなるのか?!あんまり独自なフォーマットにこだわり過ぎて墓穴を掘らないようにしてもらいたいものです。

 パーティー終了後、どらえもんの秘密兵器で実現可能な物を研究してる知り合いとお茶...テレビって終わっちゃうんだろうか?みたいな話であれこれと...


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。



Lego で iPad スタンドを作る動画アップ!

 そういうわけで、表題どおり、iPad のスタンドを Lego で作る方法のムービーを YouTube にアップしました。

 18分もありますが、ま、よろしければご覧下さいませ!





 iPad によるショパンの幻想即興曲もよろしくね!↓↓↓




iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。



空間系ソフトの会社

 サンプラーでオケのシミュレーションをやった時に一番問題になるのが距離感。いつもなんか違うなあ、と思ってしまうわけです。

 普通にリバーブをかけただけじゃダメで、全体の音を結構 EQ でいじってやった方が良いです。例えばティンパニーはサンプルネタだと本体に近い場所で録音してるから、低音まではっきり出てるけど、オケの中のティンパニーって、凄くローがいないと思うんですよね。同様にスネアも胴の深い音よりもローを極端にカットしたカリカリの音にした方が、オケの中のパーカッションっぽく聞こえたりとか...

 で、リバーブ感と位置感も微妙で、中々コレ!っていう物に行き当たらない...

 さっき ML で来た情報で見てた QuikQuak て会社のソフトは全体に空間系の物を中心に作ってるみたいで、ちょっと面白そう。

 アップデートのあった CrowdChamber はその名の通り、200万箇所の反響をシミュレートできる妙なソフトです。まあ、やり過ぎるとただ原音がホワイトノイズに変換されたような音になっちゃうみたいだけど、うまく使ったらちょっと面白い事ができそう。

 あと、部屋のデザインをして、その中を移動した時の残響シミュレーションをする RaySpace も、ちょっといじってみたいです。ま、この手のソフトは以前からいくつかはあるんですが...

 その他ページの上に載ってる BarChimes は WindChime のシミュレーターで、これだけの音をデモで聞いてみるとたいしたことないみたいなんだけど、今後のバージョンアップで、各々のバーの鳴るデータを Midi で出して、別な楽器の音をコントロール出来たら結構面白いか、とか思ったりしてます。

 全部セットで買っても、そんなに高くないんで、そのうち仕事で使ってみてもいいかも...


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。



打ち合わせが飛んだ

 iPad のソフト制作の打ち合わせの予定だったけど、音楽リストのアップが遅れたりとかあって、スケジュールはなしに...

 1日空いたので、このあいだ作ってテストしてた Lego による iPad スタンド制作のビデオを撮影してみました。編集して明日くらいには公開しましょう。

 深夜になって音楽リストがメールで届いた&作詞頼もうと思いつつ連絡がつかずに困ってた元グラドル作詞家のオネエサマからやっと連絡が...

 あとは私の才能か...


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。



Wifi Midi コントローラー

 iPad を Midi コントローラーとして使用するソフトがいくつかあります。これらは iPad の画面上の鍵盤やコントローラーを動かすと、Wifi 経由でデータを Mac や PC に送り、そちらで立ち上がってるソフトシンセをコントロールする事ができます。

 iPad とソフトシンセ間は DSMI というソフトが仲介してて、DSMI はコンピューターで受けた wifi のデータを Midi ソフトに転送するわけです。

 で、2つほど試してみたんだけど、時々データを受け渡し損なって、音が出なかったり、逆に音が止まらなくなる事があります。開発者の話では DSMI がそうなっちゃってるんで、どうにもしょうがないみたい...

 Logic のようにエンバイロメント作成が出来る場合、送り側でノートオン/オフともに短時間に4回くらい送るようにして、受け側では短い時間内に来た同じ音程のノートオン/オフは1つだけ受けるようなプログラムをエンバイロメント上に作るとか?...

 「短い時間内」の設定が悪いとフラムを認識しなくなっちゃうけど、フラムよりも短い時間を設定すればなんとかなるか???

 もしくは DSMI とソフトシンセの間に入り込んで、データロスを監視するような仲介ソフトを iPad 用に作って110円とかで売ったらどうでしょう?

 ま、でも DSMI がこの処理を出来るようにアップグレードしちゃったら意味ないけど...

