QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年末の新横浜

 年末年始の買い出しに新横浜に行った。例によってイカリスーパーで色々購入。その後、レゴムービーの脚本を考えるのに喫茶店に入ろうと思ったら、どこも長蛇の列。ラーメン博物館の方にあるスタバに行ったらなんとかあいていた。

 で、帰りに再び新横浜の駅構内に戻って来たら大混乱!さすが年末と思ったんだけど、ちょっと尋常じゃない混乱。改札周辺にグッタリ座り込む人とか、駅に入る階段にも座り込んでる人がいた。なんかあったな、と思って表示板を見たら人身事故らしい。この年末にこれはキビシイだろうねえ。と人ごとのよう。

 私は横浜生まれの横浜育ちなんで、田舎ってのがない。なので小さい頃、お盆やお正月に田舎に帰るって友達とかが言うと不思議でしょうがなかった。まったく理解不能で頭真っ白状態。これは小学校の高学年になって、やっと本当の意味が理解できた。

 もし自分に田舎があって、今みたいにコンピューターと輸送体制が発達したら、音楽制作やムービー制作は田舎に帰ってやるかなあ?と思う。音楽制作は仕事を取って来るという問題がなければ制作そのものは田舎でも問題ないと思う。

 ムービー制作は微妙で、撮影そのものは全然問題ない。レゴの素材もインターネットで買うから平気。問題なのはトリック撮影に使う素材。これは東急ハンズに頼るしかない。

 という問題があるんだけど、撮影が全部終了したら編集はコンピューターがあればOKなんで、その段階になったら田舎に行くだろうと思う。実際問題、今の状況でもリゾートホテルとかを長期で借りて作業しようかと思ってます。
スポンサーサイト


キョーレツな火の用心

 夜7時頃だったか、窓際に座っていたら、外から拡声器で女性のカナキリ声と子供達の大騒ぎが聞こえて来た。凶悪犯が民家にたてこもったか?と思い、聞き耳を立てていると、どうやら歳末は火の始末に注意しましょう!みたいなフレーズをウルトラハイテンションな女の子が叫び、その後をついで男子生徒がそうだぞ~!とか、ワオ~~~!とかほとんど関係ない事を周囲でギャーギャー騒いでいるのが全部拡声器で増幅され、それが周辺にまき散らされたらしい。

 5分ほどして、ピー、ガギー、ボピーーー、ヒギャーと物凄いハウリングが鳴ったと思ったら突然音が止まった。きっと周囲の大人か学校の先生が止めに入ったんだろう。中々凄い状態だったが、数分後、何事もなかったかのような消防署の防災フレーズを鳴らす車が町内を回り出した。

 集団の小学生男子の躁状態は中々凄いですからな。

 で、TPO1 のプロモビデオをアップしました。以下のような感じ。第2弾を作る気力が残ってたら、またやります。




iPhone の産経新聞が良い!

 iPhone のソフトで産経新聞を無料で見られるのがある。試しに入れてみたんだけど、これが良い!新聞をまるまる全部 iPhone に入れられる。指で画面をなでながら見るわけだけど、これが全然問題なし。

 新聞はレイアウトによって、記事の重要性とか、記事に関連した解説とかが分かりやすく、ヤフーとかに出て来る新聞記事よりも断然理解力が高まる。持ち運びが出来る以外に、余計なチラシ広告がないってのもポイントが高い。

 有料になっても買うかどうか?は各社が同様の物を出して来た時に内容によって選ぶ事になるだろうけど、雑誌広告なんかも載ってるからその広告料と印刷代や配布の人件費がかからなくなったのを加味した時にどのくらいの値段になるのか?が興味深い。

 とにかく散歩とか行って、喫茶店で新聞が読めるのはありがたい。喫茶店で新聞広げるのってなんかオヤジっくさくて嫌だったんだけど、これだったら OK です。

 なるほど、これなら電子書籍ってのもありなんだな、と思って他の電子コミックだのもチェックしようと思って見に行ったんだけど、全部 Flash プレイヤーが必要なので iPhone では見られない。電子書籍はパソコンで見ようとは全く思わないけど、iPhone なら買う可能性もある。だけど、4コマ漫画ものはレンタルなので、時間がたつと読めなくなる。これだったら買わないだろうな。私は所有したいんだよね。

 1月初旬の Apple の発表で何があるのか?なにか電子書籍に対する新しいアプローチがある事を期待したいっす!

