QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風邪ひきにつきしばし休業!

風邪ひきにつきしばし休業!
スポンサーサイト


町の人々

 備品買い出しで新横浜のビックカメラへ...

 買い物が終わって8階からエスカレーターで降りて来たら、7階にいる店員が猛ダッシュで下りエスカレーターを逆走して上って来た。事件発生?とか思ったら、途中でストップして7階の展示場に設置中のディスプレイがエスカレーターからどう見えるかの確認であった。

 続いてプリンスペペの1階の喫茶店イタトマジュニアでお茶してたら、奥の席のオバサン3人が「そうじゃなくて、チャン、チャン、チャンチャン...」とみんなで机を叩きながら話していた。あれはなんだったんだろう?和楽器の練習帰り?とか思ったんだけど、そうでもなさそう...

 さらに同じ喫茶店の大テーブルにいたOL風の二人が素晴らしい勢いで話つつ、やたらと机をトントン叩くんだよね。わりと揺れるテーブルで振動が伝わって来る。あの調子だと彼女達は普段会社でもあんな風に物を叩きながらしゃべってるんだろうな。オッサンならいそうだが、OLでもいるのかあ!

 最後はイカリマートで買い物してた時に、すれちがったのって岡田奈々さんでは???通り過ぎてアレ?っと思って戻ったが既に遅し...う~む、気になる!

雨男!

 もしかしたら昔からなのかも知れないけど、最近めっきり雨男状態である。

 かなり明確に雨男化したのは去年あたりからで、夏の夜にぼんやりと散歩に出たら激しい雷雨になったとか「今日はもう降らないだろう」なんて思って散歩に出るとドシャ降りになったり、天気予報を信じて傘を持たないで出たら降り出したり...

 今日も夜、レゴムービーの台本でも打ちに行こうとデニーズに行ったら、帰りがけに雨が降り出していた。幸い私が外に出た時は小降りになっていたのでコンビニまで走って傘を買いに行ったら、家に着く頃にはドシャ降りになっていた。

 出かける時の空の様子と天気予報の情報ではあてにならない。かと言っていつも折り畳み傘を持って歩くのもウザイ...

 とまあそんな感じなんだけど、ポメラと iPhone を持って、喫茶店で原稿を書くというのは効率が良い。ちょっと iPhone をいじって他にやる事がなくなると原稿書くしかなくなるから...家にいるとついついダラダラしてしまって先に進まん!!!

祝!蒟蒻畑販売再開!

 タイトルが全部漢字になると読みにくいね。

 さて、販売が停止していたコンニャク畑が販売再開の報道!12月初旬から店頭に出るとの事で嬉しいです。夏にコンニャク畑を見つけてダイエットしてみようかな?と思ったらアッというまに製品がなくなったわけだけど、食事量を減らしてコンニャク畑で満腹感を出してたら74キロくらいだった体重が70~71キロの間くらいになったわけ。

 食事量は自分でも多いな、と思ってたんで減らせて良かったです。んで、お腹が空いた時にお菓子類を食べる代わりにコンニャク畑にしてたわけだけど、なくなっちゃったんで、再びお菓子を少しだけ食べたりしてます。

 なので、体重は70~71キロで停滞状態。一応68キロくらいを目標に考えてます。12月頭からまたプチダイエットしよう!

 そうそう、こないだネコの餌をまとめ買いしたんだけど、2.5キロの袋を2つ=5キロ持って帰って来たのね。うちは坂の上なんで「こりゃ重いや!」なんて思ってたわけだけど、73~74キロの体重が68キロになったとすると、坂を上る時に、この重さ分だけ楽になるんだな、と考えたら俄然やる気が出たっていうか...

 逆に考えると太り過ぎの人は、それだけ足腰に負担をかけてるんだろうな、と思ったわけ。再びがんばろう!

3話の台本作り難航

 こないだ買ったポメラで、レゴムービーの第3話の台本を書いている。大まかなストーリーはずっと前に考えてあるんだけど、これの細かいカット割りを決めて、カメラがどの方向を向くのか?と、大体どんなセットが必要か?を割り出す必要がある。

 大まかに考えていた時には問題ない部分でも詳細につめて行くと悩む。例えば博士の正面に何かが出て来て、それに驚く場合、出て来る何かを見せようとすると、当然博士は後ろ向きになる。すると博士の驚いた表情は見えない。

 何かが出るのを博士の背後から、博士の驚きは博士の正面からという2つのカットにするのは簡単だけど、それだどテンポ感が落ちる気がする。そこで、博士のやや斜め後ろにカメラがいて、正面に何か出たら、カメラが少し移動して博士の斜め前から顔を映す、ってな感じにすると良いと思うんだけど、これが実際にやろうとすると大変。

 まずカメラを移動しなきゃならない。実写なら何の事はないカメラの移動も、一コマ撮りだとカメラの向きを常に調整しながら回り込む必要があり、しかも見える背景は正面と背後の両側を作る必要がでるため、とても面倒くさい!

