QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イケイケ Jasrac!

 こないだの blog にも書いた通り、公取の言う包括契約はそれなりの経緯があって成立している。それをいきなり変えるというのは至難の技で、公取も言うならもっと具体的な指針を出すべきだと思う。私は新規参入業者の実力不足が原因で参入できないのを親に言いつけてしかってもらいました、的にしか聞こえない。

 放送の包括排除の次はインターネットの包括契約に行くんじゃないかと思うんだけど、こっちの方が一般の人には直接関係ありそうに思う。もし包括じゃなくて、1曲ごとだったら、予算繰りが出来なくなるのでは?と思えてしょうがない。十把一絡げに包括=ドンブリ=極悪、という考えは通用しないと思うんだが、その辺はさらなる検討が必要だと思う。

 どっちにしても、本当に大変なのは放送局側で、正直「どうすんでしょ?」と思ってしまう。で、上記の通り、放送局についでインターネットの運営者も次に大変な目に遭うのでは?と思える。

 もちろん包括に関する疑問は著作権仲介法が変更になる時点から出ていた。私も包括=ドンブリだから良くないと最初は単純に考えていた。でも色々と考えると、事はそう簡単にはいかないというのに気づいた。で、新規参入とのバランスを取るための措置は、本来なら Jasrac ではなく文化庁が割って入って調整しておくべき問題だったと思う(あ、話がとんだな)が、ウ~~ム、私にも分からない、でもやっぱり包括の方が上手くいくように思う。

 もし公取が包括って言うより、新規参入組をなんとかしなさいという要素を強く出しているなら、Jasrac が包括契約で取得したお金をデータベースの資料を元に新規参入組に分配するって事になるだろうけど、これは一見新規参入組も公平に参入出来たかのように見えて、包括契約という点は何もクリアされていない上に、データベースを何十年もかけて作って来た Jasrac の努力はどうなんのよ?と思うわけですよ。

 で、Jasrac は徹底抗戦の構えである。OK!協力するぜ!でも若い世代の作家も抗戦に参加させましょうよ、と言いたい。今日の新聞に会長の船村さんが出てたけど、もっと30代とかも起用すべきだと思う。恐らく Jasrac の若い世代の会のメンバーも抗戦に参加するだろう。Jasrac 広報はもっと一般会員にも協力してもらうべきだ。

 ところで、今回の問題は公取が入った去年から全く別の意見が Jasrac に入っている音楽家からは出ている。

 それは Jasrac の理事長がプロパーの理事長になったからだ、という説。それまでの Jasrac 理事長は天下りだった。私は天下り=悪だとはすぐに決めつけられない。形として天下りになっても実力のある人はいると思うからだ。もちろん大半の天下りは新聞で言う所の天下りそのものではあると思うが、Jasrac については私の知っている範囲で小野清子氏以外は実力があったと思っている。

 だけど世間一般はそうは見てくれないので、文化庁出身者は理事長を外れるべきだろうと私も思っていた。まあ、一昨年の改選でこれが実現し、天下りはいなくなった。その途端に公取の調査が入ったわけだ。

 つまり、文化庁の後ろ盾が薄くなったから一発シメときましょ、と公取が動いた説。

 さらにもっと危ない説もあるが、書くと私がシメられそうだからやめときましょう。でもこれが本当なら、そのうち白日の下にさらされる日が来るかもしれない。

 いずれにしても加藤理事長頑張ってちょうだい!私は応援しまっせ!

続きの blog はこちら

スポンサーサイト


iTunes Store でまたまた見つけた!

 こないだ Tom Tom Club を見つけたんで、iTunes Store のネタは増えてるかも?と思い、ジャニス・イアンの「Love is Blind」を検索、ありました! →→→ Janis Ian - Best of Janis Ian - The Autobiography Collection - Love Is Blind

 これはですね、泣けます!!!もう涙腺ボロボロですよ!思い出もあって、多分最初に知ったのはテレビのテーマ曲として使われてた時。確か坂口良子主演で、白血病で死んじゃうんですよ。で、その後クロスウィンドに入ったらドラムのそうる透が坂口良子ファンで、二人して「泣ける!」と盛り上がったのでした。

 で、さらに泣ける話は、少し時間を戻るんだけど、私がまだ高校中退で16歳の頃にローランドの開発室に紛れ込み、その流れで神田商会(グレコやローランドの卸元)のスタジオに行くようになったんですよ。んで、神田商会はショールームとスタジオの他にギターのメンテルームを持ってたのね。多分、黎明期のギターテクニシャン達がそこで仕事をしてたんだと思うんだけど、ガキんちょだった私は、ちゃんとした音の出るギターをなんでまたばらして調整するんだ?と頭をかしげてたわけです。

 そのメンテルームのチーフに澤田さんって人がいて、ちょっとカッコ良いけど怖そうな気がしてたわけ。だけど、何度か通ってるうちにスタジオの機材チェックで「Love is blind」をかけてて「これがお気に入り」とか言ったんで、すっかり盛り上がり打ち解けたのでした。

 その頃、私はローランドの開発室と神田商会のスタジオのデモとかを引き受けてて、神田商会には1週間に1~2回のペースで行ってたわけ。ところが1週間くらい間を置いて神田商会に行ったら、澤田さんの机の上に白い花が飾ってあったんですよ。

 「え?どうしたの?」って聞いたら「澤田さん急に死んじゃったんだよ」って...え~~~!でしたよ。だってまだ若かったし、病弱にも見えなかったし...

