QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


純正律ベルのシステムやっとまともに動く

 純正律ベルに使う玉木さんの MacBook を持ち込んでもらい、リレーコントローラーに接続。

 こないだの話では Performer は、ベロシティ0は出力していないという話だったので、前回のトラブルの原因は、smf 化したファイルを読んでいたために、圧縮がかかってベロシティ0が出てるんだと判断していた。

 ところが、MacBook の Performer に Midi キーボードをつないで Midi Thru で鳴らしても、やっぱりリレーがオンになりっぱなし。って事は、Performer のデフォルト Midi 出力はベロシティ0で音を止めてるって事らしい。なんだよ、嘘ばっか!!!

 もう、しょうがないので、Logic をインストールした Mac を持ち出す事にし、smf のデータを一度 Logic で読み取り、そのデータをリスト表示させてスクリーンキャプチャーし、その絵を見ながら、全く同じデータを新たに入力するハメに陥った...

 とにかく Performer で作ったデータはなにをやってもベロシティ0の音ストップの地獄から抜け出す事はできないわけ。

 ベルのフレーズだから、それほど大変ではないと言いつつ、スクリーンの数字を見ながら同じ値をシーケンサーに入れるのに2時間くらいかかった...

 入力したデータは Logic が演奏するから、当然ノートオフが出力される。なのでリレーボードは何の問題もなくカチャカチャ動いた。

 夕方それを玉木さんの事務所に持って行ってもらい、明日、ベルのハードと接続してテストするとの事。


スポンサーサイト


思わぬ支持者

 レゴムービーの編集を例によって喫茶店で...今日はミスドまで行って作業。

 帰りに近所の本屋さんに寄る。ここの店員は私の小学校の同級生なんで「がんばれ!なかやま教授」の DVD をあげた。ちょうど最近入れた書籍検索用のコンピューターがお客さん側を向いていたので、それで再生して見てたら、お客さんも一緒に見始めた。

 ところが熱心に見入っていたのがオジサン。「この人が作った」と店員の友達が言ったら「どうやって作ってるの?」とか「どういう経歴だとこういう物が作れるようになるの?」と色々と質問が。

 オジサンは15分以上繰り返してビデオに見入っいた。

 さらに別なオジサンも熱心に見ている人がいた。

 逆に予想通りだったのは高校生男子。彼らはファイナルファンタジーの話しかしてなくて、その手の本を探して前を素通りした。

 さらに女性も興味を示さない人が多かった。

 駅前のウルトラローカル書店のお客さんの少ない時間帯だから、はっきり統計が取れるわけじゃないけど、オジサンが興味を持つというのは、全く想定外の現象でした。

 店頭で好評だったので、明日、簡単なレゴセットをモニターの横に置く事にして、さっきセットを作成。さらにどうやって撮影してるか?の簡単な解説とか、参考になるレゴの本を持って行って展示したら、どんな反応があるかを見る事にしました。




打ち合わせ

 昔、キティやコロンビアでディレクターやってた知り合いが来て、レゴムービーについて打ち合わせ。

 現在のアニメのような流れで数を制作する事はできないし、キャラクター商品って展開じゃないんで、新しい方法を何か見つけるべきという話をした。

 多分視点を完全に切り替えて売り込み(この言葉自体違うと思うんだけど)をすれば、うまく行くと思うんですよ。きっとうまくいったら、みんなが「ああ、そうだよね、そういう風にしなきゃ」って思うだろうけど、その方法論が見つからなければ、時代の流れの中に埋没するだろうという...

 さて、その道が見つかるかどうか?




グラフィックボード購入

 レゴムービーの背景部分を作るのに CG ソフトに必要な処理能力を確保すべくグラフィックボードを購入しにビックカメラへ...

 でも、何も考えないで PCI バスに乗っかるグラフィックボードとか思ってたら、そんなのほとんどない!今はほとんど PCI-E なのね...

 あっても CG 用には非力だった。ボードを見てたら AGP 対応があり「あ、そういやそんなボード使ってたな」とおぼろげに思い出す...困ったもんです。

 しょうがないので一度うちに帰り PC を開けてみたらやっぱり AGP でした。だけど、PC 作ってた当時は AGP はあまり信用してなかったんですよ。

 って言うのは、トラブルが多いので有名だった GigaStudio を使う時にノイズが出る原因の一つに AGP ボードと PCI バスにつなげたカードの順番と相性って項目をあげる人がいて、グラフィックボードも PCI の方が Giga には良いのか?とか勝手に思い込んでたのでした。

 ちなみにうちの Giga はグラフィックボードによるトラブルはなかったです。その代わり、Delta-1010 で Midi を使うと Win 2000 で偶発的なノイズが出るので、Midi は PCI バスの I/F でないとダメっていう困った状況がありましたが...