YouTube 謎の再生国

 以前、YouTube の動画登録者がユーザーの解析オプションとして insight って機能が使える話を書いたけど、私の動画を再生してる人で、どの国から来てるのか?を見るとよく分からない国が出て来る事が結構ある。

 例えばアンドラ、アンティグア・バーブーダは名前すら知らない。名前は知ってるけどどこ?ってのがホンジュラス、マン島、モンテネグロ。

 なんっつっても地理の苦手だった私には検討もつかないんだが、インターネットのおかげで、そういう知らない国の人が私の動画を見に来るってのが面白いし、逆にネットで知らない国の事を調べるのは面白い。

 で、アンティグア・バーブーダをネットで引くと、オンラインカジノの拠点になってるらしい。ちなみに国防軍もあり、陸軍は125人!

 マン島は...なるほどこんなとこにあるのか。確かロックフェスのライブがあったところだよね?ま、名前だけだと畑亜貴嬢がスイッチオンになるのは間違いないな。なんたって珍犬ハックル(昔のアニメ)の珍の言葉だけでデニーズでコーヒー吹き出した人ですからね。

404 な集配車

 夕方、コンビニに買い物に行った帰り、ふと停車中の郵便集配車の横を見たら「404」の数字が。これ車両番号???

 でも404だと not found だから、もしかして配達先不明の郵便物を扱う特別車両か?

 謎であった。

すでに広告出てました

 というわけで、2月18日発売です。

こちらをクリック → TPO1

史上最悪の吊り革

 昨日、ちょっと用事があって渋谷方面に出た。で、帰りの東横線で史上最悪の吊り革に出会った。この電車、全ての車両でレザー製品の COACH(スペルあってるか?)の広告で埋め尽くされるんだけど、この吊り革に仕掛けがしてあるのか、バグなのか...

 とにかく吊り革に人がつかまって揺らすとカタカタと音がする。もし設計ミスなら担当者はクビだし、意図的なら宣伝担当者を川に突き落としてやりたい!

 お客さんの数が少なければ恐らくちょっとした川のせせらぎ風に聞こえるのかもしれないが、混雑して来て多くの人が吊り革につかまると、そこら中でカタカタカタカタなって、もう精神衛生上最悪である。私はノイズキャンセラー付のヘッドフォンで曲を聴いてたんだけど、静かな映画音楽の途中で何かカチカチ聞こえて来る。心霊現象か?とか、車両故障なのでは?と思ったんだけど、音は右から聞こえて来たり、左から聞こえて来たりする。

 もしかして車両の上にネズミが住んでて駆け回ってるのか?とか思ってしばしヘッドフォンを外していた。電車は中目黒から更に混み出し、カタカタ音は最高潮に!もう本当に耐えられない!しょうがないのでヘッドフォンの音量を上げて対処した。

 幸い各停だったので自由が丘の待ち合わせで人が大量に降りたんで静かになったが、あれ横浜までずっと続いてたら発狂するぜ!!!

 みんななんとも思わないのかい?!

やっと復帰が...

 Mac のカレンダーソフト iCal がどうしても立ち上がらなくなった。どうも同じ症状の人は結構いるようだけど、解決策は見つかっていない。

 で、しょうがないのでシステムを入れ替えようとしてドツボにはまった。楽しようとして少ない MacBook Air の HD 内でなんとか辻褄を合わせようとしたら、退避する HD 容量が足りなくなり問題が発生し、途中から大容量の HD をつないだら訳が分かんなくなった。

 結果としてファイルは復帰して、ようやく元に戻ったんだけど、iCal のバグまで元に戻ってしまった。なんのための3日間だったんだか...