 お葬式には行ったけど関係各社の役員や当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったゴダイゴのメンバーとかが列席してて、若造の私は「焼き場にも行ってくれる?」って聞かれて「私のような者が...」と思い、断ってしまったんですよ。あとになって凄い後悔したけど、時既に遅しでした。

 というわけで、思い出してもウルウル来ちゃいます。

「おくりびと」と初音ミク

 以前、超有名な作詞家の人(日本全国の人が最初の一小節聞いただけでみんな知ってる)が「もう年だし、あの世のための曲を作りたい」みたいな話で作詞をされた。確か霊柩車に乗って行け~!みたいな明るいあの世行きの内容って聞いたと思うんだけど、それに曲を付けてレコーディングをする人が見つからないという話だった。

 女性コーラスでやりたかったらしいんだけど、作曲側と事務所側では、そういう歌をうたってもらえる人がいない&何だか縁起悪いし、みたいなのがうまく行かない理由だった。

 私はたまたまその話を横で聞いていて「じゃあ初音ミクでやったらどうですか?」と言った。その時点ではまだ初音ミクは出たばっかりで、誰も知らなかった。かくいう私も海外の Vocaloid がどのくらいの再現性を持っているかは知ってたけど、日本語対応の初音ミクで、どこまでその作詞家の先生の歌詞を再現できるかが分からなかったし、そもそも私は別な会議の休憩時間に出た話に、ちょっと割って入っただけなんで、何か言う立場でもなかったんで、そのままになってしまった。

 で、おくりびとがヒットし、初音ミクもヒットしたんで、あの時点で初音ミクの霊柩車の歌(かどうか覚えてないが)を強引にレコーディングして出してれば、今になってそこそこ話題になったかもしれない。もったいない話です。

玉木さんのプログレ魂に火をつけに行く

 TPO の CD 化続編の打ち合わせで六本木のクリエイトサウンドへ。実は CANVAS という子供向けの教育関連団体の手伝いをしてるんだけど、そのコンテストの賞品にクリエイトが制作している「あらしのよるに」っていう本の作者のサイン入り本をお願いしてたんで、取りに行きつつだったんですよ。サイン本はセットで1冊ごとに異なるイラスト入りで、これってかなり貴重かも!

 で、ちょうどヴァイオリン&作編曲の玉木宏樹さんが打ち合わせをしたいって電話をくれたんで、クリエイトと事務所も近いし、帰りに、TPO の CD 発売元であるブリッジレコードのスタッフを玉木さんに紹介しておこうと、一緒に玉木さんの事務所に行ったのでした。

 ブリッジは再発をメインに手がけてるんで、玉木さんのタイムパラドックス2をCD化しましょうよ!と言ったのでした。タイムパラドックス2は1作目発表から数年後、FM 東京で放送されただけで、他では全然公表してなかったんだけど、私はラジオからエアチェックで録音してて、iPod に入れてるのね。内容的には前作よりバンド寄りで、もっとずっとプログレ色が強く、メチャかっこ良いのです。

 で、ブリッジの人に聞かせたら「いや、これカッコいいっす!」ってな話なんだけど、当の玉木さんは「覚えてはいるけど30年以上聞いてないぞ」って、それ放送した時以来聞いてないのでは?というわけで聞かせたら「オオ、これいいじゃん!」ってなこって「やっぱいいなプログレ」という話に...

 「久々に何かやってみようかなあ?」と言いつつもエレクトリックバイオリンは売っちゃてないそうな。でもかなり盛り上がって「何十年かぶりに立った」とどこが立ったのか分からない発言も...とにかく、純正律以外にも色々やって欲しいわけで、どうやらそれに火がついた様子!

 ブリッジの人もかなり気に入ってたみたいだし、私としては是非 CD 化して欲しいです。いや、ほんとおすすめっすよ!マジで上手い人が演奏すると、こうなるのか!って感じ。

 あ、それから本サイトの方の音楽業界用語辞典に玉木さんから話のあった、お金の額を音楽用語読みするのは誰が始めたのか?と「あーじゃくーぎょ」の2点を追加しておきました。

初音ミクをいじってみる

 TPO1 で AppleII の音声合成で歌をうたわしたわけだけど、最新の初音ミクはどんな感じ?と思っていまさら購入、いじってみた。

 ちょっといじった感じだと、単純にメロディーに歌詞を流し込むだけなら驚くほど進化している。ところが細かく追いつめようとすると、ぶつかる問題点は AppleII の頃とさほど変わってないんだなあ、と笑ってしまった。

 例えば M で始まるの発音がなんか「ムヮ~」みたいになっちゃうとか「ウ~」だったかの母音を伸ばしていると最後の方で別な母音に変化してっちゃうとか、子音での発音も S 系は結構うまく行くけど、なんだったかうまく行かないのも確か AppleII と同じだった記憶がある。

 多分、そういう発音って難しい問題を抱えてるんでしょうね。

 にしても細かくエディットして追いつめて行こうとすると、精神的に物凄くキツイ気がする。Yamaha 製のエディターがもうちょっと使いやすければ良いと思うんだが、どんなもんでしょうねえ?あと、コントロールのカーブはいい加減に書いても、ある程度内部で緩やかに処理されるみたいなんで、鉛筆ツールとかで出っ張りが出来ちゃってても結構問題ない。この辺はどのくらい大目に見てるのか?とか知りたい。

 ま、完成品は絵をつけないと誰も見向きもしてくれないだろうから、知り合いのイラストレーターにネタを提供してもらって公開でもするか?って感じです。ちなみにドプログレになってしまいますた...

ニッポンの蛸(タコ)!