 同様の事をやるソフトで DSMI じゃないソフトが Wifi を仲介してる奴もあるんで、試してみようかと思ってます。


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。



1977年のコンピューターミュージック・コンファレンス

 その昔、Synapse(シナプス)っていうシンセの雑誌があって、12~3冊くらいは出てました。日本では1970年代後半にアスキーが扱ってて、イシバシ楽器とかで売られてました。

 この本のアーカイブが、電圧制御タブラとか作ってるCyndustriesっていうガレージメーカーのサイトにあり、以前ダウンロードしといたんだけど、ノートパソコンじゃ読みにくくてちゃんと見てなかったんですよ。

 だけど iPad の無料ブックリーダーを使って読んでみたら、色々と面白い記事が出てました。

 その中で 1977 年にカリフォルニアで行われたコンピューターミュージックの会議とデモライブの様子を伝えた記事がありました。

 この頃はまだコンピューターで音楽の何をどう演奏するのか?というスタイルを探してる段階で、波形合成、ライブパフォーマンス時の制御、作曲のための補助、コンピューター自身による作曲とかが渾然一体になってるようなケースもあったみたい。

 例えばライブで作曲家が直接コンピューターに指示を出して、コンピューターがその場で計算して指定された音を出す、という感じ。今なら鍵盤弾いたら音が出るという、当たり前のプロセスそのものがライブの中心となってたりしたみたいです。

 しかも出て来る音は音楽的かというと、トンデモなかったらしいです。

 当時のシステムはもっぱら DEC の PDP-10 や 11 を使用してたみたいだけど、中には KIM-1 といったワンボードコンピューター(日本でも5万前後で売ってたと思う)を使ったような物もあったみたい。

 ただその中でも、ベル研究所とスタンフォードのチョーニング教授の技術は突出してたみたいで、各々が Synergy とか Yamaha の DX-7 や New England Digital のシンクラビアーとかへ発展して行ったわけです。

 コンピューターによる作曲のアルゴリズムの詳細については、同時期に MIT から出た Computer Music Journal ってのに詳しく載ってます。こちらはアーカイブが amazon でも買えます。

 この中からチョーニング教授の FM 音源は商業的成功にも結びつき、その後はバーチャル音源なんかもスタンフォード大から出て来てるわけで、日本でも音楽大学と電子工学系の大学がコラボレーションして何かに挑戦して欲しいもんです。


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。




Jasrac 総会で iPad を伝道する

 今日は Jasrac の総会。

 開催時に議長が、写真撮影や情報を流される可能性があるのでパソコンの使用禁止という100万年遅れたお達しをしたので、その他の質疑でアホか!(いやもっと優しく言いましたけど)と言ったのだった。

 撮影やストリーミングだったら携帯電話の方がよっぽど危ないでしょうがね。嫌ならスタッフにジャミングマシンでも持たせて会場内歩かせるか、コンサートの荷物検査みたいに入り口でチェックして、ヤバイ機材は預かればいいじゃん。

 もう紙の資料いらない人にはデータで渡しましょうよって10年くらい前から何人かの人が言ってるのに誰も聞きゃしねえ。

 総会終了後、議長に呼ばれて「私もパソコンでワープロとか使ってますけど」って、いや、デスクトップパソコンとノートパソコンを同一と考えるべきじゃないし、ましてや携帯デバイスは全く違う位置づけなんだって...と言っても通じないのだった。

 ま、今後もそういう趣旨なら私は jasrac の会議は出ませんし、若い人でも嫌がって来ない人も出て来るかもしれないけど、別に理事会がそう考えるのは構わないと思います。ただそれなら私は行かないってだけの話。私一人がいようがいまいが、体勢に影響あるわけでもないしね...

 総会終了後の懇親会でタバコの煙から避難して来たメンバーの席で iPad の話が出て、実物持ってたのが私ともう一人...

 そのもう一人の人は、このあいだの Ustream の Midi 番組の時に私の前のコーナーとかに出てた作曲の寺嶋民哉さんでした。初めてお会いして、いきなり iPad の話になったのだった...

 その席にいた作曲の大森君に電子書籍やシンセを見せたら、もう完全に買いたいモードに...多分帰りに、どっかで買って帰った事でしょう。

 スタトレマニアの Jasrac の人が「もろにスタトレのパッドですよね~」ってな話で盛り上がる。同じスタトレオタクの Jasrac 理事長とは話すチャンスが無かった、残念...

 てな話をしてたら、作詞の宮原芽映(めばえ)さんが声をかけてくれた。何十年ぶり!?