 しょうがないので iCal は使わずに、.mac の web 上のスケジュールを使う事にした。これを使えばやれる事は同じはずで、iPhone やウィジェット上のソフトともシンクする。

 というわけで、再び更新します。

Macbook Air と格闘中

 Macbook Air の iCal が立ち上がらなくなってしまい、何をやってもダメなんで、システムを入れ替える事にしたんだけど...困ってます。というわけで、今日はこれだけ。

中古レコード探索

 天気が良かったので昼過ぎから散歩。30分ほど歩いて近くの駅まで...ミスドでシナモンのドーナッツとコーヒーで休憩後、中古レコード屋へ。この駅は大学があるんで、古本屋だの中古レコード屋だのビンテージアイテムの店だのが色々ある。

 で、探索レコードは例によってスパイ物。こないだも買ったスパイ大作戦のカバー盤がまたあった。これ結構出てるんだな。さらに殺しのライセンスのサントラ。心動いたがすでに一枚持ってるから我慢。小林亜星さんみたいに、他の人に買われると悔しいから何枚でも買うという気合いで行きたいもんである。

 以前から探し続けて相変わらずないのが、イノックライト&ライトブリゲイドというオケによるフレンチコネクションのカバー。イノックライトの映画音楽集はあったけど、古いやつでした...

 他にもローランドショーオーケストラの映画音楽カバーが良いんだけど、これも古い曲のやつばっか。ないもんだな~~~...CDも音楽配信も探してるんだが...

蒟蒻畑購入!

 スーパーで蒟蒻畑の再発版を発見!まだオレンジがなかったが、白桃とグレープを購入。

 やっぱ美味い!以前、つなぎで買っていた商品よりも圧倒的に味も食感も良い。既にダイエット欲は消え去ってしまったが、とりあえず購入して今後を考えてみようと思ってます。

 ところで、遊びで TPO のプロモビデオを作ってみた。関係者に好評なら公開するけど、不評なら身内ウケして終わり。ま、3~4時間で作ったものですが...公開となる場合には、詳細が発表されて以後の公開となるでしょう。多分1月中旬くらい?

 なんて思ってたらもう12月下旬じゃん!スタッフをフェアライトに紹介しようと思って社長に電話したら「じゃ来年ね」とか言われました。

中学生による作詞作曲コンテストの審査へ

 子供向けのIT使用による教育を行う CANVAS って組織が行ってるオトコト広場という作詞作曲コンテストのほぼ年1回の審査会があり、根津まで行った。久々に行ったら地下鉄の出口を勘違いして右往左往してしまった。

 今回の審査は私、サエキけんぞうさん、ギターの椎名さん、慶応の教授の4人。本当はITジャーナリストの津田さんも来るはずだったが何故か来なかったのでメール審査って事に...

 でまあ、何十曲も聞く。一人が2~3曲提出の人はいいんだけど、数の上限を決めてないので、物凄い数を出して来る人もいる。思い入れもあるかもしれないけど、審査会では同じ人が沢山出すと、どうしても後ろの方の曲は少しでも似てる部分があると、はい次!になってしまってかえって不利になるので、厳選した物を決め打ちした方が良いでしょう。

 そんなこんなで帰りにせっかく出たので秋葉原に行って見る。大分景色が変わったが相変わらずメイドさんは歩いていた。

 ラオックスの楽器館に行ったら、小さなバッグにも入る五線紙ノートが100円で売ってたので5冊購入。でも五線がページの端までギッチリあってなんだか変。とはいえ、このサイズの五線紙ってのはほとんどないので購入。これで屋外で何か思いついた時にも気楽に採譜出来て Good です。私は思いついたメロとかアレンジは音にしないで全部五線紙にメモってます。だってその方が早いんだもん。

曲決め中

 TPO 再発にあたり、ボーナストラックの曲決め中。結構たくさんあって混乱する。特にバージョン違いが多いとどれがいいんだかさっぱり分からない。

 困ったもんである。で、明日朝早い(ってもう朝だっつ~の)のでこれにて寝ます!

男作って逃げるパターン

 TPO 再発の件でまたまた六本木の事務所へ。打ち合わせ自体は簡単だったので、色々とトンデモ話をした。そのメインが男作って逃げる歌手のパターン。

 この事務所は結構有名な曲を世に送り出してるわけだけど、テレビやラジオのヒットチャート1~2位を独占してるのに歌手が男と逃げちゃった。朝、マネージャーが歌手を迎えに行ったらいない事が判明、散々捜索したら、今羽田からアメリカに飛び立ちました、ってのが分かりトラブルをどうやって回避するか?の話が笑えた。ま、今でこそ笑えるわけだけど、当時は凄い事になっちゃってたわけだ。