 久々にシンセサイザープログラマー協会の hp を見てたら、ニュースに会員の作ったソフト「Japanese Tako」が発売と書かれていた。一時期、シンセサイザーでクジラと交信するだの、イルカの声を解析するだのとシンセ本の記事に出た事があったし、ケイトブッシュの「天使と小悪魔」(The kick inside)でもクジラの声が効果音で入ってたりしたから、「ついにタコの声も音ネタとして使う時代が来たのか!」と思ったわけですよ。

 「タコも知性を持つ」「タコは人間の友達」とか言って「タコを寿司で食べる日本人は野蛮人だ」とか言われてシーシェパードにウンチョ投げられたりするんだろうか?なんて結構妄想が膨れ上がったわけですが、なんのこたあない「i」が抜けた誤植で、日本のタイコが正解だったのであった...ちょっと残念。

 ちなみにケイトブッシュのアルバムと、日本のタコのスクリーンショットを以下に...


   日本のタコ




科学博のネタ購入&クインシージョーンズのアルバムを買う

 今日は父親の命日なのでお墓参りに行く。お墓は元町中華街からタクシーで10分くらいの所なんだけど、元町中華街の駅は改装工事をしている。なんかビルみたいになって、屋上から直接公園を抜けて港の見える丘公園とかに行けるようになるらしい。電車経由の観光スポットとしても得点高いんじゃないだろうか?反対側に出ればもうすぐ改装が終了するマリンタワーや山下公園に中華街と横浜に住んでいても気持ちの良いエリアがまとまっている。

 昔はバンドの練習に、元町で楽器屋やってる友達の家の練習室とかを占領してて、元町とか港でイベントがあると、そこに勝手に泊まり込んで観光してる凄い奴もいました(私はそこまでやってません。でも店の楽器で勝手に練習してました)。

 で、例のごとくお参り5分に買い物3時間コース。今日はワールドポーターズへ。建物手前の緑地地帯は開港150周年のイベント用に整地してました。

 ワールドポーターズでは駄菓子屋みたいな所に行ってウロウロ...ここ凄く広いので面白いっすよ。サンダーバードのイラスト入りプラスティックカップが1個2100円。でも何個もあって全部欲しくなりそうなので、見ないふり...サンスター子供歯磨きとか色々あった。うちの母親は鰐淵晴子さんの小さい頃のブロマイドに見入っていた。うちの父親は鰐淵さんのお父さんの弟子で、両親の結婚式には子供アイドルだった頃の鰐淵晴子さんも来てて、写真見るとホントに美少女!

 私は科学万博の電車チケットをゲット!科学博は TPO の CD の続編が出る可能性があるので、ネタを買っとけば何かの役に立つかもしれないし、自分でも懐かしいしね。値段も2つで1000円チョイだったんで買いました(下の写真)。


expo1.jpg expo2.jpg


 その後、横浜駅に移動。hmv とタワーに TPO の CD があるかチェック!hmv は1枚、タワーは3枚ありました。で、ウロウロしてたらクインシージョーンズのアルバム「メロウ・マッドネス」発見!これは昔、Tryin' to find out about you をバンドでコピーしてたんだけど、どのアルバムに入ってるか分かんなかったんですよ。で CD 買おうにもクインシーのって意外と全種類置いてる所が無くて、物凄く探してたのでした!

 で Tryin'~ はブラザーズジョンソンのギター/ベースとハービーメイスンのドラムがメチャカッコ良いので、フュージョン系をやる人は必聴ね!解説にはチョッパーベースがスラッピンベースになっている。最近ではこう呼ぶのか?確かにサンプラーの音ネタではそういう表記だけど、バンドやってるとチョッパーベースって言ってたけど...頑固な人はサムピッキング奏法と呼んでたり、後藤次利のイギリス評にはフラメンコスタイルの奏法とか凄い事書いてあったな。で正式にはなんて言うんですかねえ?

 ちなみにコピーバンドの頃のベースとドラムはその後スクエアに入ったりとかしたのでした。

 あ、そういや TPO の状況チェック行ったはずなのに、いつの間にか CD 買ってたな<私






公取が正しいのか?

 Jasrac の件で公取が入った話を書いたけど、今度はコンビニ。Jasrac の件もコンビニの件もそれなりの理由があって現状になって来たという経緯を無視してイチャモンをつけているようにしか思えない。公取は少し前までは、問題点があった場合、事前に問題点の指摘を行い、それに従わなかった場合に調査に入るようなシステムになっていたそうだ。ところが数年前に法律が改正され、突如手入れが出来るシステムになったんだそうだ。

 その結果がこういう事?で、これって独裁制じゃないの?日本は公取が取り締まるってか?次はどこだろう?多分見せしめがあるはずだ、公取に逆らうなって。

 CD とか本はどうなんだろう?再販価格の維持は著作物に対して公取が良しとしている。ところが実際にはインターネットのショップで堂々と値引き価格で売ってたり、ポイントがついたりしている。これって公取様の言いつけを遵守していると言えるのだろうか?

フィルムスの青春な思い出

 TPO と同時発売のフィルムスも amazon で品切れを起こし、かつランクも上がって来た。

 その昔、フィルムスの岩ちゃんとは TPO の解説にもある通り、ローランドで知り合った。その後、ローランドの会報を作っていた人がキーボードマガジンの初代編集長になり、私も原稿を書くようになり、岩ちゃんも引っぱりこんだ。

 私も遅筆だったが、原稿を持って編集部に行くと、岩ちゃんはその場でまだ原稿を書いている。編集長が「岩ちゃん、あと3時間で書けないと原稿落ちるんだよね」と言ってるのに「岩ちゃんは~、カツ丼食べないと原稿書けない~」と言っていた。おかげでキーマガの編集後記に「マカオのオカマ」と書かれていた。

 さてそんな岩ちゃんが親戚一同にも顔向けできるデビューとなったわけだ。フィルムスのお披露目ライブは六本木のクライマックスっていう当時としては最新のディスコで行われた記憶がある。

 で、このライブに当時知り合ったばかりの日本と北朝鮮のハーフのバイオリニストを連れてったのである。この組み合わせのハーフって珍しいと思うけど、まあ一目見て周囲の人も振り返るような美人だったわけだな、これが...

