QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロの仕事

 昨日、ロックドリルの世界のナレーション録りがあったので、曲関連の印刷物内容のチェックも兼ねてスタジオに顔を出した。

 ナレーションはアニメ、グレンラガンの声をやっていた池田さんが担当。ナレーション原稿に書かれたロックドリルマシンの解説を、まるで「自分は小さい頃からこれを良く知ってました」の如くに読み上げて行くのに感動。

 もちろん、ご本人がロックドリルマシンに精通しているわけはない。聞いている私も映像を通しで見ながら声を聞いてるわけではないので、その道の専門家が勢いで熱く語ってるけど、聞いてる方はチンプンカンプンという感じ。

 多分、映像と合わせて言葉を聞いても、相当注意して聞かないと分からない内容だと思う。

 が、それを上記のように専門家が語っているかの如くしゃべってしまうのはやっぱり凄いなあ、と思った。しかも原稿を貰ってからそんなに時間が経ってるわけじゃないし。

 考えてみると、音楽の世界でも知らない人が見たら同じように驚くかもしれない。我々がスタジオでやる仕事も、演奏して欲しいフレーズを譜面に書く。演奏者はスタジオでそれを初めて見て、2~3回練習すれば、もう「私、この曲は10年前から知ってて毎日弾いてますよ」ってくらい感情を込めて演奏するわけだ。

 プロの仕事ってのは現場で見てると、胸のすくような思いがするもんです。





スポンサーサイト


ロックドリル配布資料ができました!

7月24日発売の「ロックドリルの世界」のイラストとパンフが出来ました!パッケージはプラモ風(最初の3000部のみ)です!
 rd_gentei_h1 sotobako_fins
ロックドリルちらしS





クルクル回る文字を作る

 レゴムービーで、文字の書かれたブロックが空中に出て並び、それがクルクル螺旋状にねじれて消えて行くシーンのネタを作成中。こんなもん CG でやったら楽だろうな、と思いつつ苦難の道を行く私です。

 回転するブロックを内側向けて付けたブロックを30センチくらい離して立て、その間に細く切った透明パラフィンを渡し、回転ブロックを回すと透明パラフィンがねじれ、そのパラフィンの上に固定した文字付きレゴが螺旋状になる、はず...

 今日は仕掛けと文字ブロック作成まで。明日以降に、まず何も映ってないパラフィンを撮り、次に文字ブロックの下に接着剤を付けてパラフィンの上に順次乗せて撮り、接着剤が固まったらパラフィンをねじって並べた文字が回転する、予定...

 うまく行くんでしょうか???




ロックドリルの音楽リスト作成




 7月発売の DVD ロックドリルの世界の音楽リストを作成。元ネタは私のソロアルバムと FireStorm のサントラから使ってるんだけど、FireStorm はサントラ CD が出てるわけではないので、ほとんどの曲が M03-01 みたいになってる。

 何曲かは原作者のジェリーアンダーソンさんの所に音楽 CD としてプレゼントしたので私が勝手に付けたタイトルがあるにはある...タイトルがないやつは、各回の放送時のタイトルを付けてみた。

 ところが、70分の DVD を見ながら曲をチェックしていったら、どうも曲のタイトルと雰囲気が違うような...と思ったら制作時に18話がカットになり、その代わり1話の前に0話ってのを作って、放送時には0話が1話になり、1話は2話になり、18話までが1話ずつ繰り上がり、19話から先が Mxx の xx の番号と放送回が一致する事を思い出した。

 なので、18話より前の M ナンバーは1つずれ、したがって放送時のタイトルリストもひとつずらして見なければいけないのであった。面倒くさい!

 ま、とにかくリスト完成。DVD の解説&チャプターに、これをどう反映させるかは未定...




ロックドリルの世界のコメンタリートラック録り

 「ロックドリルの世界」のコメンタリートラックの録音があり、私も参加。ビデオを見ながら、なんだかんだとしゃべって来た。

 参加者は総指揮の樋口さん、監督の田口さん、ゲストでグレンラガンの監督の今石さんと私の計4人。初めて見る映像を前にいきなりしゃべるので、細かい所は抜きに印象を語るので中々難しかったです。

 スタジオにはちょっと興味のあったスマートコンソールっていうフィジカルインターフェイスがあり、色々話を聞かせてもらった。Protools には向いていないので選択肢には入らなそうだけど、丸いタッチコントローラー部分がスタトレっぽくてよろしい。でも OS が Windows ベースで走ってるそうなんで、Windows に愛の無い私にはちょっとキビシイかも...

 ビデオの方はナレーションの録りと、最終ミックスがあって完成予定。amazon の紹介にもあるように初回パッケージはプラモ風で、間違えてプラモファンが買いそうです。




コンニャク屋美容室なくなる?

 気候も良いので近くをブラブラと散歩。ま、毎日歩くようにはしてるんですが。

 歩いて行ける範囲に池のある公園がけっこう存在する。昔はドロ沼みたいだった所がちゃんと池になった所もあるし、公園とは言えないけど山の中腹からわき水が流れてて小さな池になってる所もある。

 横浜市も日吉を過ぎた辺りから港のちょっと手前(横浜駅の手前辺り)までは山が多くなるので水場が多い。

 噂では私の住む家の反対側の山のふもとに、その昔スケートリンクがあったとか、近くに夏でも氷を保存出来る洞窟とかあったりしたらしい(実際に駅前の氷屋さんが使っていたらしい)。

 川が流れていたせいか、それにまつわる商売もあったようで、豆腐屋があったり、池の周囲には釣具屋なんかがあって、小さい頃はそこで釣り竿と餌買って、釣りをやったもんである。

 で、Vow なネタとして、コンニャクヤ美容室ってのがあったんですよ。駅から1~2分なんだけど、裏手の住宅街にあり、もう絶対 Vow ネタだからそのうち写真に撮って投稿してみたいなあ、なんて思ってたんだけど、今日歩いてみたら整地されてたような気がする...