 私は芸能界仕事はそんなにしてるわけではないけど、それでも男と逃げパターンは良く遭遇する。例えば女性フルート奏者の NY 録音が決まったのに、カメラマンとできちゃって四国に逃げ、1週間くらいしたら「愛に生きて行きます」とか手紙が来たとか、人気ボーカリストを多数輩出した某スクールから東京に歌手候補を連れて来て、育てたけど片っ端から男作っていなくなっちゃって、担当者はノイローゼになって入院しちゃったとか、もう本当に多い。

 まあ、私は曲作って渡すだけとか、受け取ったメロディーをアレンジするだけなんで、特に被害はないけど、お金かけて動いてた人たちはたまったもんじゃないよね。ヒット曲を出す場合にはそういう火種も察知しながら駒を進めなきゃならないんだとすれば、こりゃ本当に歌手は二束三文のギャラで雇って、儲けは事務所経費に回さなきゃ、やってられんだろうなあと思う。

 よく悪徳事務所が儲けの大半を搾取して、なんて言うけど、私には上記のような言うに言えない理由があっての事情もかなりあるんだろうなあ、と思うわけですよ。


忘年会で、ももーいさん達と一緒

 IT とアニメの忘年会(なんだそりゃ?)に行った。来たのは IT 関連で通信だとかロボットだとか作ってる人と、声優さんとかアニメ周辺関係者の方々。ももーいさんとか新人の声優さんも来ていてお話した。場所は新丸ビルのオシャレな空間にいきなり存在する場末な雰囲気のパブ。なんなんでしょう、この異空間は?!とかみんなして言っていた。

 私は久々に Apple II を日本に紹介した中心人物の内田さんや、元アスキーの人に会った。TPO1 で人声合成のためのソフト/ハードの相談をしていたのが内田さんである。もっとも内田さんの Apple II は全部人にあげちゃったそうで、今はマザーボードくらいしか持ってないそうな...

 丸ビルに行くのに、駅についたら千代田線が事故で遅延、危ない危ないと思ってたら、今度は白金高輪で発煙のため目黒線が全線ストップ。おかげで日比谷線回りで行ったら時間がかかってしまった。それにしてもここんとこ電車に乗るたびにどっかしらで事故遅延情報が出る。しかも遅延がある時は、不思議と全然違う2カ所で事故があるんだよねえ...

 とまあそんなわけで、声優さんの歌を楽しみつつ、ももーい's ビデオを鑑賞しつつ色々な人と話をして来たのであった...

出た!怪しげなアクセスアップサービス

 以前、インターネットの宣伝とかに「音楽を聴くだけでお金が儲かる!」とか言うのが出ていた事がある。恐らく、2001年前後の mp3.com が、聞かれた回数によって印税を支払うシステムを作った時に、これに便乗して商売しようとしたんだと思う。mp3.com の場合、ピーク時に月間100万ドルを楽曲のアクセス回数によって分配するという印税方式を取った事があった。しかも、どのユーザーがいくら獲得したかが全て公表されるシステムになっていた。

 この結果、mp3.com のメールは「君の曲は良い曲だね。気に入ったよ。ところで僕の曲だけど...」と言ってリンクだけ貼ったインチキメールが横行するようになり、.mac メールでは mp3.com のメールは全面的に排除される事態に陥った。

 で、当然これは商売のネタに出来るわけで、mp3.com の契約アーティストの曲を毎日1回必ず聴けばいいわけだ。ip がチェックされてるから複数回聞いても意味がない。だけど、多くの希望者の曲を一日一回ずつ聞けば、会社としても成り立つ可能性があるし、希望者の要望も受け入れられるし、ユーザーは曲なんざ聞かなくてもコンピューターにマクロを組んどけば良いってわけ。

 だけど世の中そう甘くはないわけで、そもそも mp3.com の100万ドル印税は、1年たたないうちに10万ドルになり、1万ドルになりしまいにゃ、逆に登録にお金がかかるようになってしまった。

 それでもピーク時に印税稼いでた奴は月180万の金額をたたき出していたが、曲は面白くもなんともない。もちろんこのシステムが崩壊した後でどこからかデビューしたか?って言えば、そんなわけはない。

 まあ、これの YouTube 版って事でしょうな。カスみたいな映像に物凄いアクセスがあったら要注意ってわけだ。でもシステムも改善されて来てるし、mp3.com の崩壊のパターンもあるわけで、Google だってそれほどバカじゃあないだろうから、すぐに手は打ってくるだろう。

 ポイントはインチキアカウントで大急ぎで何かビデオを作って、アクセスアップ契約をしてお金が儲かったらとっとと逃げるってパターンですかね。絶対やる奴が出ると思うんで、見ものです。

 長続きしない物なんて...って思うけど、これもまた一つの経済原理か?!