 Giga は RS-232C とか USB の Midi 使うとムチャ遅れちゃって使えなかったのでした。

 とまあ、そういう過去の心の傷を思い出しつつ今度はリハビリの帰りにヨドバシ行って AGP ボード買って来たら、ちゃんと動いた、良かった...




編集!

 よし、撮影終わり!

 素材としてはちょいと背景用に CG ソフトを使おうと思ってるんだけど、うちの PC の非力なグラフィックボードではキビシイらしい...音楽にしか使ってなかったから、ちょっと古いボードなんですよね。音楽にしか使わなければ全然問題なかったんだが...

 早速編集を始めました。バラバラに撮影した素材をひとつにまとめるのは、やはり楽しい(最初のうちだけ)...

 さて、一体いつになれば完成できるやら...




あと1カット!

 年末向けレゴムービーは残りあと1カットに...でも編集とかしてたら10月中完成は無理ですな。5日くらい足りないか...

 外は雨で結構寒いんだけど、撮影は同じ体勢で照明があたりコンピューターの動く場所にいるんで、徐々に暑くなってくる。しまいにゃ汗だく。

 さて声優さんをどうするか決めねば...知り合いで洋画の吹き替え系の声優さんやってる人がいるから、とりあえず打診してみようかと思ってます。

 たとえ細工した音になるとは言え、自分の声でやるのは、ちと恥ずかしいんで...




街の照明完成!

 こないだうち買い込んでた LED や豆電球をレゴの街の中に取り付け、ようやくセット完成...

 これで背景の空として見える部分にブルーの紙を置き、車と人を置いて撮影...ようやくここまで来た...

 明日には撮影して明後日くらいには編集に入りたいよ~!




Magic Mouse をいじってみた

 昨日、玉木さんの Mac をうちに持って来て再び戻した時、電源の先のアダプター部分を置き忘れてしまい、玉木さんが仕事ストップ状態に。なので、LED の買い足しついでに渋谷でスタッフに会って、アダプターを渡しました。

 ハンズで LED 等を買って帰る途中で Labi に行き、パソコンコーナーに行ってみたら新 iMac 類が並んでました。iMac はお客さんが店員の説明を聞き入っていて、いじれなかったんだけど、反対側に置いてあった Apple の新しいマウス「Magic Mouse」をいじってみました。

 表面には何も無く、スクロールホイールの代わりに iPhone なんかでお馴染みのジェスチャーコマンドを使んだけど、あの小さいスペースでこんな事やるんか!って感じ。

 上下左右のスクロールはマウスの上部で、どこでもいいから指を動かすと、その方向にスクロールする。反応は全然問題ない。

 同様の事を2本指でやるとインターネットのブラウザーで前のページに戻ったり、先に進んだりとかが出来ます。

 時間が無かったんで他のソフトでの動作は確認できなかったけど、上記2つの動作は、話に聞いていたのを試しにやっただけで、すぐに理解して使えました。

 これは結構面白いかもしれないです。慣れれば大画面で映像編集する時なんか、結構良いかも...

 ソフト関係もこの機能を使う事を前提とした物なんかが出てきたら、新しいアイディアの音楽ソフトとか出来るかもね。昔の M とかみたいに...

 う~ん、iMac も含めてかなり欲しいかも!!!これは一見の価値有りと思いますよ!




純正律ベル大トラブル~!

 病院向けナースコールを純正律で鳴らすベルの実地テストを玉木さんのオフィスでやった。

 私が作った Midi コントロールボードは完璧に動作していたし、ハード屋さんが作ったソレノイドコントロールベルも電圧をかけると音が鳴る。

 オフィスで半田ごてを片手に早速配線!持ち込んだ Midi キーボードから演奏すると、ベル側の微調整は必要なものの、完全に演奏された!

 「な~んだよ、楽勝じゃん!オレって天才系?」とかいい気になって玉木さんの作ったシーケンスデータをベル用に転調して演奏させたら、一度ベルが鳴ると、そのベルは電磁石がオンになったまま戻らない!!!