 通り過ぎてから気がついたんで見落としてた???今度もう一度確認に行かなくては!!!

 そのお店の場所は、元々小さな小川が流れていて、それが蓋をされて道路になった場所にあるんで、やっぱり元々はその水を使ってコンニャク屋さんをやってたんじゃないか?と思うんですよ。

 でも、もしかしてコンニャクを使った美容術なんてのがあるのか?という謎も残してるんですが...コンニャク美容、知ってる人います???

ーーーーー>その後、歩いてみて、まだちゃんとありました!勘違いで良かった~!


ロックドリルの世界のイラスト

 ロックドリルの世界のイラストが発表になったみたいです。こちらのサイトに!





再びポピュラスにはまってみる

 その昔、Amiga-1000 でゲームをやってた頃、ポピュラスにはまった。丁度、光岡ディオンのレコーディングをやってた頃で、ディオンのレコーディングが始まる前と終わった後、ず~っとやってました。

 久々に Amiga のエミュレーターを Intel Mac 上で動かしてみたら、うまく行ったので、ポピュラスをやってみたらはまりました。やっぱ面白い。

 ポピュラスには拡張シナリオのディスクがあって、その昔、まだ宇田川町にロックオンカンパニーがあった頃、買ったのでした。当時のロックオンは Amiga のソフト扱ってたんですよ。

 このシナリオはポピュラスの世界がレゴになってたりするんだけど、こいつのデータは PC で読み取らせて変換すれば Amiga のエミュレーターで遊べるんだろうか???実はデータディスク買った直後くらいに Amiga-1000 が故障しちゃったんでやってないんですよ。

 もしくはどっかにディスクイメージとかあると楽チンなんですが...



電撃スパイ作戦のサントラが~!!!

 すごいマニアックなサントラが出る!「電撃スパイ作戦」。

 これはスパイ物が流行った60年代のテレビ番組なんだけど、なんと超能力を使うスパイという素晴らしい設定!任務の途中にチベット山中に不時着した3人のスパイが謎の老人に超能力を授けられるのであった...ダライラマでしょうか???

 ずるいっちゃあ、ずるいんですが、そこは60年代って事で...なお、日本のテレビの時のテーマ曲は別な曲に差し替えられてたんで、その曲は入ってないはずです。

 原題は「Champions」ね。もうこうなって来ると、スパイのライセンスとかコルネットブルーの謎とか、この際だからコルディッツ大脱走とか不死身の男とか、行ける所まで行って欲しいものです。


<↓↓↓ 電撃スパイ作戦 ↓↓↓>




<↓↓↓ 昨日書いたナポレオンソロのサントラ ↓↓↓>
  


<↓↓↓ 映画版ナポレオンソロとアンクルから来た女(0022) ↓↓↓>
 



銀座で高級メシ

 打ち合わせを兼ねて会食。銀座の会員制クラブで昼からコースメニューを食べてしまいました!肉らしい肉って久々に食べたなあ...昔から特に肉食に興味は無かったんだけど、最近はとんとご無沙汰でした。

 会食場所は、なんか秘密クラブっぽく、秘密のボタンを押したら大きなドアが開いて専用エレベーターがあったのだった。いや、別にエッチなクラブとかではありませんが...

 会食後、久々に銀座に出てみた。まずは一緒に会食した人たちとチョイお茶を...会話の中で私が「そういえば最近になって0011ナポレオンソロのサントラが出た」と例によってマニアックな話題を振ったら、一緒にいた某女子が「あ、高校生の頃、そのアフレコに同級生と二人で潜入しましたよ」と素晴らしい対応が...

 が、うちに帰ってから良く考えてみたら、あの人って確か東京女学館に行ってたのでは?いいのか?そんなとこ行って?とか思ったのであった。もうとっくに時効だけど...

 その後、銀座から新橋方面へ。銀座ヤマハは大分前からビル立て直ししてたからもう出来てるかと思ったら、まだ建ててました。次に博品館のオモチャ屋チェック!お金を入れるとインベーダーの出来る貯金箱とか欲しかったけど、きっとすぐ飽きるだろうなあ、なんて思って買わなかった。

 さらに汐留方面に歩いてテイクアウトの食べ物屋を探す。汐留シオサイトビル(シオがだぶってシオシオサイト?>怪獣ブースカでしょうか?)のB街区の汐留シティセンターでデンマークスタイルのホットドッグなるものを購入。パンをくりぬいて中にソーセージが入っていた。中々美味しかったんだが、家に帰ってサイトを見たら出てないぞ!(5月21日の時点)。

 なんか、銀座方向から行くと高速の下の上下する歩道橋を渡り、ビル街に囲まれた場所を通るので自分がどこにいるんだか良く分からなかった。iPhone で場所チェックすると、ゆりかもめの駅もあるらしいんだが、歩道橋のあたりから見ると、新橋のゆりかもめの駅も見える。もしかして新橋で乗り換えるより歩いて来ちゃった方が早いのでは???