YouTube の字幕機能

 ここんとこ YouTube に Moog IIIc の解説ビデオをアップしている。一番の問題点は何語で説明するか?だったんだけど、最近 YouTube には字幕機能と文字表示機能の二つが追加された。このうち、字幕機能を使うと、各国語に字幕が翻訳される。ただし翻訳精度はいかがなものか?って感じなんだけど、これはそのうち改善されるでしょうってことで...

 ただ字幕機能は表示するタイミングのみで、場所を指定できない。どうも字幕を入れる場所は YouTube が自動的に選んでるっぽい。なので、映像に明らかに動かない部分があると、そこに出るようになってるような気がする。

 だけど、こちらが縦に長い映像を入れた時に、横側に字幕を入れるというほど頭が良いわけではない。

 逆に文字追加機能のアノテーションは吹き出しとか半透明の背景とかを選んで好きな場所にコメントを入れられるんだけど、現時点では自動翻訳に対応していない。

 どっちつかずで困ったもんだ。字幕機能とアノテーション機能では、指定の仕方も違う。アノテーションはブラウザで見ながら動画のどのタイミングのどの場所に、何秒から何秒まで入れるとかって指定が出来るので、例えば解説を2カ所に入れるなんて事もできる。

 字幕機能は字幕データファイルを作る必要がある。これは恐らく映画向けの共通フォーマットだと思うんだけど、入れたい文字の上に何秒から何秒までって数字を指定した .SUB ファイルなるものを作る。.SUB ファイルは UTF-8 エンコードの単純テキストファイルである必要があるんで、アップ用データはテキストファイル向けのエディターで作る必要がある。

 .SUB ファイル作成専用ソフトもあるけど、そんなもの使うほどの事じゃあない。

 字幕もアノテーションも今後は改善されて来るだろうから、元データを文字表示ありと無しで作っておけば、後々修正が出来るだろうと思ってる。

 なお、元々の映像に字幕を入れなかったのは自動翻訳の問題と、YouTube 側のキーワードサーチなんかで、字幕に文字情報が入ってた方が、なにかと便利なのではないか?と思ったわけだったりする。

 というわけで、以下がそうやって作った解説ビデオの一つです。





副都心線、なんだありゃ

 亡くなった父親がいつもいたストリングスセクションのコンサートが新大久保であったので、試しに副都心線に乗ってみた。降りたのは東新宿なんだけど、階段が狭い!通路が変!

 大江戸線なんかでもそうなんだけど、通路に軽い勾配のある場所が多い。多分、下に何かあって、強引に作ってるんだろうな...で、新大久保方面への出口なんだけど、凄く遠い一本道のどん詰まり。しかも突き当たって右行ってすぐ左に小さなエレベーターがひとつだけで階段なし。物凄く変!!!絶対強引に作ったんだな、と決定。

 地上に出るとまだ工事してるんで、多分長い通路の途中から分岐して交差点周辺に出られるようになるんじゃなかろうか???

 んで、新大久保方面へ。新大久保はすでに完全に東南アジアに占領され、読めない字のお店しかない。食事しようと思ったんだけど、ごく普通にパンとかがなさそうなので、チェーン店の喫茶店へ...店員はカタコトの日本語が通じた。

 店内はジャージを来たオジサンが1000万取っただの、訴訟になっただのと「これ絶対金貸しだな」みたいな人々がくつろぎながら、携帯電話で「あ、会長」などと連絡を取り合っていた。東横線が副都心線とつながると、こういうメンツが横浜方面に来るのか、と思うとちょっと暗い...