 でも、映像を犠牲にするのは嫌だから、とにかく頭の中のイメージを優先させている。今、台本を書いてるシーンが終わると大分楽になるはずなんだが...

 第2話のセットを作り出してから既に1年以上経過してしまった。3話のセットはあと少しではあるんだが、台本も含めていい加減先に進められないと、精神的にキツイのです...

音楽専用 ミニ Linux

 リンク先が分かんなくなっちゃったので、情報が載せられないんだけど、ウルトラモバイル(だったか?Origamiって名前だったよね)サイズの音楽専用チビコンピューターが出るらしい。もっとも走るのが Linux なんでウルトラモバイルとかオリガミって名称じゃダメ???

 で、サイズ的には私が持ってる Everun くらいみたい。電池は3時間持つ。ただ重さが書いてなかった。画面両側に分散して QWERTY キーボードが付いてて、マウスの代わりのタッチセンサーが付き、画面のタッチでもコントロール出来るらしい。

 Linux 向けの音楽ソフトはシーケンサーとかも色々あり、vst 音源だのシーケンサーだのレコーダーだのがプリインストールされてるみたい。

 コンピューターそのものはサムソンの OEM らしいんだけど、日本では出るんだろうか?

 そんなに小さい機械で音楽やろう!という気になるのか?がわからない。私はとりあえず MacBook Air と NanoKey で音楽が作れるか?喫茶店で音楽制作作戦!を実施してみようと思ってます。

 でも自分が喫茶店に行った時に、テーブルの上に置いた変なガジェットでノリノリな人がいたら、とりあえず隣に座るのは避けるだろうな...

 「なにあれ?キモ~イ」とか言われんだろうねえ。

Logic Studio にしてみたら

 スタジオの Logic 7.x を Logic Studio (8.0) に入れ替えてみた。頼まれてた仕事を始めたら「あれ?キーコマンドが効かない?」という状況に...

 作業中だったんで、原因究明はしなかったけど、8.0 でベーシックになっているはずの "*" で録音とかも効かなかった。さらに 7.x のキーコマンドを読んでない...これは何か設定の問題か?とも思ったんだけど、インストールの時に 7.0 環境を読み込むようにしたと思うんだが...

 あと、いつの間にか F1キーの割り当てが強制的にコピーになっちゃってて、変更できなくなっていた。私はコピーはコマンド+Cを使う習慣なんで、F1は使わない。んで、今まではF1とF2をクオンタイズバリューのアップダウンに使ってた。ちなみにF3はリージョンの拡張表示を割り当て、更に細かい変更が簡単に出来るようにしていた。他のファンクションキーとしては画面表示の縦横の拡大/縮小とかスクリーンセットの一時的なメモリー/呼び出し等を割り当てていた。

 ところが、気がついたらF1キーの割り当てはコピーコマンドにしかならない。Logic 7.xでも基本的にはコピーが割り当てられてるんだけど、強制的に変更が可能だったのが、変更不可になってしまった。

 これが Logic の仕様変更なのか、OS の仕様なのかは分からないが、無意識のうちにやる動作が変わるってのは結構大変...

 どうしたもんでしょう?

 なお他の通常キーの割り当ては、オプティマル、8小節ごとに進む/戻る、同じパラメーターを選ぶ、選んだリージョンから先のリージョンを全部選択、なんてあたりを自分の使い勝手の良いように配置してました。

と言う事でやっと公開になりました

 やっと公開...

 

YouTube にアップしたけど中々承認されない

 Korg の NanoKey と NanoPad で作った、子犬のワルツを YouTube にアップした。けど、向こうは土曜なので、混んでるらしく中々承認されない。

 普通だと30分もあれば公開になるんだけど、5時間以上たつけど、まだ公開待ち。

 NanoKey はやっぱり力を入れて弾くと鍵盤が外れる。なので軽く弾きましょう!