 サイトで見ると、やたら食べ物屋が多い。ビジネス街なの?なんとなく方向性不明の街であった。用事がなきゃわざわざ行くほどのとこでもないと思ったのであった。




19 日本語版発見!

 昨日はビンテージシンセのビデオを発見したけど、19の日本語版も発見!

 実は玉木さんの復刻のため、ジャケット探してたんですよ。肝心の玉木さんは自分がやったレコードも資料もほとんど残してなくて、私が持ってる雲井のレコードとかパンフを利用する事になったんだけど、他にタイムパラドックスのジャケットを探してたのです。

 タイムパラドックスはジャケが奇麗だったんで絶対取ってあるはずなんだけど、見つから~ん!!!忘れもしない中学生の時、題名のない音楽会で玉木さんを見て、学校帰りに東横線の新丸子駅前のレコード屋で買ったのでした。

 ジャケは倉庫の他に押し入れとかケースとかアチコチに保存されてて、昨日は倉庫とケースをチェック。倉庫の方は何度か見てたんで、大まかに何があるかは把握してたんだけど、ケースは中々面白いレコードが!

 主に80年代のプログレ再発と当時流行った12インチ45回転のリミックス版が出てまいりました。例えばアートオブノイズのリミックスとかティアーズフォーフィアーズのやつとか色々。

 あの頃は六本木 Wave が全盛期でオススメの12インチ版を片っ端から買ってたんだな。

 19(ナインティーン)はベトナム戦争に19歳で行った青年の話がテクノになってるアルバムでポールハードキャッスルって人の世界的ヒット。元のバージョンは英語で iTunes ストアにも元バージョンとエクステンドミックスバージョンがあるんだけど、当時、大ヒットしたので各国語バージョンが作られたのでした。

 19は青年のドキュメンタリー風の語りとニュースかなんかの声、それと政治的な内容のメッセージ(大統領の演説とか?)がサンプリングで飛び交うんだけど、有名なのは19のサンプルでナナナナナイナイナインティーン、ナナナナナインティーン、とまあこれが繰り替えされるんだけど、日本語版はこれがジュジュジュジュ十九歳、ジュジュ十九歳と、考えようによっちゃ笑っちゃう内容で、当時日本でも「これカッコいいの?」と賛否両論でした。

 ケースから見つかったのは元バージョン,エクステンドミックス、日本語バージョンの3枚で、amazon の中古で見ると結構なお値段で取り引きされてました。

 他にもスクリッティポリティとか色んな12インチ版が出て来た聞きて~!!!

 しょうがないからレコードプレイヤーをまたセットして Protools に取り込んで iPod に入れるかねえ...

 あ、ちなみに DTM ファン向けの情報としては、当時このポールハードキャッスルの音ネタCDが発売されてて、当然ナインティーンってフレーズも収録されてました。amazon でも rakuten でも売ってなかったけど...




Museum Of Synthesizer Technology のビデオ発見!

 イギリスにシンセの博物館「Museum Of Synthesizer Technology」ってのがあった。1998年に閉館してスタジオみたいになったらしいんだけど、ここがオープンした時に本とビデオを発売したのです。

 本の方は、オーナーが世界中から力任せで集めたビンテージシンセを庭で撮影した素人写真みたいな、貴重ではあるけどヒドイ写真集で、もうピンボケだわ周囲の雑草とか映ってるわっつ~シロモノです。

 ビデオは Dr.Moog が登場してシンセを解説したり、その筋で有名なキーボード関係者が機材説明したりしてます。恐らく撮影は、ミュージアムがオープンした時に行われたらしいんだけど、このオープニングパーティーに行った知り合いの話によると、とんでもないど田舎にあったそうです。

 で、このビデオ行方不明だったんだけど、今日スタジオの片隅のレコードの入った袋を開けたら出て来た!う~む、こんな所にあったのか...こりゃデジタル化して iPhone に入れて楽しむしかないな。

 ちなみにインターネットで調べたら、イギリスのシンセ屋に残り2本!でまだ販売してました。去年の2月の段階の書き込みが残ってるだけなんで、本当にあるかどうか分からないけど、プログレシンセのマニアの方は買っておいて損はないと思います。ただし素人まるだしビデオだと思いますが...




喫煙ルームの女性傾向

 ムービーネタを考えるべく散歩しながら例によって喫茶店をフラフラと...今日は暑かったのでシャーベット状になった抹茶ドリンクなぞいってみた。

 喫茶店も最近は分煙化が進んで、タバコの煙の苦手な私にとってはありがたい。で、喫煙スペースに行く人の傾向、特に女性を見ているとハッキリ傾向が分かる。

 それは喫煙スペースに行く女性の見た目はキャバ度が高いって事だ。最近は面白いのでカウンターと喫煙スペースの両方が見える席に座る事にしている。女性客が入って来たら、チラっと見た目をチェック!主に服装だけど、顔も化粧の傾向でキャバ度が違う。

 心密かに「この人は喫煙スペース行くな」と思うと、ほぼ9割の確率で当たる。

 難しいのは事務員風のオバサン丸だしの女性で、これは喫煙スペースに行く確率は5分5分で、まだ全体傾向が把握できていない。もう少し雰囲気を研究してみたいと考えていたりする。




レゴムービーのウォーミングアップ

 レゴムービーの撮影のセット作りはほぼ終了したのは前に書いたけど、あといくつか小間物を作る必要がある。ひとつ問題なのは動物が動くように仕掛けをしなければならない点。