 コンサートの帰りも再び副都心線に乗って、今度は渋谷駅へ...これがまた凄い!迷路状態なのは容易に想像がつくんだけど、凄いのは階段。「地上への階段か?」と思って上ったら、数メートル行って再び下り階段。「何かの儀式か?」とか思ったんだが、多分これも下に何か通ってるんだろうね。いっその事、階段を黄色に塗って「風水の関係でこうなりました」とか書いた方がウケを狙えるかもしれない。

 とにかくスペースの無い所に強引に作ったのがミエミエで、クネクネと曲がり、勾配が多く、天井が低い!みなとみらい線の駅と比べるとえらく違う。みなとみらい線は元町とかみなとみらいとかの駅は天井が吹き抜けで、物凄く開放感がある。元町とかはエスカレーターで上ってくと壁面に昔の横浜の写真があって、結構楽しめる。

 とまあそういうわけなんだが、これ本当に東横線とつなげるんすか???みたいな...しかも、さらに10年以上あとになると、今度は相鉄線が新横浜方面から東横線に乗り入れてくるらしい。南北線が出来たあたりから、都心の路線図が全く把握出来ないほど複雑になったけど、こりゃ携帯デバイスでも持ってないと、どこの駅でどう行くのがいいのかなんて絶対わかんないな...

TPO 再発打ち合わせ

 またまた TPO1 の再発打ち合わせでレコード会社へ行った。今日はボーナス盤に入れる曲の選定。制作途中のバージョンがあったりして、その経緯を思い出してみると面白い。

 学研のシンセサイザークロニクルでも紹介されたカマショプレギソーザって曲は Apple II に歌わしてるんだけど、最初のデモではメロディーが全然違う。恐らくデモを作ってからどのコンピューターの音声ソフト/ハードに歌わせるかを決めたんだと思うんだけど、ハードが決まった段階で、最初のメロディーを歌わせるのはちょっと難しいと考えたんだと思う。

 なので、最終形ではメロディーの動きが簡略化されている。その他でもエアグローっていうソニーの CDサンプルに入ってる曲は、最初のバージョンでは中間部が短くピアノソロがいない。本チャンでピアノが入った理由は、恐らく CD の見本として使うには当時のフェアライトの周波数特性が悪かったため、強引に中間部を引き延ばしてアコピのソロを足したんだと思う。

 あと、ソニーでミックスしたものよりも、当時のスタジオ獏でミックスした仮ミックスの方が音がカッコ良い。これは全員同意見なんだけど、この理由はミキサーの卓が獏では API だったのが大きな理由だと思う。

 API の卓は音が太くなるんだよね。今まで使った中で、一番自分の思いどおりの音が出るのは API の卓だった気がする。獏は多分、御苑スタジオって所からこの API の中古を買ったんだと思う。

 現在売られている API の卓も同じような音になるのかは不明...

 で、TPO1 の方は来年2月には出る予定です。

今度はコパカバーナを聞いてみた

 昨日の愛のテーマのリズムボックスも新鮮だったけど、今度は iTunes Store でバリーマニロウの大ヒット曲「コパカバーナ」を買った。70年代の深夜Hテレビでヌードのシーンっていうとこの曲のパーカッションの間奏部分がよく使われてましたな。え~と、麻世れいらの裸の3分間だったか?

 この曲は軽快だけど、歌詞はムチャ悲しい話なんですよね。

 で、サウンドなんだけど、イントロから入ってくる各種楽器がむちゃくちゃドライな音なので驚いた。「オイオイ,このまま間奏行っちゃったら、弦のセクションとか大丈夫なのか?」ってくらいドライなのだ。ところが、途中から入って来るフレーズにはリバーブが入っている。どうやら場所によってリバーブをオンオフにしているらしい。

 70年代というと、恐らくレコーディングスタジオの機材が、今のように一定していなかったため、リバーブも微調整じゃなくて、セクション毎にバルクでオンオフしてたなんて事は充分考えられる。でも、だからと言って悪いわけじゃないんで「なるほど、こういうのもありなんだなあ」と思った。

 考えてみると80年代後半からこっちのミックスは、ある種法則が出来てしまって思い切った事をやってるつもりでも安全パイを握ってる事が多いと思う。

 例えば、昔は曲の前半は最初のミックス、後半は二回目のミックスが良い、って話になった時には、最初のミックスと2回目のミックスのテープを途中で切り貼りしてつないでたわけだ。もちろん気に入った場所が多ければ、それだけ沢山のミックスをつなぐ事になり、トラックダウンというと、沢山のリールに巻き取られた色々なミックスが散乱してた。