 調べてみると、こちらが作ったリレー回路がオンになったままになる。そこでキーボードをつなぎ直して演奏すると問題ない。

 Midi インターフェイスのせい???と思い、I/F をチェック。MOTU の I/F って時々予測不能な事が起こる時があった(MTP-II や小型の I/F)。

 I/F で Panic ボタンを押すとリレーはリセットされるけど、やはり一度鳴るとリレーがオンになりっぱし...

 玉木さんのシーケンサーはパフォーマー。Midi Thru で鍵盤から演奏すると問題ないのに、それを録音するとやっぱりリレーがオンになりっぱなし...

 散々調べたけど分からず、私の家の Mac でテストしてみる事に...車で機材一式を積んで横浜へ!!!

 うちの MacBook Air に入ってる Logic に単純な Yamaha の USB Midi I/F をつないで演奏すると問題ない。

 ところが、玉木さんの Mac に Yamaha の I/F をつなぐとまたダメ!呪われてるのか?玉木さん MacBook...

 そこで、MacBookAir の Logic で玉木さんが送ってきた SMF ファイルを演奏させると、これまた同じ症状に...

 試しに玉木さんの SMF にその場でデータを追加すると今度は問題なく動く。

 玉木さんが Performer で作ったデータだけに問題が発生する。リストウィンドウで見ても私がその場で作ったデータと玉木さんのデータに違いは全くない。

 結局、その場では解決出来ず後日って事に...

 玉木さんの SMF のテンプレートは純正律に対応しているためか、頭に必ず不思議な Sys-Ex データが入っている。恐らくマイクロチューニングを曲頭で処理するデータだと思うんだけど、これが悪さをしてるのかと、ノートデータ以外を全て抜いてもダメ!

 スタッフが帰った後で、Logic の Midi モニターを眺めてて気がついたのは、玉木さんのデータは Note Off の表示が出ない!

 あ、そういや Midi のノートオン/オフの処理の仕方って2種類あったよな!と久々に思い出し、その手のサイトを見てみた。

 ありました!Midi で音を鳴らす時、ノートオンを送って音を出し、ノートオフで音を止める。

 ところが、裏技があってノートオフの代わりにベロシティ0のノートオンを送るとデータの転送量を減らして音を止める事が出来る。

 でも、今回使ってるリレーボードではベロシティデータは読んでないから、ノートオフが来ない限りリレーがオンになりっぱなしになるわけだ。

 ノートオフの代わりにベロシティ0を送るのが Performer のデフォルトなのか、玉木さんが何らかの理由でそうしたのかは分からないが、原因は判明した!

 長い道のりでした~!!!




L.A. Scoring Strings

 L.A. Scoring Strings っていうストリングスライブラリーが出る。最大のポイントはディビジ(Divisi)できること。それも各々細かく表現が付いてるから重ねると結構リアルになるっぽい。

 アクセントのコントロールとか連続音でのマシンガンエフェクトの回避とか色々処理が出来るらしい。当然容量はバカデカイみたいで、全部を1台のコンピューターで動かそうとするとメモリーが8ギガ必要らしい。メーカーでは2台のコンピューターに分散させる事を推奨してるみたい。

 まあ、デモを聞くと例によって「ま~たこのパターンのハリウッドサウンドですか?もう飽きましたよ。誰か昔のジョン・バリーとかラロ・シフリンとかデイブ・グルーシンとか、スターウォーズより前のジョン・ウィリアムスみたいなメロディー書いてくれ!」と思ったりするわけですが...(じゃ、自分で書けよって?その為に自分で勝手な曲付けられるレゴムービー作ってるわけですよ)。

 相変わらずの力任せライブラリーではありますが、興味はあり!そういや5年くらい前にハンス・ジマーが Wizoo の社長達と作ってた巨大ライブラリーはどうしちゃったんでしょうねえ?




ベルコントローラー部分完成!

 玉木さんに頼まれてた病院向けナースコールを純正律のベルで鳴らすシステムの Midi 駆動部分完成!

 適当なスペースにお店広げて屈んで作業してたら腰が曲がっちゃったよ!イテイテ!!!