 宮原さんとはホワッツマイケルでご一緒してました。私はテーマのアレンジで、宮原さんが作詞。って話してたら「あ、それ BGM は僕だ」と大森君が言ったのでした。世の中狭い!!!

 会議は新宿の京王プラザホテルであったので、帰りにプログレ CD でも自爆買いしに行こうと思って外に出たら、激しい雨!あきらめてそのまま帰って来たのであった...


iPad/アナログシンセ/レゴ 等の各種動画をまとめて見られるページはこちらを参照して下さい。




iPad 布教

 ジャケットイラストを描いてもらった渡辺電気(株)さんと代官山で会って雑談。

 彼は iPad をいじってかなり衝撃を受けた模様であります!多分間もなく購入するでしょう(笑)。大概の人に見せると、画面の奇麗さと操作した時に実際に紙をいじっているような感覚になる事に驚くみたいです。

 私は iPad で電子書籍を見る事が多いんだけど、みんな話は知ってても意外と実物をいじった事がないみたい。渡辺さんもショップをのぞいて「ああ、これは自分で iPad の流通に乗っけてるみたいですね」と言ってました。ここ数年で色々なシステムが劇的に変わるだろうってな話をしました。

 で、渡辺さんと別れてから iPad のソフトを作ってる会社へ...こちらはようやく全貌が見え、私の今までの曲を使うという話だったんだけど、曲によって音の質感とか違うんで、短いものなら新たに録音しちゃったほうが早いかも、と提案したら、結局30曲書く事になってしまいました。

 さらに、それのテーマ曲を歌入りで...初音ミクで行くかどうか検討中。月曜に再び会って、細かい路線を調整の予定です。

 締め切りは7月中旬...でもまだ音楽リストが上がっておりません...う~む...




ゲームラボに登場しました

 こないだ漫画家のピョコタンさんから取材を受けたゲームラボが発売になりました。

 私が登場してるのは130ページから。「このオッサンくるってる!」と言われております。

 ご覧下さいませ!








再び TowerMadness にハマってみる

 以前の blog にも書いた TowerMadness の iPad 版をやってます。

 折角なので、最初の面からやってるんだけど、途中で行き詰まる...前はどうやってクリアしたんだ~!という状態です。

 すぐ近くを敵が通ってるのに設置した武器が全然関係ない方向にいる敵を攻撃しちゃったりして「志村~!うしろ~!」とドリフ観戦状態でございます。

 別の面を見てたら、敵の動きが微妙に違うのがあったりした...う~ん、早く iPad 用に追加になった面に行きたいのですが...


TowerMadness HD へのリンク
icon




まことちゃんの18巻が電子書籍化されていた

 iPad で eBookJapan の本を読んでます。まあ、ソフト自体には色々言いたい事はあるけど、なんといってもコミックの品揃えが結構よろしい!

 音楽のキーワードで検索すると結構知らない音楽漫画とか出て来るし、萩尾望都さんの漫画とかはかなり電子化されてるし!

 以前の書き込みで、天才バカボンのオヤジとか古い本なのに値段が高いと書いてたけど、今日見たら安くなってたので2巻目も購入!爆笑!

 上記の書き込みで買っていた朝倉世界一のアポロも読んでみたら、ギャグ路線から一転の悲劇的エンディングに!!!そ~来たか~!という感じもしたけど、もしかして打ち切りで突然のエンディング?とかとも思ってしまいました。

 で、楳図かずおさんの本が結構電子化されてるんですよ。まことちゃんもあったんで、調べてみたら私が「キーボードの天才、安西史孝!」とか言ってキャラクターとして登場してる巻も出てたんで購入!

 初対面の人に「作曲家で」とか言ってもたいていウサンクサイ奴に見られるか、可哀想な人を見る目で見られるので、iPad でまことちゃんを見せつつ、保険証を提示すれば身分証明も完璧かと...

 あ、でもやっぱり「アッチ系の人かあ」とか思われるんでしょうね。

 お店とかで買い物してる時に、偶然自分の曲がかかったりすると、店員に「あ、これ僕の曲で」とか言うと、物凄く迷惑そうな目で見られます。

 あと楽曲使用確認でテレビ局に電話しても「私の曲がテーマ曲として使われてるんですが」とか言ったら、むちゃくちゃウザそうな声で「え?」とか言われ、後ろの方で「あの番組にテーマ曲なんてね~よ」とか声が聞こえてきたり...

 なんか、身分を保障する方法はないもんですかねえ...




はやぶさ帰還!