 昔の曲を聞いてると、ある所で突然リバーブ感が変わったりするのに出くわす事があると思うけど、上記のような理由による所が多い。

 だけど、今じゃそんなやり方しないから、気に入ったミックスはデータ取っといて...みたいになるわけ。

 全部アナログでやればそうならないだろうけど、今更それをやる人も少ない。そもそもメンテしようにも部品が手に入りにくくなってるしね。

バリーホワイト、愛のテーマ

 iTunes Store でバリーホワイトの愛のテーマがあったので買った。CDで買い損なってたので久々に手に入った。

 で、ヘッドフォンで聞いて気がついた事が2つ。

 1つ目は、イントロ後半で4分音符で刻む音。これ昔はハイハットのペダルだと思ってたんだけど、よくよく聞くと、もしかしてリズムボックス?という気がする。音色的にはウイリッツァーあたりのリズムボックスっぽいんだけど、ヘッドフォンで聞くと右側にわずかにキックのフレーズが聞こえるんだよね。

 ということは、スネアとハットの4つ打ちのパターンをベースに演奏してて、イントロ部分では音漏れを逃げる為か、作為的か分からないけど、超ローカットした音が入ってるって事。

 2つ目は、曲中16ビートで刻むハイハット音。これは右手と左手で交互に叩くパターンかと思ってたんだけど、よく聞くと合間にスネアのころがしフレーズがずっと入ってる。両手で16を刻むやり方だとスネアは2拍4拍にしか入れられないから、右手だけで16を刻んでるって事になる。

 両手の16パターンってわりとタイトな16になるんだけど、右手だけだとグルーブ感のある16になる。なので愛のテーマを聞いてみると、確かに完全なタイトじゃあない。もしかすると当時は右手だけで16を刻むのが流行ってたのかな?愛のテーマ以外でも007のダイヤモンドは永遠にのハイハットとか、クインシージョーンズの続・夜の大捜査線なんかでも明らかに片手で叩く16なんですよね。

 私の世代だとディープパープルのスモークオンザウォーターの16ハットのイメージがあるんで、16の刻みは両手で、って思うけど意外にも片手16刻みって多いのかもしれないなと思った。

 というわけで私のアレンジした愛のテーマ風、80日間世界一周(これ違法だろうなあ)。




別件再発の件、タバコの話等

 TPO の再発にからんで、別の CD も再発を...てな事で虎ノ門のポニキャンに打ち合わせに行った。まだどうなるか全然わかんないんだけど、とりあえず初期の打ち合わせって事です。テクノくくりで行きたいという話をしているので、その筋に詳しい田中さんにもご同行願った。

 打ち合わせの帰りにお茶でも、てな事で近くの Otea と書かれた喫茶店に入った、つもりが一軒隣の店に入っていた。最初気づかずにコーヒーを頼んだんだけど、隣に来たオジサン達がタバコを吸い始めた。オシャレっぽい喫茶店にしては珍しいなと思ったんだがまあしょうがない。最近は分煙もはっきりしてるんで、分煙にすらなってない喫茶店には最初から入らない。今日の所は気づけば分煙になってたんだが、Otea って所に入ったつもりだったんで、禁煙だと思い込んでたわけです。

 で、家に帰ってから服がタバコ臭いし、目がシバシバする。隣にいた人間ですらそうなんだら、スパスパ吸ってるオジサン達ってよく目を開けてられるよな、とか思う。頑丈なんだかなんだかな...ですよね。そのうち、いきなり病気になっちゃったりするんだろうねえ。

 でも後10年くらいしたら「ああ、肺が詰まっちゃってますね。取り替えときましょう」なんて iPS 細胞でなったりするんだろうか?

 細胞がリセットできるなんて思いもよらんかった。学生時代は音楽に進むか、コンピューター関係に進むか、生物学に進むかで悩んだんだが、こんな事なら生物の方に進んどきゃよかったか???自慢じゃないが地味~~~~~~~~に基礎研究するの絶対向いてます。なんたって、アナログシンセとコンピューターの黎明期からそれで音楽作ってたんだから。今と違って手間かかりまくりでしたからね。

 と色々な方に話題が飛んだけど、来年は再発年ですな。TPO が再評価されたら、と関係者が言ってますが、TPO は昔評価されなかったわけなんで、再発で評価されたら、初評価だっての!