 これで16個の音が制御可能。明日出力部に線をつなげば、ベル本体と接続して鳴るはず。

 ベルの物理的駆動部は別部隊(と言いつつ個人ですが)がやってて、こちらもメドがついたとこのメールが来たので、両方を合体させてどんな感じになるか?!

 問題は玉木さんから来たナースコールのメロディーをこちらで作った駆動部の何番から出力し、その出力が何番目のベルを鳴らすか?のマップ作りですね。

 ベルは全ての音階があるわけじゃないから、半音階で来てる Midi のファイルをシステムにつないでもメチャメチャな音が鳴るだけ。

 なので、どの音程が、どのベルを鳴らすのか?っていう変換データテーブルを作り、それにしたがって Midi の音程を直すか、もしくはシーケンサーのエンバイロメントで変換テーブルを作ってデータを出力するか、のどちらか。

 ま、どっちにしてもここまで来てれば別に大した事ではないでしょう。

 最終的に製品になる場合には Midi シーケンサーなんて使わないで専用機を設計してもらう事になるでしょう。

 さて、誰か欲しい人います???

 私、思うに、これナースコールだけじゃなくて、むしろ幼稚園とかの始業ベルとか、スーパーマーケットとかデパートの時報(横浜そごうとか有楽町西武にあるような大掛かりなのじゃなくて)なんかにも有効だと思う。

 とくにデパートなんかで見える範囲の売り場に何カ所かセットされてて、時間が来ると各々が違うメロディーをかなでてて、真ん中で聞くと一つの音楽になって聞こえるとかが可能だから面白いんじゃないだろうか?




秋葉原へ...

 レゴのシカケ用部品&玉木さんに頼まれてる純正律ベルのドライブ回路に使う部品を買いに秋葉原へ...

 久々に行ったらロケット無線の建物が新しくなってて、一瞬迷う。相変わらずメイドさんが客引きしてたけど、部品屋街に入ると落ち着く(笑)。

 2階のレンタルショーケースの店を見たら昔のオープンリールのテープレコーダーとかあって、結構そそられた。階段昇って目の前にはアンテナ部分がフォークで出来た、フォークテルミンを売ってて笑いました。

 2階に上る階段の踊り場に昔の秋葉原とか電気関連広告が飾られてて、ネタ募集と書いてあったから、今度何か持ってこうかな...ソニーの3チャンネルミキサー(電源なしで、ボリュームが付いてるだけ)の本体と解説書とか...確か真空管式のオープンリールレコーダーのマニュアルもあったはず(恐らく昭和30年代のやつ)。

 というわけで、家に帰ってから必死でハンダ付け中。

 あ、秋葉原デパートは覆いがかぶさって改装中。下のレゴムービーは、改装前の秋葉原デパートを参考に作ってるんで、今となっては懐かしムービーになってしまいました...







あと屋外のシーンのみ~!

 年末向けレゴムービーは残り屋外のシーンのみ。ところがこれがめんどくさいのです。なぜかというと屋外は遠景まで入っちゃうから、セットが巨大になってしまうため。

 というわけで、今日は屋外シーン撮影のスペース確保のため、机のまわりの楽器をどかして掃除...

 おかげでゴミ吸って鼻がクシャクシャしてます。色々検討した結果、細いケーブルが必要と分かり、明日秋葉原へ買い出しに...

 以前は東急ハンズでもケーブル類は結構買えたんだけど、最近電子部品は置いてないんですよ。あるとすれば模型パーツのコーナーなんだけど、色々種類を探すなら秋葉まで行っちゃった方が早い、というわけで明日は久々に秋葉原に行って来る予定。




加藤和彦さんの思い出

 加藤和彦さんが亡くなった。ええ、そりゃファンでしたよ!もう、ミカバンドとかブっ飛んじゃいましたよ。

 ミカバンドは結成して間もない頃、横浜のジョイナスの噴水広場(現在の Wired Cafe の下側)でジョイナスのオープニングイベントのゲストに来てたり、開局間もない頃の TVK のヤングインパルスって番組に良く出てて、カセットに録音した塀までひとっ飛びのテレビライブバージョン(レコードよりテンポが遅くて重いアレンジ)とか、iPod に入れていつも聞いてます。

 バンド時代はミカバンドのコピーやってましたねえ。黒船とかワカチコとか...