Korg NanoKey 来てすぐに鍵盤崩壊!

 Korg の NanoKey と NanoPad が届いた!

 これはノートパソコン向けの Midi キーボードとパッド。他に Midi コントローラーもある。で、ヨドバシに注文しといたら発売日の今日来た。

 早速いじってみた。キーボードは思ったより鍵盤が大きく、結構弾きやすい。Pad の方は予想より重い。けど叩くわけだからある程度頑丈な方が良いから、この重さなんだろうと思う。

 で、折角だからなんか演奏して YouTube にでも入れてやろうと思って、子犬のワルツを弾いてみた。私は重めのグランドピアノを使ってるんで、多分タッチが強い。しばし弾いてたら鍵盤が外れた!ちょっとしたトラブルかと思ったら、結構深刻に外れた模様...

 鍵盤の下側の構造はパソコンのキーと同じようになってるみたい。キーの下側の金属棒を押さえる部分が強く弾いたんで、ひん曲がったらしい。

 とにかくそのままの状態で撮影だけしよう...演奏はあっと言う間に撮れたのに、こんな事で時間がかかるとは...

 NanoKey を買った、タッチの強いピアニストの皆さん!強めに弾く時は気をつけましょう!!!








TPO1 の打ち合わせ&帰りの東横線の強烈な臭い

 TPO 再発の打ち合わせで学芸大のレコード会社へ。今日は片柳さん’s奥さんと、福永君が参加。各々保存している資料を持ち寄った。片柳さんが持ってた折りたたみパンフレットは強烈で「これかなり良いっすよね!」という話になったんだが、内容が「ジョージルーカスも絶賛!」ってな事が書かれてて、みんなして「これホントかよ?」みたいな話になった。

 でもスタッフがジョージルーカスに会ってるのは確かで、科学万博の音響関連の話で当時まだ一般的ではなかった THX システムを導入するかどうか?で打ち合わせに行っているはず。その時に、導入して欲しいルーカス氏がお世辞に褒めたとは考えられなくもない話。ホントだとしても本人すら忘れちゃってるでしょうけど...

 あとは、これまた怪しい Workout 2 って仕事の曲がまとめて発掘された。これはエアロビクスの先駆けとなった Workout(ジェーンフォンダだっけ?)の続編という話で、その頃のプロデュースしてたS氏(例の怪しいS氏>過去の blog 参照)が持ち込んだんだが、今にして思えば、絶対本人の勝手な思い込みで作ったんだと思う。

 とは言え、音響ハウスのスタジオ2つを1週間近く押さえて作り、制作物として残ったんだから偉いっちゃあ偉いですが...片柳さんの曲のバイオリンは斉藤ネコか?私の曲のドラムソロはそうる透。この時はシモンズのアタッシュケースみたいなドラムパッドを試しに使ってくれと行って持って来たんで、透君が叩いてます。

 で、帰りの東横線に乗ったら臭いんですよ、これが...一般的に電車で臭いパターンというのは生乾きのTシャツなんだけど、今日のはお習字で使った墨を掃除するの忘れて腐ったような臭い...電車に乗ってすぐに「なんだこの臭い!」と思って、窓に映る反対側のドア周辺を見てたら、女の人が顔をしかめて鼻にハンカチをあててたんで、震源地はそのへんっぽかった。

 どうせ自由が丘で乗り換えようと思ってたんで、2駅我慢。電車停車後、降りた車両からうんと離れた場所まで行って乗り換えたので、今度は臭いなしでした。

 東横線の臭いで思い出すのが、渋谷で発車待ちの電車で座席に座ってたら、隣に強烈な生乾きTシャツ臭の女が座り、「耐えられんな!」と思ってたら、その女、おもむろに絵コンテ(Wow Wow と書かれていた)を広げながら、メロンパンを喰い出しやんの!

 生乾きTシャツ臭+メロンパンの甘い香りで吐きそうになり、電車を降りたのを思い出します...

 とまあそんなこんなで、TPO1 は来年2月発売予定。

TPO 再発ネタを発掘中

 今日も TPO 再発ネタを求めて物置を捜索。チラシと科学万博の資料を発見。あと、スコアは沢山あるんだけど、譜面なんか出て来ても価値ないだろうしねえ...