遠藤実さんの思い出

 作曲家の遠藤実さんが亡くなった。演歌系とは関係なさそうな私だけど、実は知ってたりする。昔からうちの父親が遠藤さんのレコーディングでオケにいる事が多く、またコンサートでもヴァイオリンを弾いていた。なので、うちにあるフェンダーのピアノだのの学生時代に買ってもらった機材は遠藤さんの仕事のおかげで買えたとも言える。

 遠藤さんはてっきり新潟出身なのかと思ってたら東京生まれだそうだ。父親が遠藤さんのコンサートの時、いただいたお土産に新潟の名物(?)で、コブに巻いた鮭ってのがあったんだけど、これが非常に美味しかった!

 で、時は過ぎて今から10年前。私は Jasrac の評議員になったわけだけど、この時の会長が遠藤さんだった。あの時は Jasrac がインターネットについて全く分かってなくて、建物でインターネットに入れる回線は一本しかなかった。その時は、ちょうど Jasrac に会費制を導入するかどうかですったもんだした時で、私は反対派に回った。徴収した会費で著作権思想の普及ってのは許せるけど、全然関係ない内容があって「こりゃマズイだろう!」ってな感じ。

 新聞記事には遠藤さんの人柄の事が書かれてるけど、確かに凄い。

 その昔、まだ私が駆け出し作曲家だった頃、母親がどこかで知り合った地方で旅館をやってる人が「演歌の曲を書いたから聞いて欲しい」と言って来た。私は駆け出しだし、ましてや演歌の曲なんて評価できないから断ったんだけど、しつこく言われて困っていた。

 丁度その時、父親が遠藤さんの仕事をしていて顔が知れていたので、母親がダメモトで遠藤さんに連絡してみた。そうしたら驚いた事に遠藤さんは快く引き受けてくださり、しかも作曲者に丁寧に意見を送ったのだそうだ。いや、中々出来るこっちゃないですよ、ホント...

 新聞を見ていて山本リンダの困っちゃうな、も遠藤さんの曲だったとは知らなかった。昔は誰でも知ってる名曲が沢山あったのにねえ...ダメっすよ!死んじゃ!と言ったところでしょうがないわけだけど。ご冥福をお祈りいたします。

マクドの悲しい外国人

 お昼を食べに久々にマクドナルドに行った。

 2階は喫煙、3階は禁煙なんだけど、レジは2階にあるので必然的にタバコを吸っている人の姿が分かる。で、喫煙スペースに、明らかに欧米系の外国人男性がいた。

 禁煙大ばく進の欧米系なのに、喫煙スペースにいるのを見ると「ああ、この人、本国じゃタバコ吸うから一流企業には相手にしてもらえなくて失業したんで、アジアの地に居住してるのかな...」なんて勝手な想像をして哀愁してしまう。

 とまあ、そんな勝手な想像をしつつモペラでレゴムービーのシナリオ作り。で、バグ(?)発見。元の文書を Mac から持って来ているせいなのかどうか分からないけど、文章のラストにある見えない改行を消そうとするとハングしてしまう。もう、キーも電源スイッチも効かなくなるので、電池を抜いてリセットするしかない。

 前後の改行を消すのは大丈夫だけど、ある特定の位置にある改行だけがうまく行かない。なにか改行コードの亜種と EOF の関連で止まっちゃうんだろうなあと思い、キングジムにメール入れといた。

 分かってれば大事に至らないので...

復活

 とりあえず風邪から復帰!

 今回、風邪?って感じで熱は出なかった。体がだるくて咳が出たんだけど、最近百日咳が流行ってるって新聞に出てたんで、それか、もしくはちょっと体調を崩したとかそんな感じ?

 不調の時は変な夢を見たけど、調子が治って来たら、私たち世代のあこがれ「ドリフのメンバーになってコントをやる夢」を見た。カトチャンとか長介と一緒に、なんだかしらないけど坂の多い京都っぽい町中を走るのであった...どんなコントだったか覚えてない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。