 プロになってからフェアライトで加藤さんのアルバムに参加してるのがあるんですよ。もっとも事務所から急に電話がかかって来て、加藤和彦さんのレコーディングにフェアライト持ってって参加してくれって言われて、あわててタクシーでフェアライト運んだんですよ。

 なので、アルバムに私のクレジットもしくは TPO のクレジットが入ってるかどうか不明...

 丁度 TPO のレコーディング直後くらいで、ソニーの宣伝部に、気に入っていた BOBSTRINGっていうファイルネームのストリングスサウンドの音の抜けが悪いとボロカスに言われて悩んでいた頃(この辺は TPO1 のライナーに詳しく書いてます)、加藤さんもレコーディングでやっぱり BOBSTRING が良いって言って「なんだ、やっぱ良い音なんじゃないのか?」とか少し希望が見えたりしたんですよ。

 自分の小さい頃のヒーローが世を去るってつらいものが...ご冥福をお祈りします。




ウォーターベッド!

 ここんとこ、背中痛くなるのを予防するため、お医者さんのリハビリにしょっちゅう通っている。

 今までは背筋伸ばしと背中暖めの二つだったんだけど、今日からウォーターベッドもやる事になった。

 これが気持ち良い!!!ボヨンボヨンしたベッドに寝て機械が動き出すと、下から凄い勢いで水を吹き付けて来るらしい。回転しながら動いたり色々やってくれる。場所は足先から肩までまんべんなく!

 これは良いですよ!しかも保険効くし、全部で約30分くらいで350円!!!

 あの機械欲しい!でもきっと床抜けるな...

 というわけで、これから月末までは常連さんになろうと思ってます!背中の痛い人は理学療法やってる外科に GO!!!

p.s.
ところで、この理学療法で首引っぱってたり、足引っぱってたり、電気でマッサージしてたりする人が沢山いる部屋ってプリズナー No.6 っぽいっすよね。あ、知らない人には分からないネタだった。




プログレな BGM

 レゴムービーを作りながら、iPod の80Gのやつに入れたプログレ CD を全部聞き通して BGM にしている。

 もう忘れちゃったのとか、こんなん持ってたんかい?みたいなのが沢山出て来る。タイトル A から始まって現在 K でキース・ティペット・グループが出て来た。もう全員吠えまくってるのみ...一瞬ジャズになるとこもあるけどね。吠えまくりの中でクリムゾンキングの宮殿吹いてる奴いないか???

 作業の BGM にはマイク・オールドフィールドとかが良いみたい。ル・オルメとかは単体では好きだけど、BGM にするにはちと重いな。

 中には「これパクリだろ!」みたいなのがあったりする。例えば「これ ELP のトッカータのティンパニーソロの真似でしょうに」みたいのとか...

 あと明らかに狙ってるなって思ったのが「Druid」だったか?ボーカルの声が結構ジョン・アンダーソンっぽいんで、バンドもイエスっぽいアレンジにしてたりする。

 で、結局は名盤と呼ばれてる奴は、曲も演奏も録音も良いやねって当然な結果に至るわけですが...




年末向けレゴムービー、室内シーンはあと少し

 年末向けレゴムービーは、ほとんどが室内シーン。基本的なショットは撮影が終わり、現在ブルーバックで特殊効果を使う部分を撮影中。あと少しなんで、明日には終わるでしょう。

 そうしたら屋外のシーン。オマケ的なシーンなんだけど、いい加減にやるとショボくなるだろうから、気合いを入れないと...

 建物は以前から作り続けてたのがあるから問題ないんだけど、撮影スペースと、建物の中の光がめんどくさそう...撮影スペースはしょうがないからグランドピアノの上を使おうと考えてます...弾かないで台と化している私の midi グランド...

 そういえば、今日の昼電話があり、某テレビ局とオモチャメーカーがこのムービーに興味ありとの事。今月末に会って話す予定となりました。




Reason のファイルが読めるのか?

 Chicken Systems ってサンプラーのサンプルデータを管理したりフォーマット変換するソフトを出してる会社がある。

 そこの新製品で Instrument Manager ってのが出るんだけど、解説によると Reasonサンプラーフォーマットのデータも管理できるらしい。管理ってのが微妙で、サンプルデータを読み込めるのか、それともサンプルのレイヤーとかマッピングを管理するだけなのかがいまいち分からない。

 解説ページも、まだ未完成の部分があり、詳しいマニュアルとか画面写真は今の段階ではリンクしていない。

 試しにデモ版を落としてみたけど、最初にエラーメッセージが出る。その後、メニューとか出るんだけど、データをどうやって読み込むか、マニュアルのリンクが切れてるんでダウンロードできなくて良くわからない...