 昨日はムービーの最後の仕上げをして自動でアップにして知り合いのコンサートに駆け込んで、一言述べてまいりました。

 今日は六本木でミーティング...なので、細々した事が出来ず。特にはやぶさ帰還はどうなの?調子いいの?と気になって気になって...

 JAXA のメルマガは大分前から取ってたんだけど、もう帰還不可能かと思ってましたよ。今日の大気圏突入前からの管制室の様子とかをインターネットで中継と書いてあったんで、ミーティング終了後、六本木の喫茶店に入って iPad でネット接続を試みるも、予想通り混雑してて入れず...

 じゃあ家に帰ってからテレビで見るか、と思って帰ってテレビ欄を見たら、はやぶさのはの字もない!

 う~ん、ネットであれだけ盛り上がってる気がするんだがテレビ局は興味ないんすかねえ。

 が、とにかく帰還!良かった良かった!

 日本はコンピューターはチップも OS も期待薄だから、無人探査とか環境技術とかバイオで世界に勝負するのが良いか?!

 日本はアニメコンテンツで世界に...とか甘っちょろい事言うとる政治家も多いけど、現状を見てる奴はおらんし。まあ JAXA も事業仕分けで部分的に予算削減されちゃったし...

 どうなるんでしょうねえ?この国は...という話が今日のミーティングで出たけど、この辺の話題は人によって温度差が大きい...現状を把握しつつ将来のテクノロジー予想できる人が少なすぎ!あ、これは最近の Jaxxc もだよな。

 と、とりとめもない話でした。




iPad によるショパンの幻想即興曲をアップ!

 ようやく完成!



書き出し中!

 iPad 版ショパンの幻想即興曲トランス風味のビデオ完成!現在 FinalCut Express で最終書き出し中です!

 さあ出来た!と思って一度書き出したら、文字の入る部分だけジャギーが入って映像も文字もギザギザになってしまう!なぜに~!?と思ってネットを調べてみたけど、イマイチ分かりませんでした。

 が、よく考えてみたら、文字解説の入っていない動画を一度 Movie で書き出していて、それを読み込んでから文字を乗せてるんだけど、その時、シーケンスの解像度の設定が変だったのが原因でした。

 この状態では、レンダリングする前までは動画も文字も奇麗に出てるのに、レンダリングすると両方が一緒になった場所だけ解像度がガタ落ちになってジャギーが出てしまう...

 文字と動画の解像度設定が異なっていると、FinalCut Express はプレビューしてる時は、なんとか誤摩化してくれるんだけど、最終的なデータを作るときは真面目に反応して、ジャギーが出てしまうという...

 シーケンスに動画を入れる時に解像度を聞かれるんで、それを間違えると大変な事になります。チェック方法は作ってるはずの解像度と、詳細に表示されるシーケンスの解像度が違ってたら要注意って事です。それでも解像度の違う素材が重なり合ってなければ、多分きれいな動画が出力されるはず...

 というわけで、完成したら YouTube に入れときます!




あとちょっと!

 気楽に作るはずだった iPad による演奏ビデオは、大変細かいものに...

 使ってるシンセも沢山になってしまい、細かく画面を切り替えながら、どんどん曲が進行して行くようにしました。以前 YouTube にアップした、NanoKey 版の子犬のワルツをもっと細かくした感じ。

 今、とりあえずのビデオを書き出してみて次に微調整をして、音をはめ込み、テロップを入れると...やっとゴールが見えてきた...

 ↓ これが NanoKey による子犬のワルツ






店によって違う価格

 4コマ漫画のファンなわけですが、月刊誌で連載してたのがまとまって本になる時って、連載がまとまると、ほとんどすぐに発売になっちゃうんで、ストーリー覚えてたり、下手するとまだ手元に単行本のお話の載ってる月刊誌があったりするわけで、私としては単行本化して1年くらい経ってから買って、新たな気持ちで読みたいわけです。

 ところが、4コマ単行本ってすぐに店頭から無くなっちゃうし、すぐに廃刊になっちゃうらしい...で、電子出版だけど、買い損なってた4コマもんが結構ある!

 だけどショップによって同じ作家の作品の値段が結構違う事が判明。私が買ってる所は350円なんだけど、500円の所もある!同じ本の値段が違うわけじゃないけど、なんだかなあ状態...

 しかも500円の方は、契約条項に「出版社側の意向でオンライン販売が中止になった場合、1年間はデータキープできるけど、その後は消える」的な事が書いてある。これって「あんたに売った本、返しなさい!」みたいな事?