 レゴの動物は足部分が動くやつが無い。馬も犬も固定した形なので、歩いたように見せるためには何らかの細工が必要。一応、複数の本体を買って、足部分をカットして中に針金を入れて動くようにしてみようと思ってます。

 で、その一段階前として、既にムービーの第一話の撮影が終わって2年近く経っちゃてるんで、撮影のコツみたいなのを忘れてる。それと撮影機材に関して、ここんとこ2000万画素超でコンピューターから完全にコントロールできるカメラが徐々に増えて来たんで、機材の様子見ってところがある。

 そこで、撮影リハビリを兼ねて、音楽ビデオ1本と短編ストーリー物を1本撮ってみようと考えてます。音楽ものはネタをここ2週間ほどかけて作ったので、それに合わせて映像を付けてみるつもり。短編はクリスマス向けのを準備しようかと思ってます。

 というわけで、ゴロゴロしながらネタを考えてるんだけど、例によってゴロっとしてると寝てしまいます。

 でも、2002~3年頃に買いあさったヘンテコな科学オモチャ物を素材に使えそうなのでちょっと嬉しいです。




東武線の運行情報について考える

 iPhone の便利ソフトに電車の時刻表や遅延情報が見られる乗換案内ってのがある。出先で帰りの電車の混雑状況とかチェックするのに中々便利。

 遅延情報には公式発表のページとユーザーからの情報の2つがある。使い始めて数ヶ月たつんだけど東武線の事故や遅延ってのがやたらに多い。最初は東武はそういうものなの?って思ってたんだけど、もしかしたら運行状況報告マニアな人が東武沿線に沢山住んでるからでは?とも考えられる。

 ほんの些細な遅延も載せてるとか、一つの遅延に対して載せる人の人数が多いとかあるかも...他の路線の状況を見てると、なんか鉄道業界用語で書いてあって良くわからない時があって面白い。

 とか言って自分も乗ってる電車が遅れたりするとすぐに iPhone 出して情報を送ってるわけですけどね。なんか自分が最初の情報発信者である、という事に対する妙なエクスタシーがあって、自分で自分の行動がオカシイです。




デニーズの BGM の謎

 近くのデニーズで仕事をしてた。時々気に入った曲が流れるんで、iPhone の Shazam(なんか訴えられましたな)でチェックして買える曲は iTunes ストアで買ってるんですよ。

 今日かかってた曲でちょっとソウル系だけど、多分最近の曲らしいのがあり、早速 Shazam でチェック!でも2回取り込んだけど、何の曲か分からなかった。

 で、3回目に取り込んでる時に、突然曲がブチっと切れた。あれ?っと思って Shazam を停止する事数秒、再び曲がかかったんだけど、違う曲。

 ところが、この曲、前にかかってた曲とテンポも節回しもかなり似ている。これって何か iTunes ストアの Genius とか Lastfm みたいにユーザーの嗜好とかをチェックして自動的に選曲してるんだろうか?

 店内 BGM とかでも、突然テンポ感が変わると雰囲気悪いだろうから、時間帯によって徐々にスローテンポにしてくとか、色々あるんじゃないだろうか?

 何かシカケがあるのか?それとも偶然か?気になります...





日本プログレの名盤(?)復刻!

 玉木さんの blog によると過去のアルバム「タイムパラドックス」が7月、「雲井時鳥国」が8月、「存在の詩」が9月に復刻になるらしい。

 「タイムパラドックス」の頃は私はまだ中学生でさすがに参加してませんが、「雲井~」と「存在~」は参加してます。雲井はオーケストラとシンセの生ライブという強力な企画で、70年代としてはかなり斬新な物だったと思う。

 存在の詩は「マハムドラーは全ての言葉と真実を超越せり。されどナロパよ...」ってセリフとバックのアナログシンセが完全プログレです。これを知らないと日本プログレは語れない、と言われているらしい。

 この存在の詩を録音してた頃、私は楳図かずおバンドに参加してて、TBS で楳図バンド vs 竹宮恵子(だったか萩尾望都だったか)チームでクイズ番組の収録があり、私はレコーディングの為不参加だったわけですが、楳図チームはボロ負けで毒蝮三太夫に「こいつらカッコは派手だけどバカだね」と言われ「ああ、参加しなくて良かった~!」とか思ったわけでした。

 下の写真はリハーサル風景(一番手前が私、左奥にいるのが髪の毛フサフサの玉木さん)、と本番(一番右端が私)。

KumoPh2.jpg

KumoPh1.jpg

 これで6月に私の参加した Project Green が再発され、7月にロックドリルの世界が出て、秋~冬にかけてリンダマスターズとか科学万博、うる星も出る予定なんで、なんか旧譜出まくりです。




GigaStudio のデータを Mac で使えるソフトが出た!

 無くなった GigaStudio のデータをどうするか?悩んでたんだけど、Mac で GigaStudio と同じように使えるソフト G-Player ってのが出ていた。

 キースイッチなんかも使え、当然ストリーミング再生も可能で、オーケストラサンプルもそのまま使えるとの事。今までも Giga の資産を読み込めるソフトサンプラーはあったけど、Giga とは全く使い勝手が違うので、過去に慣れた手法が使えなさそうだったので、敬遠してたんですよ。

 だけど、G-Player は見た目的には GigaStudio と同じで、2001~2005年頃までに散々苦労して得たノウハウが生かせそうな気がする。

 とりあえずデモ版をダウンロードしていじってみた感じでは、懐かしの Giga の使い勝手だった。まだ、大規模データを使ってみたわけではないので何とも言えないけど、これを作ってる SoundLib って会社は、Giga が生きていた時代に CDXtract っていう Giga のデータのコンバートソフトを作っていた会社なので、その辺の知識は豊富だと思われる。