  Instrument Manager の解説ページはこちらです。




余計なお世話

 昨日、夜中に頭を冷やしに散歩に出たら、公園のトイレの横の暗闇に寝てる奴がいた。

 そのまま通り過ぎ、コンビニで買い物をして通ったらまだ寝てた。昨日はかなり冷え込んだので行き倒れだと困るとも思ったんだけど、酔っぱらいかもしれないし...

 と、公園を抜け、考えつつ別なコンビニは...再び悩み、もう一度公園へ...まだ寝てる。一応、起こしてみる。つついて「寒いから風邪ひくぞ」とか何度やっても全く反応なし。

 う~む、これはやっぱ行き倒れ?とか悩み、近くの交番へ行ったら警官がいたんで報告しておいた。

 が、別に後で救急車のサイレンが聞こえたわけでもないんで、結局ただの酔っぱらいだったんだろう。

 以前にもこういうのあったし、その前なんか真冬の明け方に神社でたき火してるオジサンがいて、心配になり消防署に連絡したら、消防車とか来ちゃって近所の人とか起きて来ちゃて大騒ぎ。

 消防署の人には「いや、火事になってからでは遅いですからね」と言われたけど、やっぱ余計なお世話か???

 良い人か?<私

 いや、違う。あとで火事になったり死んでたりしたら、いやじゃないですか。ただの身勝手ですな、きっと。

 で、酔っぱらいは勝手に風邪ひいて寝込めアホが!とか思うわけですよ。なんていう自分が風邪ひいちゃったりするんだな、世の中...




年末向けレゴムービー撮影中

 年末向けのレゴムービーを撮影。今日はドアが空いて二人の人が入って来る、その足下を撮っていた。

 結構楽勝か?と思ってたら結構難しく、ムチャクチャ難航。足下は問題ないんだけど、見えてない部分で支えているシカケが上で引っかかってしまい、一コマ撮るのに30分以上かかる始末...

 夜中になっても進まないので、息抜きに散歩に行き、方策を練りながらブラブラ...結局、なんとか今撮影してるのを終わらせ、どうしてもダメだったらまたやり直そう!と気持ちの切り替え...

 というわけで、どうにか今できました。コマ送りで見てみたら、まあなんとかなるでしょうって感じ...




CrossOverMac で UTAU は動かなかった

 昨日買った CrossOverMacUTAU を試してみたけど、残念ながら単純なインストールだけでは動かなかった。

 鉛筆で音程を入れてプレイすると、一瞬考えて、設定を確認...のエラーが出て、もう一度同じ事をするとプログラムのエラーが表示される。

 時間が出来たら Vocaloid の設定でも研究していじくってみるか?

 と思って新聞広告見てたら、インターネットを光に切り替えると、ウィンドウズのパソコン10円とか出てたし...非力なマシンだろうけど、UTAU はパワーいるのかな?Vocaloid みたいにパワー喰いまくらなければ、10円パソコンを UTAU マシンにするとか...

 インターネットはケーブルから光にしようと思ってるんで、ちょっと悩んでしまいました。





CrossOverMac と鏡音リン・レン買いました

 Windows に愛の無い私としては Vocaloid 使うのが苦痛だったんだけど、CrossOverMac を買って、Mac で Vocaloid 走らせられるようにしてみました。

 ついでに鏡音リン・レンも Get!

 とりあえず CrossOverMac を走らせて、初音ミク鏡音リン・レンを動かすと、結構重い...ソングポジションの縦線が微妙にダブります。

 発音中は2つの CPU max!あ、ちなみに使ってるのは MacBook Air の初期のバージョン。メモリーは2ギガ。

 OSX を強引に64 ビットカーネルと拡張機能 Yes にして走らせるとか?

 ま、色々実験してみましょう。でも、レゴムービーの完成を今月中で考えてるんで、そんなにいじってる時間ないんですが...




ベルの試作は上手く動いた!