 電子ブック黎明期にこんな条項があっちゃあ、買う気が失せますよねえ...




TimeMachine のトラブルは OS のせいだったのかい!

 一昨日の blog で Mac OSX の TimeMachine でデータが読めなくなって再構築した話を書いたけど、今日、再構築したディスクが再び読めないみたい!

 これってディスクのトラブル???とか思ってたら夕方になって、OSX のアップデータが表示され、TimeMachine のトラブルが修正されたとの事...

 キミだったのかい!トラブルの原因は...なんか、アップデート後は TimeMachine のデータを再構築するらしいです。

 こないだの一日半の無駄を返せ!って感じです。




こりゃあ便利だ!

 雑誌の記事でちょっと見てはいたんだけど、iPad のソフトで、iPad を Mac(もうすぐ windows にも対応するらしい)の外部ディスプレイにしてしまうという "Air Display" なるソフトを購入して使ってみました。

 これは便利!!!MacBook Air から Wifi で iPad に電波を飛ばすと、iPad が MacBook Air の外部ディスプレイになっちゃいます。使い勝手は普通の2台目のモニターを接続した時と同じで、画面端まで行くと、iPad の方にカーソルが移動します。

 喫茶店で仕事をする時とか、ほとんど位置固定で資料を参照しながらデータを作る事が多いわけだけど、MacBook Air の画面だけだと、どうしても参照用の資料が下に埋もれてしまう...だけど、セカンドモニターがあればバッチリ!

 動作も快適で、さすがにビデオを見るとかはやめた方が良いと思うけど、そんなに重くない作業なら全然問題ないです。

 ちなみに私は今日、デニーズでビデオの編集で画面の拡大率とか上下左右の不要部分のカットとかを iPad に表示した画像を見ながら、メインマシンの方で数値入力して修正して行くという作業に使いました。

 これはホントに便利だ!!!


☆ iTunesStore の Air Display のページへ
icon




ひたすら待つ日だった

 昨日からやってる TimeMachine のバックアップデータ作成、あと少しと思いつつ待ってるうちに一日が過ぎてしまいました...

 ちょっと iPad 用に AirMac を使って通信したりしたいので、バックアップで通信を使ってる状態は避けたい&インターネットに接続しないで、直接 MacBookAir と iPad を接続して実験したいとかあったんで、バックアップを途中で止めるのも心配なので、ダラダラとしてしまったのでした。

 まあ、明日の朝には終わってるだろう...そしたら今度こそ一気に!行きたいもんですねえ...




TimeMachine のディスクがとぶ!

 作曲の玉木宏樹さんの新刊の発売記念パーティーで新宿へ...まあ、ほとんど飲むための会ですが、生のバイオリンとお琴が聞けました。

 今回の本は下のような、盗作に関する本。興味のある方はご一読を...




 で、帰りにスタッフの人とお茶をと言ったけど、土曜の新宿は大混乱!高島屋の屋上でノンビリお茶しようと思ったら、強風のため閉鎖...二人してお茶持って通路をウロウロ...

 家に帰って来たら、Mac の TimeMachine のバックアップに使ってるディスクがどうも挙動不審なんで、調べてみたら、データが破壊されてます、と出て全く読めず...どうも私はバッファローの HD とは相性が悪いみたいです。このバックアップディスク、以前から時々電源を入れ直さないと認識しなくなってたんですよね。

 というわけで、あきらめて全部消して、今、新たなバックアップ作成中。

 なので今日は iPad 版ショパンの制作は全く出来ずでした...









Reason 5 が出た

 Reason が 5.x にアップグレードするそうです。

 今回、わたし的な目玉は Dr.Rex がマルチチャンネルになった事。これ、多分一番要望が多かったんじゃないかな?

 今までは、ドラムのパターンをちょっと変えようと思うと、複数の Dr.Rex を立ち上げる必要があったんで、ギターのカッティングとか色々やると、もう Dr.Rex だらけのラックが組み上がってしまうのであった...

 個人的には8つじゃなくて16くらいパターンが入れられれば完璧なんだけど、Reason のメインユーザーと思われる DJ な方には16個もパターンいらないかもしれんですね。

 ま、制作が楽になる!次の要望は Rewire をなんとかしてくれい!ですね。ソフトによる Rewire 接続の拒否、Rewire接続されたシーケンサー側で、オーディオのフリーズファイルが作りたい。これも Dr.Rex 並みに要望が多いのでは?!