 Giga は初期の頃、フォーマットコンバーター/エディターが無くて、この CDXtract とチキンシステムってとこのソフトにゃ随分お世話になりました。

 Giga は説明不足な点が多く、Giga Format のサンプルデータには独自の圧縮形式が含まれてる事とかを公表してなかったんで、市販音ネタをいじろうとしても、圧縮された部分だけが解凍後にノイズになっちゃうケースがあり、日本の扱い元の Teac に連絡しても問題解決できない事もあったのでした。

 Giga で多くの人が苦しんだ、メモリー容量が中途半端な所でフルになっちゃうとか、ハードの組み合わせによって、ランダムにノイズが入るとか、メモリー容量の 65% を越えたあたりから2分に一回の割り合いで必ずノイズが入るとかの問題が無い事を祈る!

 ま、上記の問題は PC + Win の組み合わせの問題だったんですが...




個人情報ダダ漏れオヤジ

 こないだ新横浜の川沿いを歩いてたら、公園風の場所にベンチと机があるのを発見。そこで仕事が出来るか?と思い、MacBook Air を持って出かけてみた。だけど、机のある場所は炎天下で、今日の気候じゃ仕事どころじゃなかったので、あきらめてタリーズに移動。

 ノイズキャンセラー付きのヘッドフォンかけて作業をしてたら、筋向かいの席にやたら声のでかいオヤジがオバサンと打ち合わせ。

 そのうち携帯電話で話始めたと思ったら「あ~、あの病院なんだけど、電話番号...うん、xxxのxxxxね」ってヘッドフォンかけてても良く聞こえる。

 今度は「あ、お世話になってます。xx先生ですか?実はうちの24歳の社員が鬱病なんで、一度見てもらいたいんですが、上司が行けと行って、行かせるのもなんだし...」と個人情報丸漏れ。

 恐らく周囲の席の人はもっと良く聞こえてただろうから、オヤジの会社名から病院名から鬱になってる社員の名前までバッチリ聞こえた事であろう。

 あんなのチョイと録音でもされてたらゆすりたかりのネタにされそう。

 無神経もあそこまで行くと立派なもんだと思ったのでした。

Record

 Reason や Recycle を出してるプロペラヘッドから、レコーディング用のソフト Record が発売になる(今んとこまだ日本のサイトに載ってないんで、英語版へのリンク)

 Reason は音源やシーケンサー、エフェクトが合体してるのに、さて生楽器を録音しましょうって話になると出来ない!という問題点があった。まあ、何らかの解決策を出して来る事は間違いないと思ってたんだけど、こう来たか。Record のミキシング画面や使い勝手は SSL のコンソールをシミュレートしている。

 なんか久しくスタジオのコンソールに向かってなかったんで、Record のミキサーのスナップショット画面を見たら、懐かしくなって変な気持ちでした。

 なるほど、それで日本の Reason 扱い元の MI-7 は SSL のプラグインとかを扱ってたのか(考えすぎ?)。

 この調子で Record 用のコントロールサーフェイスとか出ると良いですね。Protools のサーフェイスは高いのだと2000万、中くらいで150万、安いのは30万と突然値段が変わっちゃって、50~100万クラスの一番ホームスタジオターゲットの価格帯の物が無いと思う。一時、250万くらいの Euphinix のコントロールサーフェイス(Protools だけじゃなくて、映像ソフトとかもコントロールできる)に心動いた事もあったけど、OS が Windows だったので、バージョンアップとかどうなっちゃうの?と気にかかり、今ひとつ決め手に欠けた。

 恐らく Record 用サーフェイスは出ると思うんですよ。

 ま、その前にこないだ書いた Dr.Rex の拡張版出して欲しいですが...

 ちなみに私はソフトシンセで音を作る時は Reason の THOR を愛用してます。一番音が良いと思う。あと使い勝手も良く、アナログシンセっぽい使い方が出来ます。Logic 付属のソフトシンセは見た目はカッコイイんだけど、本物のアナログシンセを使って来た私には、どうも馴染めません...



 ↓ 知らない人向け情報 ↓
 ーーー> これが Reason 



 ーーー> こっちが Recycle 



ロックドリルの世界 ~地底世界の超機械巨神~

 3月頃に映画監督の樋口さんと打ち合わせをしていた DVD が発売7月下旬なのに早くも予約注文を開始していた。

 その名も「ロックドリルの世界 ~地底世界の超機械巨神~」。地下のトンネル工事に使われる機械なんだけど、こりゃ凄い!テスト映像をもらってるんだけど、もうマジでリアルサンダーバードっすよ!

 やはり CG とは重量感が全然違う!地下鉄工事とかは、こんなのが地下でうごめいてるのか~!と感動ものです。

 音楽は今のところ、以下の4つからのセレクトになる予定。
「Kyrie:Canto Cybanetico」
「Exclusive Sequences/FumitakaAnzai2」
「FireStorm」
「Mission Asteroid」

 このうち Kyrie~ と Exclusive~は CD & オンラインで、Mission~はオンラインで販売してるけど、FireStorm はテレビ番組で使用された以外では初めての二次使用。

 工場&廃墟萌えな人は要チェックです!






Logic の EXS-24 で Recycle のスライス演奏

 Logic のサンプラー EXS-24 で、rx2 フォーマットの Rex ファイルを演奏する方法が分かった!ってマニュアルに出てるんでしょうけど...