 病院向け純正律用ベルの最初の試作をチェックしに玉木さんの事務所へ。台風で電車が遅れたけどなんとか到着。

 ベルの試作は駆動システムを一つだけ作って電圧をかけたら上手く動作した。これを10個くらい並べて動かしたら結構面白そう。今日は医師のスタッフは来なかったけど、病院関係者からの実際の意見を聞いてみたい。

 帰りはベルをドライブするための基盤を買いに歩いて原宿の Five-G へ。六本木>霞町のオフィス>原宿と歩き、更に渋谷まで歩いたら疲れた!

 渋谷のタワレコで玉木さんの CD コーナーを確認。フリップには私の名前も入っていた。そのうちタワレコにもご挨拶に行ったほうが良いかもね。

 家に帰ってから完成した Mac音ナナの3ページ目をアップ

 あと、玉木さんのライブの時の写真が公開されました。オケとのリハ、本番前、打ち上げまで載ってます(サムネイルの写真が違ってるけど、一通りクリックしてみてね!)。

 
玉木リハ
写真はこんな感じ





台風なのに打ち合わせですか~?

 午後、作曲の玉木さんから電話があり8日は台風が来るから午後の打ち合わせを午前中からにしたいとの事。電話を切って考えたんだけど、午後遅めの方が台風通過してるんでは?と、まあ朝にでも電話で打ち合わせですな。

 で、ミーティング内容は玉木さんも blog に書いちゃってたから書くけど、要するに病院とかの音環境を改善しましょうという話。

 玉木さんは以前、純正律の件で爽快だったかなんだかの雑誌に紹介され CD を付けたら、それで具合が良くなったという人が続出して「別に病気治療が目的じゃないのに」と、困ってました。

 ただ、純正律の応用は実際にお医者さんも参加して色々とテストしてて、そこそこ興味深い結果も出ているわけです。

 で、今回はナースコールに純正律を応用したらどうか?という内容。

 それだけなら私は関係ないんだけど、ナースコールのメロディーを試験的に動かすには Midi でデータを組んで、音源(今回は本物のベル)を鳴らすのが一番良いという事で、この辺の技術を手伝ってるわけです。

 ただ実際にお医者さんに話を聞いたりすると、ベルが鳴っていない時に強力にミュートしとかないとマズイとか、色々考える点が出て来るんですよ。

 で、この試験システムを11月初旬に行われる産業交流展なるイベントに展示してみようって話なわけです。

 果たしてどうなるか?っつ~か、明日(今日)の打ち合わせあるんかい?!?!




Mac音ナナの音作り解説2ページ目をアップ

 偽ボーカロイドMac音ナナの曲作り解説ページの2ページ目をアップしました。

 内容は「がんばれ!なかやま教授」を作る時に自分用に作ったメモの解説。どこまで細かく書くか?が問題なんだけど、なんか細かくなってしまいました(笑)。

 今までは図を付けるのが非常~~~にメンドくさかった!以前書いてた雑誌の連載なんかでも文章はサクサク書けるけど、図版を後から送るのが一番つらかったんだけど、Snow Leopard になってプレビューが新しくなり、この中に矢印やコメントを入れる機能が付き、これだけで図版の解説が作れるようになり、物凄く楽になった。

 というわけで、ページはこちらね(トップページですけど)。




黒鍵の並び順は 2,3,2,3 です!

 またまた楽器のイラストのツッコミですが、今月号の、まんがタイムジャンボ(11月号)の表紙の右上のキーボードの黒鍵が、3個x2回並んでる~!

 本当に普通の人の鍵盤に対する認識ってこんな感じなのかな?作者も編集者も気がつかないって事は、みんな知らないって事なのか...

 鍵盤なんて白いのと黒いのが適当に並んでれば大丈夫ですよ~、みたいな感じ?

 今月号も、コミカプがキテます!ラストに人気漫画家が登場。いるよな、こういう性格の女...音楽家にも作家にも...

 トンデモ性格でも売れてると誰も注意しないから、ますますトンデモ度が増して収拾がつかないパターン。もう、40過ぎてもコスプレして平気で電車とか乗ってっちゃうのな。

 で、売れなくなっても性格は変わらず、イタい年増になって行くという...誰か止めてやれよ、みたいな...