 彼女がポップスも勉強したがっている、というのを聞きつけ「フィルムスっていうバンドが~、僕の友達で~」とか言って、まんまと誘い出しに成功した。

 ライブは良い雰囲気で見終わり、周囲にいた関係者にも「安西君、良い雰囲気だったよ」なんて言われて、いい気になり、今度は当時知り合って間もなかったクロスウィンドのドラム、そうる透が参加する「東京おとぼけキャッツ」に何も知らずに彼女を誘ってしまったのだった。

 「まあ、ちょっとコミカルな演奏するバンド?」くらいに思って行ったら、いきなり「京都~にいた時にゃ~、京子~と呼ばれたの~」「青島にいた時にゃ~、ちん子~と呼ばれたの~」「青梅にいた時にゃ~」(以下略)とか、「おめーこーのごろ少し変」「うん、こーのごろ少し変」「おめーこ」「うんーこ」となり、とどめはスティビーワンダーの座頭市ギャグで彼女は怒って帰ってしまったのであった。

 もちろんふられたわけだが、翌週にはバイオリニストの玉木さんを始めとする周辺スタッフには情報が行き渡っていた事は言うまでもない事実である。

 こうして、ハーフのねーちゃんとつきあう計画はもろくも崩れ去ったのであった。フィルムスでとめとけば良かった...

みんな気になるバレンタインチョコ!

 TPO1 の発売に合わせて blog に解析プログラムを入れてみた。で、クリックされているタイトルを見ると「チョコゲット~!」の記事を見てる人が多い。みんな気になるのだな。

 いや~、ありがたくいただいたもんで、まだ食べてません。賞味期限過ぎちゃったりしてね...バンドやってる頃は随分もらいましたよね。あとシンセの学校の講師の頃とかも...昔は今みたいに過熱気味ではなかったけど。

 とりみきの漫画に、バレンタインのチョコ貰えない人への救世軍の慈善チョコのネタとか良くでて来るんだけど、インドじゃ過激派が「軟弱な西洋文明に~!」ってテロを仕掛けてるらしいですね。でも、バレンタインを恋人のイベントとして定着させちゃったのって、日本のチョコ業界なのでは?なので、そのうち襲撃を受けたりして...

 無駄とか騒がれてはいるけど、やっぱ貰うと嬉しいっすよね。お返しはやっぱ酒か???

TPO1 追加プレス決定!

 思わぬ快進撃が続いている TPO1 の CD ですが、売れ行き好調、在庫切れ続発につき、発売2日目にして再プレスが決定したそうです。驚き!





TPO のまとめサイト

 TPO 関係者の女性が TPO の情報をまとめた blog を作ってくれました。タワレコとかに状況チェックに行った写真が載ってるんだけど、随分力を入れてくれてるみたいです。私は一昨日、2階しかみなかったけど、なんと1階にも試聴コーナーがあったとは...

 というわけで、以下のサイトです。

TPO 発売まとめサイト


 陳列されている下側に加藤和彦さんも並んでますが、1984年頃の加藤さんのアルバムって実は私がフェアライトでお手伝いしてんすよね。たぶんクレジットには載ってないと思うけどね。

 他にもちょい参加してるのはチューリップとか色々あった。あと、近藤真彦の手タレなんてのもあったな。天野氏が安請け合いしたら、時間が足りなくなっちゃって、斉藤ネコが犠牲者になったんだけど、撮影が深夜に及んでしまい、斉藤君も時間切れで、最後は私が行って、結局私の手が採用になったのであった(笑)。

体調崩して大ヒンシュク!

 今日は Jasrac の評議員会だったんだけど、体調を崩して欠席してしまった。一昨日、渋谷に出た帰りに京浜東北線かなんかがトラブルで不通になり、その人たちが東横線に振替で来てしまったため、帰りの電車が大混乱だったんですよ。それ知らないでコート来たまま電車に乗ったらギュウギュ詰め!むちゃくちゃ暑くてクラクラ!電車から降りたらメチャ寒くて今度は震えあがり、喫茶店に入って評議員会での発言項目をポメラで打ってたら、また暑くなり、喫茶店から出たら更に寒くなってて...

 で、昨日の夜中、体が重くて動けなくなり、こりゃヤバイ状態に!結局、発言資料を関係者に送り代理で発言していただく事に...

 本当は、公取問題で言いたい事が山のようにあったのに!!!公取問題は Jasrac は見解出さなすぎ!見解を出さないから Jasrac が悪者になっちゃってる。実際対処が遅れたのは事実だけど、細かい点を言えばこないだ blog に書いた通り Jasrac だけが責められるのはいかがなものか?と考えざるを得ない。

 Jasrac は広報が下手な上に、殴られ慣れすぎている。いわば音楽界のサンドバッグを買って出ている。インターネットで語られる Jasrac の悪口もかなりは Jasrac とは関係ないケースなんですよ。だけど、文句をつける主体がミュージシャンだったり、レコード会社だったりすると、ユーザーに印象が悪いんで、Jasrac が肩代わりしているケースがかなりあるわけ。

 それでも最近はレコ協が訴訟を起こすようになったから、大分前進したと思います。今までなら、こんなのも Jasrac が肩代わりしてたわけ。でもレコ協なんかだと、複数の団体の集合体で具体的な内容が見えにくいから攻撃しにくい。なので、攻撃しやすい Jasrac がサンドバッグになるってわけです。

 とまあ、そんなわけなんだけど、明日あたり誰かに電話して状況を聞かなければなりませんね。

Amazon で在庫切れ!