 これちょっと使い勝手的にどうなんだろう?とは思うんだけど、サンプラーの Editor 画面から Recycle のファイル(Rex ファイル)を読み取らせ、Midi のデータも作る方式。う~ん、Reason のループプレイヤー Dr.Rex に慣れちゃってると、ちょっと戸惑うと思う。

 ただ、これなら一音毎にフィルターを変えたりとかも楽かも...微妙ですが。

 Reason の Dr.Rex は直感的だけど、シーケンサーはちょっと使いづらい、Logic はサンプラーをループプレイヤーとして使うから直感的ではない。Stylus は追加プラグインになるからメモリーとか CPU の処理能力がちょっと心配。

 だけど、Reason の Dr.Rex は複数のパターンに対して複数の Dr.Rex が必要になり、これまたメモリー効率悪いか?って感じもする。4つのリズムパターンが欲しければ4つの Dr.Rex を作るわけなんで、パターンの数が増えると混乱する。Stylus は8つまでパターンを読ませておけるから、その点が楽。

 あと Stylus はリズムパターンだけに特化したエフェクトとかが中々よろしい。かなり簡単にコンプだのビットクラッシャーだのオートワウだのかけられるし、設定も一カ所からコントロールできるわけで、ま、値段なりの事はありますわな。

 本格的にやるなら Stylus、ちょちょっと使うなら Reason、Logic の EXS-24 はこれからお勉強ってとこです。


うちのネコにまつわる不思議な話

 昨日の続きのネコの話なんだけど、うちの父親が5年前に突然死んじゃったんですよ。で、遺体が家に戻って来た時、玄関からうちのネコが飛び出して行っちゃったのです。

 それまでも時々、外に飛び出しちゃう事はあったんだけど、必ず飼い主をおちょくったように、崖ギリギリの所でニャ~ンとか鳴いて、こちらが近づけない場所にゆったりと座ってたり、こちらが外に出るとどこかで首輪の鈴の音がチリチリ聞こえてたわけ。

 でもその時は全く気配がない。1日外に出ただけで、何もエサがつかまえられないしトイレにも行けなくて、捕まえて連れて返ると大慌てでトイレに用足しに行くという情けない状態だったわけ。

 だけど、父親が亡くなった時はその日の晩が2月の嵐で物凄い大雨の後で凄く寒くなり、さらに告別式まで2日と、計3日間も全く見当たらなかったのです。なので、こりゃもう死んじゃってるかなあ...と思ってガックリ来てたわけ。

 で、葬式の時はよく空き巣が入るって話を聞いてたんで、友達に頼んで家で留守番をしてもらってたのね。一応、庭側の窓を少しだけ開けてネコ缶を置いてたんだけど、全然反応なし。

 ところが、告別式が終わって遺骨を持って私達が玄関でドアベルを鳴らした瞬間、ネコが正反対の位置にある庭側の窓から入って来たのでした。その時は、ベルの音がしたんで友達が立ち上がったら、驚いて逃げちゃったらしいんだけど、その後一服して庭を探したら駐車場の車の下で縮こまってるのを発見して捕まえました!

 3日間全く気配もなかったのに、遺骨を持ってドアベルを鳴らした瞬間に建物の反対側から入って来たって、ちょっと出来過ぎだと思いません???






ネコのゲコゲコ音にソックリな音

 ネコを飼った事のある人なら誰でも分かると思うけど、毛玉をはくわけですよ。うちの場合、ご飯を缶詰からモンプチのカリカリにしたら、物凄く減ったんですが。それまでは缶詰にすぐ飽きちゃって毎週のように違う缶詰買って来て、それでも飽きて、おまけにゲロゲロと吐くんだけど、7~8年前、モンプチにしたら不思議とほとんど吐かなくなり、しかも全然飽きない!これは不思議!

 そうは言っても1週間に1回くらいは吐くわけなんだけど、その時のサウンドが「ゲッコゲッコゲッコと来て、最後はキシャ~~~!」っと吐くわけ。なので、ゲッコゲッコを聞いたら即座に新聞を持ってゲロキャッチ!

 で、以前から居間の扉の隙間をネコが出入り出来るように小さな箱を置いたりしてたんだけど、こないだ置いた丸いチョコレートの空き箱を上下逆さまに置いた所、その上をネコが通過すると、このゲコゲコ音にそっくりな音がする事が判明。

 最初は、すわゲコゲコか?!と思い、あせって新聞を構えたんだけど違いました。丸い箱の上部分がベコっとなった音が、共鳴して大きな音になるらしいんだけど、自分で実験してみると、どうしてもその音が出ない。

 どうやらネコの足裏の肉球とツメと体重の微妙なバランスでゲコ!っと鳴るらしい。どうしてサウンドを再現できないのか謎であったが、まあ不思議は不思議でおいといた方が楽しいという事で...

 と思って、ネコにまつわる不思議な話って本をサーチしたら amazon にもあった。これ通販で買ったような気がしたんだけど...長くなっちゃったので、私のネコの不思議談は明日書きます(以前の blog に書いてたけどね)。






酔った気分になれるキリンフリー!

 4月にキリンから出た完全ノンアルコール飲料のキリンフリーって知ってます?味はビールだけどアルコールゼロ!今までのノンアルコールビールって、ほんのわずかにアルコール分が入ってるか、完全にノンアルコールだと味がビールとはちょっと違ってたんだけど、これは本物(と私はほとんどお酒飲まないから断言は出来ませんが)。

 以前、ノンアルコールって実は微妙にアルコールが入ってるって知らないで、パニック障害の薬を飲んだ後で、微量アルコール入りビールを飲んじゃったんですよ。そしたら、もう強烈に眠くなるのなんのって!これが2~3回あって、いくらなんでもオカシイと思い、缶をよ~く見たら、アルコール入ってんじゃん!これ、危険!!!