☆Reason を扱っている MI-7 のサイトへ




iPad でブログを書いてみた

今日のブログは iPad + iPad 用のキーボードで書いてみてます。

まず最初に、iPad の Safari と FC2 ブログの相性が大変ヨロシクナイ!

タイトル部分は書いてる間に、勝手に記事の下書き保存になっちゃったりするです。

本文はリアルタイムプレビューが入ってると一発で Safari ごと落ちます!気をつけましょう!

試しに他のソフトで日本語入力してみると全然問題ないです。上記の組み合わせがよろしくないようで...

リアルタイムプレビューさえオフにしてれば、あとの入力は快適に行ってます。変換も早いし、言葉もドンドン覚えて行きますね。

文章を打つという点については、今のところ全然 OK みたいな気がします。

ーーーーー

ということで、iPad 版ショパンはピアノ録音終了。鍵盤の数が少ないので、部分毎にバラバラに録音して行ってるんで、通しで弾いてる時とちがって、全体像が見えない状態で制作してるもんだから、繰り返しのパターンが一個多くて、編集で誤魔化したりとかしてる場所あり!

明日は AppStore で見つけた各種秘密兵器ソフトを使ってオマケ部分を撮影して、完成予定。

土曜日くらいには公開できるかな?!









iPad で弾くショパン制作中!

 遊びで作ってたつもりの iPad の演奏ビデオが大変...撮影はとっくに終わってるんだけど、MacBookAir の HD が足りないので、32G の USB メモリーにデータを入れてたら、レンダリングデータがどんどん肥大して行くのであった...

 なにせ、小さい画面の鍵盤を弾いてるので、何度も弾き直ししてて、それを全部レンダリングしたらあっという間に容量オーバー。とりあえず退避用に AirMac 上の HD を使ったら、読み出しが遅いので、待ち時間だらけになってしまいました...

 ま、解決策はあるのでなんとかなってるけど、問題は iPad の演奏を真上から撮ってるんで、イマイチ弾いてるように見えないんだよなあ。でも横から撮っても画面を叩いてるだけだから、恐らく弾いてるようには見えないでしょう。

 あと2~3日で出来ると思います。本当は1~2日で作れると思ってたんですが...




Buchla の大型モジュラー!

 久々にブックラのページを見たら、大型のモジュラーセットが載ってましたよ!いじってみたい!なんか変そう!

 一番デカイ奴で400~450万円くらいのプライスレンジだから、昔のモジュラーで考えればそれほど高いわけじゃあないです。バブリーだった頃なら絶対買ってそうだな...

☆ブックラのモジュラーページへのリンク


 あと、今日 iPad 持って近くの本屋へ...知り合いの店員に見せびらかすつもりが、近所の商店の人まで集まって大変な事に...

 店長は無言でいじり倒し「うちも新しい商売の形を考えてるんだよね」と真剣になっておられました。

 レジで本買った女子高生とかが、外で友達に「お店の中に iPad があったよ」と盛り上がっていた。新聞やテレビで大騒ぎしたせいもあって、老若男女を問わず、それが iPad であるという事はすぐに分かったようでした。

 店員の人は買いたい衝動に耐えられない様子...もう、すぐにでも横浜駅のヨドバシに駆け込みそうな状態でありました...

 本日購入した iPad ソフトに FastFinga ってソフトがあって、これは iPad の手描きメモなんだけど、テンプレートに五線紙があるんで、パッと思いついた時に五線紙にメロディーとかメモできるかどうか試してみようと思ってます。


☆FastFinga へのリンク → FastFinga




iPad でプログレ本を読む!

 ネットのニュースに iPad 等で読める電子書籍ショップの記事が出てました。いくつかあるんだけど、下記リンクの「マガストア」に入ってみました。

 「どうせ汎用の本しかないだろうなあ」と思ったらいきなり「ストレンジデイズ」が!!!これ、プログレ中心のマニアック音楽誌で、大手書店行かないと買えないのに、こんな所にあるとは!!!

 今月号にはジェフベックのライブリポートやジャズロックの特集。次号は ELP 特集らしい...

 他にも MacFan があったので購入。仕事の合間に読んでみたけど、こりゃ全然問題ないわ!いや~、こりゃ書店って本気でヤバイかも、としか思えないですよ。

 しかしな~!プログレ本が読めるとはなあ...まいりました...



☆マガストアへのリンク → マガストア 電子雑誌書店





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。