 TPO1 の CD は Amazon で在庫切れとなりました!待たされるとなると、他で買う人もいるだろうから、順位が落ちる?かな...

 今日はわりとコンスタントにインディーズのロックで2位をキープしてたんだが...ま、売れてるって事は良い事だよね。25年前とは大違いです。

 Amazon の在庫がないってだけで、メーカー在庫はあるだろうからすぐに補充されるでしょうて。

 明日はいよいよ公式な発売日です!

すでに店頭に並んでました

 今日、打ち合わせで渋谷に出たんで、帰りにタワレコに行ってみたところ、すでに店頭に CDが並んでいた。試聴機の横に解説入りで陳列されていた。果たして売れるのか???

 でも amazon で時々、順位が上に来る事がある。昨日から見ていて、インディーズ全体で4位、インディーズロックで3位に何度かなっていた。

 あのレコードバージョンのジャケットは発売当時、正直「どうよこれ?」と思ったけど、今見ると目立って良いです。見つけるには絶好のデザイン、ただ今でも買うのはちょっと恥ずかしいのでは?と思いますが...

 というわけで、写真撮って来ました!


09Feb16TowerShibuya.jpg

2つのビデオを一緒にしてみた

 昨日のドラムを追加されたメープル・リーフ・ラグに、今度は私の元演奏を合成した動画を作ってみました。ただ単に画面の2カ所に動画を配置しただけだけど、結構二人で演奏してるように見えてオカシイと思いません?




チョコレートげっと~!

 某売れっ子作詞家女子(ゴスロリ系)から高級チョコもらい~!

 そんだけです...

オンラインデュオ!

 以前、私が YouTube に投稿した Maple leaf rag にドラムを付けて演奏したバージョンがアップされた。中々笑えるのでチェックして下さいな!

 当然ドンカマとかなしで、私の演奏に強引にドラムを合わせてるわけです。





TPO ってもしかして少しは売れてるんでないかい?

 Amazon の売り上げを見てると TPO1 の CD は J-Pop のチャートで100位以内に入っている。これって売れてるって事だろうか?ほとんどノンプロモーションなのに、メジャー様の売り上げを喰ってしまっては申し訳ないと思うのだが...

 で、ですね、なんか発売元のブリッジからのメールだとインストアイベントがトーク&サイン会&握手会って書いてあるんですけど???本気っすか???私なら私のサインなんか欲しくないし、ましてや握手なんてしたくないですぜ!!!

 これはもしかして、一緒に出る Films の赤城忠治さんがスゲー人気あって、私はカッコ悪く後ろで薄ら笑うパターンなのか?そうなのか?

 サイン会&握手会、経験ありますよ!楳図かずお&スーパーポリスで...

 TPO で歌ってる真美ちゃんを呼んだ方がいいんじゃねえか?真美ちゃんなら NHK のジャパノロジーにも出てたし、CNN のキャスターだったし、Mr.Bean の通訳だったし...どだ、みんなもその方がいいだろう?!

 サイン会&握手会がコピペミスでありますように。あ、でも赤城さんが人気あんならいっか...トーク終わったら逃げ出そっと!

 そいから Wired Japan にインタビューが載ってます

 濃くなり過ぎて2回に分けての連載です。

 あと、TPO1 の CD が早い店では明日から店頭に並び始めるそうです。東京、新宿のタワレコにはポップかなんかも付くみたい。あと、試聴機にも入れてもらってるらしいっす!

 では再び宣伝!





マントラのトワイライトゾーンってアウターリミッツなのでは?

 iTunes ストアを見てたら80年代ヒットが結構増えていた。以前はなかった Tom Tom Club のオシャレ魔女とかあったんでフルアルバムで買ってしまった。iTS が始まってから1曲ずつ買う事が多くなったけど、アルバム通して聞くのもまた良いもんだなあと思った。

 私がスタジオに飾ってるジェームス・リジーの絵も、Tom Tom Club のジャケットイラストが気に入ってて、NY行った時に友達が持ってて、その画廊に連れてってもらった買ったんですよ。ちょっと色が悪いけど↓ね。

RizzUp.jpg


 で、マンハッタントランスファーのトワイライトゾーンがあったんで買った。これはほんとヒットしたよね。今聞いても凄く気持ち良い!ピッチ修正しなくてもこのぐらい歌えるんだぜ!とか思うわけですよ。

 んで、このトライライトゾーンなんだけど、バッキングに出て来るギターのフレーズは良いんだけど、シンセの女性ボイスっぽい音で出て来るメロディーの主題ってトワイライトゾーンじゃなくて、アウターリミッツなんじゃなかろうか???私も小さい頃に見てたんで、両番組のテーマがゴッチャになってるんすよ。おまけに日本タイトルはトワイライト~がミステリーゾーンでアウターリミッツがウルトラゾーンだったからますます混乱...

 でも実は私もアウターリミッツのメロディーがトワイライトゾーンのテーマだと10年くらい前まで思ってたんですよ。ただアウターリミッツのメロを女性ボーカルのソロがやってて背景にストリングスセクションがいる音楽に記憶があるんだけど、これが何なんだか分からない!サントラも買ったし、どう考えても海賊盤としか思えないのも買った(でも天下のスミヤが海賊盤を置くとも思えんのだが)んだけど、やっぱり分からない...う~む...