 というわけで、味の違うアルコール分ゼロのインチキビールで我慢してたんですが、キリンフリーは良いです!

 味がビールなんで、飲んだ後でなんとなく酔ったような気になるのが人間の習慣の不思議というかなんというか...止まってるエスカレーターに乗ると瞬間的に体が前に傾いてしまうような(なんだそのたとえ)。

 これは良い!私の場合、ビールは別に酔っぱらいたくて飲んでるんじゃなくて、水やお茶と違う味っつ~か、そういうのを欲しかったので、よくぞ出してくれました!って感じ。

 ちなみに楽天でキリンフリーを見たら、売り切れ店続出!うちの近くのスーパーでもかなり品薄になってるんで、買いだめしたほうが良いか?この調子だと他の会社も出して来るんじゃないですかねえ?

 キリンはバイオエタノールとかも出すみたいだし、やるね!って感じですよね。キリンマークのスタンドで給油(?)して車が走る時代も夢じゃないのか???


ショップで要チェックです! →→→ 



結構いい加減な昔の音ネタ CD

 ちょいと作ってる曲は TD 以外は MacBook Air で完結させようと思ってる。音ネタも思いついた時に昔の CD を持って来てネタ探しをしてる。最近のネタはスタジオの Mac に入ってるんだけど、みんな再生ソフト込みになっちゃってるんで、MacBook Air に入れると容量喰うし、重くなりそうなので、CD ネタから拾って、Reason の Dr.Rex に入れて、Logic から Rewire 経由でコントロールしている。

 今、ブラスセクションの音でも入れてみようかと思い、フレーズネタの CD を2枚持って来たんだけど、90年代前半の音ネタってブラスと言いつつも、バックで使うドラムのループとか入ってるのが多くてとってもムダ!!!

 しかも、フレーズも、ドライ、コーラス有り、リバーブ有り、と1ネタで三度オイシイという仕掛けをしてるんで、と~ってもイラつく!

 苦労してネタ探して、やっぱこの音いらないかな~、なんて事になるとちょっと悲しいです。

 で Rewire 経由の Reason なんすけど、Logic のせいか Reason のせいか、はたまた Rewire のせいか分かんないけど、Logic をプレイにしてからフレーズが再生されるまでに待たされる事がある...2小節くらい前からスタートしないと正しい音が出ない事があって不便です。

blog 書くの忘れて寝てました!

 いかんいかん、Logic で曲作ってて、作業終わったから寝ちまった。フッと目が覚めて、なにかスッキリしてないな?と思ったら blog 書いてなかったんだ。もう完全に生活の一部ですね。寝てんのに目が覚めるんだからな...

 で5月4日は新横浜に行ってみた。卓球とかあるから混んでるかなあ?と思ったけど意外にも空いてました。でもケユカカフェは満員、駅前の喫茶店は入れそうもなかったので、ちょっと先のタリーズに入って涼みつつ、Logic でデータ作成。12弦ギターのフレーズサンプルを Recycle で切り出してテンポ変えて使えるようにデータ化。

 中々快調。作業がもう少し落ち着いたら、MacBook Air 持って、鶴見川の川縁を歩いてみようと思ってます。ひとつ行きたいのが「殿様飯店」。これ昔は殿様食堂という VOW な雰囲気のドライブインまがいで、ショボイ殿様の絵が描かれた看板のある食堂だったんだけど、いつのまにかビルが建って殿様飯店になり、最上階からは鶴見川が一望できるらしい。ちょっと行ってみたい。

 これからの季節、川縁の散歩コースはかなり良い感じだよ!MacBook Air にやりたい事をあれこれ入れて歩いたら、素晴らしいアイディアが天から降って来ると思います。

 現在やってるのは Logic と Reason で曲作って、レゴ使って絵を作る作業。レゴムービーの本チャンに入る前に初音ミクとかを使って練習作品を作ってみようと思ってるんですよ。

 と、書いてる内容が頭ぼやけてて、うまくまとまってないな...寝の続きに戻らねば...

 この後、趣味の作成の他に7~8月頃にマニアックなビデオに私の曲が載った奴が発売になります!これは凄いので、発表できる段階になったら発表しますね。

 そいから、うる星やつらの CD に関しては、担当者がいくつも案件抱えてるんで、ちょっと止まってたんだけど6月中旬からまたスタート予定。それまでに私が揃えられる物は揃えておきましょう。

 うる星やつらの原盤権、出版権、販売権についてサーチをかけている方、詳しく知りたい場合はご連絡くださいませ。

 ああ、アタマボケて何書いてんだかよくわなんないや。では、睡眠の続きに戻りま~す!