 ま、売れ続けてれば OK なのかも知れませんね。




シュレディンガーの妻は元気か(2)出てました

 本屋をうろついてたらシュレディンガーの妻は元気か、の2巻が出てたので購入。相変わらずの理科系ですが、ラストに作者がネタを集めるのに「渋滞の時、前の車のナンバープレートの番号を四則演算で10にする」のが充分変だ、と書かれていたが、やりません?私はやります。

 ちょっと前は電車の切符に書かれた番号を10にする。小学生の頃は、4を4回使っていくつまで数字が作れるか?に挑戦。これは四則演算の他に44とか444とかルート4とか4の階乗とかの記号も全部 OK。確か28くらいまでは作れた覚えがあるが...

 こういうのって数学的証明はあるんですかねえ?フェルマーの最終定理みたく...

 ところで、この本のカバーを外すと「あなたの適正テスト」が出てきます。この中で「好みの女性は?A.ターミネーターのサラ・コナー、B.エイリアンシリーズのリプリー」とあるが、この辺は「A.謎の円盤UFOのエリス中尉、B.宇宙家族ロビンソンのペニー」あたり行って欲しかったですね。

 もしくは「スタトレ DS9 のダックスはA.ジャッジア、B.エズリ」とか「スタトレボイジャーの好みの女性はA.ケス、B.セブン」とかか?

 スタトレネタは1巻にも出て来るから「スタートレックで好きなのはA.カーク船長、B.スポック」、これは分岐先がかなりはっきりするでしょう。

 あと、やはり「好きな OS は?A.ウィンドウズ、B.Mac OS、C.Linux」(3択になっちゃうがあたりとか「好きな系統はA.ジェリー・アンダーソン、B.アーウィン・アレン」も行って欲しいですね。

 ちなみに私は工学部情報工学科に行き着きました。








テクノ・ポップ・クリスマス!

 こないだ、ちょっと書いたコンピレーションアルバムの概要が発表になってました。

 その名もテクノポップクリスマス

 以下のリンクで詳しく見る事が出来ますが、私は戸川純さんと電気グルーヴの間に挟まってます(笑)。

for winter music Lovers ~ TECHNOPOP Xmas

 11月11日発売なので、また近くなったらこの話題でも...




またまたレゴムービー制作依頼が!

 以前の blog だった頃、レゴムービーを使ったバンドのプロモーションビデオ制作の依頼が来た事があったのを覚えてる人はいるかな?

 その時は、±(プラスマイナス)っていうアメリカのバンドで、インディーズでは結構人気があるみたいで、来日公演&ツアーもやったりしていたらしい。

 その頃、彼らの CD は日本のインディーズメーカーが販売してて、青山に結構な事務所構えて派手にやってたんですよ。なので、そこに状況を聞きに行き、間に入って欲しいって話をして OK になったんだけど、その直後くらいに、そのレーベルが潰れちゃったらしくて、連絡がつかなくなり、話は立ち消えになったのでした。

 今回依頼して来たのは、なんとヒップホップ!まあ、インディーズだろうけど、どの程度人気があるのか?はたまたド素人なのか???

 どっちにしても現在年末向けの作業を必死こいてやってるし、玉木さんに頼まれてるベルのコントロール回路を作って展示するのが11月初旬...スケジュールの問題もあるし、予算あるの?タダじゃやだよ、みたいな...

 でもヒップホップで、いかにも!って感じのノリ(画面に向かって指差しながら歌ったりとか)を実写の真似してレゴで作ったりしたら面白そうではあります。

 ま、あまり期待せずに話を聞いてみましょう。




吉田君、隠れ家パン屋で和みつつも営業

 レコード会社のブリッジで TPO1 や玉木さんの復刻を担当した吉田君が、玉木さんの特典盤の打ち合わせで家に来た。

 スタジオとか来た事あったかと思ってたら初めてだったらしい。「いや~、この辺、緑多くて和みますねえ」とか言う話。で、以前見つけた隠れが系の和みパン屋に連れていった。ここは喫茶もあるので、打ち合わせしながらパンとお茶を...

 お店には先客で子供連れのお母さんがいた。席に座ろうと思ったら椅子に猫が和んで寝てました。吉田君は「いや~、良いっすねえ」と和みまくり。

 帰り際に店内 BGM がかかっている所で売ってる CD を見てた吉田君が、会計をしながらお店のお姉さんと話したら、その BGM の CD を作ってる人はご近所なんだそうだ。なんとブリッジで、その人のコンピレーションアルバムを扱っているとの事!

 吉田君、お店のお姉さんにしっかり名刺渡して営業してました。

 これからブリッジの横浜方面での再発打ち合わせはこのお店にて!か?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。