Uno は iPhone でやる方が良い

 ここんとこ iPhone のゲームで UNO をやっている。ご存知の方も多いと思うけど、UNO はカードゲームで色が4色あり、順番に同じ色を出して行くか、場に出されたカードと同じ番号の違う色を出す事が出来る。カードは他に、出す順番の回り方を逆にするカード、次の人の順番を飛ばすカード、次の人に強制的に2枚または4枚引かせるカード、色を変えるカードがある。

 この手のゲームは人間同士でやってると「お前ね、そういう事する???」みたいに人間関係の悪化が懸念されるわけだけど、iPhone 版のゲームで拡張ルールってのがあり、これを人間同士でやったら、友達同士なら友情崩壊、恋人同士なら破局、場合によっては殺人事件に発展すると思う。

 そのルールは、次の順番の人に2枚または4枚取らせるカードを出した時に、次の人が同じ種類のカードを持っていた場合、そのカードを出す。すると更に次ぎの順番の人はその倍の枚数のカードを取らなければならない。また更にその次の人も同様にカードを持っているとまたしてもカードが増える。4枚取るカードが3回続けて出されると、4人でやっていた場合、自分から見て反対隣の人は計12枚引かされる事になる。

 「お前らね~、それやる?友達だろ?」となりそう。これが累積ルール。

 ところがこれをくつがえす極悪ルールが0-7ルール。

 0を出すと回っている順番に一人ずつ隣の人と全カードを交換しなければならない。当然交換した相手には自分が持っていたカードが何か分かってしまう。

 さらに極悪なのが7のカード。この場合、出すと自分が指定した人とカードをまるごと入れ替える事が出来る。これはもう傷害事件クラスの大げんかになる事は間違いない。

 つまり、+4のカードが3回あって元々5枚持ってた所へ12枚取らされ、計17枚になってた奴が、残りあと1枚で UNO!って宣言した奴と「はい7ね。じゃカード交換」となるわけである。

 iPhone でコンピューター相手にやってても「そりゃねーだろ、コンピューターのくせに生意気な野郎だ!」とか思うんだから、生身の人間相手じゃ正気でいられるわけがない。

 同様の理由でボンバーマンとか桃鉄も平和な家族の1ページに暗い過去を刻むであろうと思うのですよ。

 そういや昔、業界桃鉄集会をやると大体フジパシの奴がカモられたんだよね。勝つのは大概Vapのディレクターだったな。

中国のイベントで荷物遅れる

 レゴの部品を海外に発注してるわけだけど、大体は1週間あると届いて来る。ところが2月初旬に向こうのステータスが shipping になった荷物複数がまだ一つも届かない。

 新聞を見たら、中国のフェスタみたいのがあるらしいんだけど、思い出したのがこの時期、アメリカの国際貨物は遅れるのだった。大分前だけど、こっちから送ったんだか、向こうから送ってもらうんだか忘れたけど、凄く時間がかかった事があった。そこであちこち確認したところ、ロスの空港が中国のフェスタに使うチキンでオーバーフローしてて荷物の集配が滞りまくっている、と現地から報告が入った。

 なので、今回のレゴもこのゴチャゴチャに紛れた上に日本も休日が入ったりするんで、遅れてるんだろうと思われます。ちょうど、待ちの間に原稿書きを頼まれたんで、そっちをやってるんだけど、時間が余ってるから濃ゆ~~~い原稿になってしまいそうです。

 いや、私の原稿はいつも濃いんだけどさ!

 あ、濃いと言えば、こないだの六本木の打ち合わせは私より年上の人が多かったんだけど、iPhone とか見せながら何かの写真で「これ濃いですよね」とか言ったら「どういう意味ですか?」と聞かれて説明に苦しんだのであった。濃い...どう説明すりゃ良いんだ?

 あと、みんな iPhone は知っててもいじった事なかったんで、得意気に色々見せてたら間違って電話かけちゃいました。かかっちゃった相手が元NHKの歌のお姉さんだったので大笑いであった...すいません>エリお姉さん...

ドラムの藤井さんが亡くなった

 Kyrie のアルバムのライブの時にドラムを叩いてくれた藤井ショージさんが亡くなった。結構突然らしいけど、お酒飲み過ぎ状態ではあった。ちょっと前に渋谷のライブハウスのブッキングで新しいバンドとか探してるから誰かいたら紹介してね、なんて電話がかかってきたりしてたし、先月はライブとかもあったみたいだし...

 やっぱ深酒は注意しないと...若い頃からの不摂生が溜まった音楽関係者は50歳前後がひとつのポイントみたい。私の周辺でも肝臓やられてる人は結構多い。特にライブが多い人は打ち上げで飲んじゃうから多いような気がする。スタジオ系の人は今の所みんな元気。


P1010318.jpgライブの控え室にて、一番左がショーちゃん


青山ブックセンターが面白くなってた

 今日は六本木へ。打ち合わせの帰りに漫画の本でも買うべえと思い、青山ブックセンターのちょっと溜池よりの本屋に行ったらビルごとやってなかった。日曜の夜6時にビルごとクローズ???しかも交差点のすぐ横なのに???

 と謎を残しつつ青山ブックセンターへ...ここ、確か潰れたかなんかして品揃えが全然変わって面白くなくなってたんで、内心「しょーがねーな」と思って入ったら、店内が変わっていた。3階のコーナーに行ったら再び面白い品揃えに変わっていた。物理&iPS 細胞系とか充実してました。シュレディンガーの本とか宇宙関連本に心動いたけど、迷ってるうちに全部欲しくなってしまい、次回の打ち合わせの時に買う事にして退散...危険な本屋だ!