Logic の EXS24(サンプラー)ファイル名の文字数制限

 Logic に付属するサンプラーソフトの EXS24 で、ループ以外のフィル音を作るために、ループ素材と同じ音色ネタソフトから単発で打っているドラム音をインポートした。

 そしたら何故かシーケンスファイルを Save する時に「ファイルが9つ無い」と言われてしまった。最初は間違えてファイルを削除したのかと思い、簡単な作業だったので再びデータをインポートしてファイルを作ってみたら結果は同じ。

 そこで、9つのファイルがなになのか?を調べたらファイルネームに変な数値が付いた物がエラーになっているらしい。以下のようなファイルネーム...
One Shot - Kick and#202D92E.wav

 そこで元ファイルと見比べてみたら、とうやらファイルネームが長過ぎると EXS24 側がインポート時に勝手にファイルネームに #xxxx という番号を割り振ってしまうらしい。マニュアルを見たけど、文字数制限については発見できなかった。

 ま、そういう事なんで Snare1 とか Tom1 みたいに簡単なファイルネームにしたらエラーの数が減ったので、9個のファイルを全部書き換えたら、今度はファイルネームがダブっているとエラーが出てしまった。

 このケースは EXS24 なんかで Group を使って見かけ上は違う階層にいるファイルも、EXS24 側ではひとつのフォルダーで管理しているため、Group 1 にいる Snare1 と Group2 にいる Snare1 は違う音でも同じファイルとして認識されるため上書きするかどうか?を聞いてきてしまう事が分かった。

 この問題は、一つ一つのファイルをインポートしてる場合には気がつくけど、音ネタ CD とかから大量の Wav ファイルを一括インポートして自動で鍵盤上にマッピングする時にトラブルを起こしてしまう。

 まあ、エラーなり上書きするか?を聞かれたら気をつければ良いんですけどね。

Apple Loops のテンポ変更

 Reason と Logic の組み合わせでリズムを作ってる。喫茶店でも遊びつつ作業が出来るようにと MacBook Air で作業を始めたんだが、ループの再生で面倒な現象になってます。

 MacBook Air は HD が小さいので、大量の音ネタはいれてない。で、ドラムのパターンをちょっと前に買った Beta Monkey って所のネタで作ろうと思い、CD の音を MacBook Air に入れ、必要な音のデータを Recycle にかけてテンポ変更できるようにスライス化。恐らく今買えば、Rex2 だの Apple Loop だののフォーマットは最初からあると思うんだけど、私がまとめ買いした時には Audio しかなかったんですよ。

 で、喫茶店で使いそうなネタをチマチマと Recycle でスライスデータにした。ドラムパターンのスライス化は、ほとんどスレッショルドレベルの調整だけで行けちゃうんで楽。

 家に帰ってから Reason と Logic で動かしてたんだけど、Reason の Rex2 ファイルを動作させてる Midi の演奏データはシームレスに Logic に入って来るのかと思ったら、どうもそうではないみたい...ちょっとメンドイか?と思い、Logic でスライス化したデータを演奏する方法はないか?と思ったら、Rex2 フォーマットのファイルなら Apple Loop のサンプルデータに変更するコマンドが Logic にあるのね!

 というわけで、フォーマット変換。これって aiff のフォーマットなのね。知りませんでした。aiff はテンポとオーディオをスライスしたカットポイントのデータを持ってるらしい....

 なので Logic でこの aiff ファイルを読み取らせると、テンポが変わっても演奏された。「あ、こりゃ楽だ!」なんて思って作業してたら、うまく再生されない場合がある事が判明。なぜかシンバル系のロングトーンが鳴ってる時に、背後で細かいスネアやキックが動くと、シンバルの音が分断されたみたいになっちゃう。この現象は余韻の長いタムでは起こらない。ちょうど、早いテンポのリズムスライスを、物凄く遅いテンポで再生した時みたいに、スライスとスライスの間がスカスカ切れたみたいな感じになってしまう...

 う~ん、どうしたもんか?と悩んでマニュアルを見たら、な~んだ、Rex2 ファイルを Logic 上の希望位置にドラッグするだけで再生できんじゃん!っと、この方法だと音が切れる現象は起こらなかった。ただし、このやり方で Rex2 ファイルを読み込んだ場合には Logic 上に単にスライスを順番に並べただけになるので、Reason のループプレイヤーの Dr.Rex とか Stylus でやるみたいに、スライスの順番を変えて違うフレーズにする時に、凄く難しい事になる。

 ま、私の今回の作業ではそんな事はしないので、関係ない。という事で、Rex2 ファイルをそのまま Logic にドラッグして使う事にしました。

 気合いがあったら、そのうち Stylus でもインストールしとくか...でも、これはこれでやれる事が多すぎてかえって混乱する事があるんですよね。中々選択が難しいのであった...

 ちなみに Stylus はこれね → 



困ったコピープロテクト

 ソフトのコピープロテクト問題はソフトのアップグレード時に大問題を起こす事がある。プロテクトはソフトによって認証の仕方がまちまちな上に、ちょっとしたアップグレードでもマスターディスクを求められる事がある。

 アップグレードやプロテクトはインターネット経由でチェックした上にマスターディスクがいるだの、ドングルがいるだの、そのドングルも iLook の時もありゃスタインバーグの時もあって、何がなんだか分からない状態...しかもコピーは2個まで作れるとかの制限があるソフトもあって、私のように時々デモをするために持ち出し用の HD に1つインストールしてたりすると、また混乱...

 音楽ソフトも5種類くらいまでなら、機械のすぐそばにディスクも並べておけるけど、20種類以上で、しかも大きなアップグレードがあったりして古いバージョンにしかない機能を部分的に使いたい場合で、さらにうちみたいにマシンルームにコンピューター本体がある場合には、もうお手上げです...

 昔は音色ソフトはプロテクトなんてなかったけど、最近は再生ソフトをバンドルでくっつけてるから、ますますプロテクトの数が増えるんだよねえ。

 なんとかならんでしょうかねえ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。