 例によって渋谷まで歩こうかと思ったけど、立ってられないほど風が強い上に冷たい!ということで、六本木から地下鉄に乗ったら武蔵小杉どまりだった。ご飯食べたかったので、久々に自由が丘に出てみた。実は昔から行こうと思いつつ20年以上入っていなかったバターフィールドってアメリカンな雰囲気の店があったので、そこへ行ってみた。

 店内アメリカンだけど BGM が静かで居心地よし!チリ&コーンにアンチョビのピザを頼み飲み物はルートビア!いい組み合わせである。辛くて美味しかった!次回も行くぞ!

 帰りに中学生の頃にフラフラしてた時に行った店とか残ってんのかな?と思ってウロウロとしてみた。スタバのある一本裏手の通りの角にあるカスタネットっていうレストランはまだあった。そこを曲がった所にあったドッグ&キャッツ(通称イヌネコ)って喫茶店はなくなってた。イヌネコは田園調布双葉の子が来るぞ!という噂が流れ、学校の帰りによく行ったもんだが、そんなお嬢さん学校の子が来るわけないよな。

 さらに昔は昼間から酔っぱらいが寝てて危険だった丸井へ抜ける通り(本屋の横)の喫茶店の六文銭があるかと思ったらまだあった!!!六文銭って名前だからやっぱ小室等のフォーク系に由来した店だよね?

 あと、わりと大きなおもちゃ屋だったマミーはなくなってました。

 さらに駅横の東急のビルは一階の東急ストアも4階の本屋もCD屋もなくなってた...中学生時代はここのCD屋(当時はレコード屋だったわけだが)で、渡辺貞夫のジャズスタディとかモード練習本とか買いました。

 15年くらい前にテレビで変なオジサン特集やってた時に、UFOと交信できるオジサンが出て来て、このビルの階段の突き当たりの壁は宇宙に抜けられると力説していたが、今日はビル周辺に宇宙人らしき姿は見当たらなかった。残念。


 あ、CDもうすぐ発売だから、また宣伝貼っとこ!





パチンコやり過ぎて手が痛い

 パチンコやり過ぎて手が痛い!というタイトルですが、本物のパチンコじゃありません。iPhone のニセパチンコね。

 どうって事ない、昔のチューリップが付いてるパチンコで、自動じゃなくて手打ち!もちろん iPhone の画面に表示されたレバーを動かすわけなんだけど、左手で本体を支え、右手で一発ずつレバーを動かしてると段々と手がダルくなって来る。

 疲れると体勢を変えて更に続ける。ほとんど猿のタマネギ皮むき状態。ボ~~~~っとしながらやってたら現在玉の獲得数は57000発!

 そうえいば昔パチンコ行った時も、ずーっとうちで仕事してボケ~~っとしたくて通ってたんだな。あの頃は今みたいにギャンブル性が高くなかったから、ノンビリやれたんですよね。今じゃ息抜きに通うようなもんじゃなくなっちゃったからねえ。もうここ5年くらいは行ってないですね。

 昔のお気に入りの台はアラジンとか言う奴で、真ん中に入ると、その両サイドにある岩が開閉を繰り返す。で、岩が開いてる状態でその間を玉が落ちて左右斜めの穴に入ると開閉が止まっちゃうんだけど、真下の穴に落ちているか、岩が閉じた状態で穴に入ってる限り、永遠に岩の開閉が繰り替えされる。

 ラッキーなケースは岩が開いて斜め下の穴に玉が入って止まる瞬間に開いた岩の外側から玉が一発入って、停止した開閉が再びスタートする場合。こうなるともう嬉しくて!

 この台の前後くらいから戦闘機の羽が開いて玉が入るパターンのが増え出して来て、段々興味なくなってっちゃったんですな。

 そういや昔は、真ん中にブラウン管ディスプレイが入ってて、真ん中に玉が入るとスペースインベーダーもどきが始まるなんて台もあったな。

 というわけで、99999発を越えたらカウンターは0になるのか?それとも更にもう一桁上があるのか?に挑戦ですね。

Jasrac の包括契約

 Jasrac に公取委が入り、是正を要請した旨がニュースに出ていた。放送使用の包括契約についてなんだけど、要するに放送局の年間予算から予め規定の%の支払いを受け、それを利用報告に準じて分配してるわけ。この利用報告がサンプリング調査だったため、過去随分叩かれたし、私が Jasrac であーだこーだ言っていたのもこの辺だった。

 ただし、利用報告のデータ化は Jasrac だけでなく放送局もデータ管理を共通フォーマットで行う必要があり、結局10年近くかかってしまった。ただ扱い曲数は億単位で尋常じゃあない。多くの人は「そんなのコンピューターでやれば簡単だろ」と思うだろうけど、実は事態はそう簡単ではない。例えば「愛はすべて」って曲があったとして、利用報告を間違えて「愛がすべて」と出してしまうと、もうそれだけで分からなくなる。「そんなのコンピューターで管理してんだろう」と思うだろう。確かに...ところが現場の混乱は結構大変で、例えば夜6時半~9時の特番の放送が始まった段階で現場では8時半あたりに放送する部分の BGM 仕込みをまだやってたりする。こういうケースで登録楽曲の確認なんて言ってるより、音先行させないと番組のケツで音が無くなっちゃうなんて事もある。

 まあ、とにかく色々な理由はあるにせよ、年間で微妙にタイトル名が違って確定できない曲は100万曲くらいはあり、これを全部手作業で探してるわけ。

 それでも、とにかくサンプリング調査をしないで電子報告を受けられるシステムはほぼ完成に近づいている。

 で、包括契約だけど、私が疑問に思うのは、包括でなく1曲ずつお金を払いますってやったら問題が発生するんじゃないだろうか?という事。

 例えば1ヶ月の最初の3週間にある映画がヒットして、そのサントラがやたら使われたとする。で、このサントラが著作権保護期間を過ぎた PD 曲だったとする。この場合、最初の3週間は楽曲使用料の支出は減るはずだ。だけど最後の1週に大物俳優が死んだとする。で、その代表曲が物凄い量流れたとする。今度は最初の3週間と打って変わって使用料の支払いが発生する。こう考えると、包括契約になってないと放送局はうまく予算ぐりできるのかな?と思ってしまう。

 包括契約=ドンブリ勘定=悪、と決めつけてしまうのは簡単だけど、そんなに単純に行けるんだろうか???

 あと、包括契約のせいで他の著作権団体の参入が、って言うけど、別に Jasrac がそれを盾に取って参入を妨害するとは思えない。自由競争なんだから、他社も気合い入れて交渉しないのか?と思ってしまう。Jasrac が現時点の包括契約の条項までこぎ着けたのは何十年という歳月がかかってるわけで、それを参入して数年の新規業者が出来ないからといって、不公平という方が不公平なんじゃなかろうか?と思えてしまうんだよね。

 実は私は試験的に支分権を他の著作権団体に預けてみた。彼らいわく「音楽は預かったら使ってもらってナンボのもんだから、うちは積極的に対外交渉する」との事だった。これはありだと思った。だけど結果は全然ダメ。100歩譲って放送は Jasrac のせい、としよう。ではインターネットはどうなの?という話になるんだけど、Yamaha がやってた音楽配信サービスはコピー曲でもヤマハが使用料を払ってくれるんでアップできるという太っ腹だった。ところが、ここで使用できる曲は Jasrac 扱いの曲だけで、新規参入した著作権管理団体の曲は使えない、という事になってしまった。

 正直、インターネットの新規事業の音楽配信の交渉すら出来ないんじゃ、管理団体の意味あるんすか?と思う。

 話があちこちに飛んだ感があるけど、Jasrac が他の事業者の分の利用報告書も受け取ってそれを該当団体に分配せよ、というのが公取委の意見らしい。これは既に以前、話が出ていたんで多分やれるだろう。ただし、現時点でそこから分配される曲のお値段たるや...なのである。したがって、今度は他の団体がもっと強力な楽曲管理しないと、多分ダメじゃん、みたいな事になると思う。

 だけど Jasrac が作った管理システムで競合他社の為の分配をするってのも、なんだか逆に自由競争が阻害されてるような気がしてしょうがない。この事は映像に関する音楽の使用データベースでもあった。確か3年くらい前に総会で「他の業者の為の分配データベースを Jasrac が整備してあげる必要があるの?」という質問をした覚えがあるんだけど、今度は同業者のオシメを変えてあげるのかよ?と思ってしまうのでした。

プロモーションビデオ第2弾!

っつ~こって、TPO1 プロモーションビデオの第2弾!




次は操縦室作成

 飛行機の機内は大体デザインが決まり、海外に部品も発注した。次は操縦室の制作。一番の問題は雰囲気にピッタリの窓材料があるかどうか?レゴのデータベースで調べると、いくつかあるんだけど、どれが適当か?は実物を見ないと分からない。

 候補は3つあって、サイズの大きいのは販売年代が古い。したがって used しか流通していない。これが結構ポイントで、普通の部品なら new でも used でも、まあなんとかなる。ところがクリア系の部品は used だと擦り傷が多くて部品の向こう側が全く見えないケースもある。この辺は窓として外が見えるシーンに使うには致命的なんだけど、場合によってはちょっとした傷程度で済むかもしれない...

 というわけで、当たるも八卦で一か八かで発注をかけるしかない。おまけに相手国がユーロ扱いだったりすると、レゴのマーケットプレイスはドル建てでしか表示されないので、そのショップが決めたレートでユーロ<>ドルを計算する。当然日本で買うにはそれがドル<>円に変換されるわけで、煩わしい事この上ない!

 去年の夏くらいだったか、今みたいにレートが円にとって有利じゃない時にヨーロッパから大量買いをしたら、ドル建ての1.5倍~1.8倍くらいの価格になってしまい、ショックを受けた事がある。今は大分良いみたいだけど...っつ~か、レアなパーツになるとそんな事に文句言ってる場合じゃないんだよねえ...

 なんだかんだ言ってレゴだけで何百万もお金を注ぎ込んでます...

インストアライブ

 ということで TPO1 発売に合わせ、3月下旬に渋谷の某所にてインストアライブをやる事になりそうです。同日発売の Films の赤城さんと一緒って事のようで、何をやるかは未定だけど、演奏はなしだと思います。


     



火山灰!

 昼にスタジオに入ろうとして外のドアを見たら、ドアノブに白い粉のような物がうっすらと付いていた。花粉かな?とも思ったけど、花粉の時期じゃないし、はっきり目で見て分かるくらい積もってたら花粉症とか出そうだし、謎だった。

 夕刊を見たら浅間山が噴火したそうで、その火山灰が風に乗って東京方面でも観測されたって書いてあったんで、恐らくドアノブの白い粉も火山灰だったんだろうと思う。そういえば、随分前だけどやっぱりどっかの山が噴火した時は、妙に硫黄みたいな臭いがしていた事がある。その時も距離は相当離れていたはずなのに、横浜でも明らかに変化が分かった。

 そう考えると中国の公害とか日本にも相当越境して来てるんだろうなあと思う。エチゼンクラゲは医療用に道が開けそうだから良かったけど、中国の汚染された空気じゃ二次利用できないだろうねえ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。