 チラシは以前のサイトに載せてた誤植の嵐のやつ。ナック・コリア、スティビー・ワンダーと誰だそりゃ?で笑えます。

 あと、テープの棚から TBS 「夜は気分で」第3週 BGM ってのが見つかった。これ中身あってんのか???この番組はサウンドインSって音楽番組の後番組だったもの。本間さんの曲もあるはずだけど、彼は番組名を「今夜は最高」だと思い込んで仕事してて、曲のタイトルが本間/今夜は最高で「ホンコン」と名付けたのでした。

 残るはカセットテープのラック発掘なんだが、もし明日の打ち合わせで他の人が沢山ボーナストラックに使えそうなネタを持って来てくれれば、発掘しないですむんで楽なんですけどねえ。

 今日は寒かったので物置の中でゴソゴソやるのはきつかった!!!

うる星の CD 再発話

 うる星やつらのサントラ CD は2002年頃にユニバーサルで Box セットの話が立ち消えになったらしい。その時は原盤権の問題で出せなかったそうだ。

 で、今回 TPO の再発があるんで、他の物も可能なら...という話があったので、ユニバーサルでの再発が出来なかった経緯を関係者に聞いてみる事にした。ちょうど、こないだ旧 Niftyの音楽フォーラム FROCK で活躍してた今岡さんのライブがあり、その時ポニキャン系の権利に詳しい友人が来ていたので、ポニキャンとしてはうる星の CD を再発する気が全くないのか?だけ聞いてみた。

 その結果、ユニバーサルでの再発話の時、旧キティの権利がゴチャゴチャになっていて再発にこぎつけられなかっただけで、可能なら再発したい意向があるという回答が得られた。

 で、今日になってポニキャンの再発関係の担当の人から電話があったんだけど、この人がなんとうる星の頃にポニキャン側のディレクターをやっていた人だった。というわけで、可能なら話を進めたいですよね、という事で、後日また連絡を取り合うって事になった。

 ユニバーサルの時は Box セットを企画してたらしいんだけど、今回は可能なら私がやったテクノ部分の BGM だけをまとめた物、それが不可能なら BGM1, BGM2, Only You の3枚を再発したらどうだろうか?というあたりでは意見が一致した。

 あんまりデカイ Box セットだと買うの躊躇しちゃうよね?と私は思うんですが...でも買うのはマニアの人だけで、そういう人は Box でなきゃダメ?

iPhone と Pomera を喫茶店で使ってみた

 昨日買った iPhone と Pomera をカバンに入れて喫茶店に行き、どの程度作業に使えるか試してみた。大きさと重さは、レゴの小さな肩掛けバッグに2つを入れ、更に iPod Nano とゼンハイザーの消音型ヘッドフォン(これがデカイ!)も入れて余裕のスペース。これにノート類を入れても全然問題なさそう。以前使ってた Windows の 500g マシン Everun より更にコンパクトか?

 Everun も便利だったんだけど、いかんせん Windows に愛がないから(笑)。しかも愛がないせいか、最近立ち上げると違法コピーマークの背景黒画面になっちゃうのです。テメ、このやろ!正規品で何これ?とか思いつつも、まあいいか、愛がないし...って感じ。

 で、iPhone は喫茶店でも問題なくインターネットに接続。早速 Google docs に入れた元文章を参照しながら Pomera でレゴムービーの台本を打って行く。Pomera の日本語変換はさすがに ATOK だけあって、かなり反応良好。

 表示文字数は縦方向にもう少しあっても良いかと思う。もちろん横方向だって更にあればいいけどね。ただ、キータッチがちょっと重いので、この辺好みが分かれるかも。わりとカチっとしたタッチ。あと、広げたキーボードが簡単に元に折れちゃうので、机の上で使ってる時は良いけど、電車の中で膝に乗せて打つとかでは問題が出そう。

 iPhone で画面を指でスクロールしながら資料を見て、Pomera で文章を打つと、なんかPomera の一般的なインターフェイスが妙に古めかしく感じてしまい可笑しかった。

 Pomera の USB インターフェイスは Windows のみ対応だけど、Mac につないでも普通に認識される。認識するファイルは .txt だけらしく、Mac で作った .txt ファイルをドラッグすると、同じ名前の空ファイルが作られてしまう。このファイルを Pomera 側で消そうとしたら、一度だけ文章ファイルもいなくなる事件があったので、用心のため、まず SD カードにデータを転送し、文章本体のファイルを Pomera のユーティリティで本体内メモリに移動。その後、確実に開くのが確認できたら SD カードを初期化するって事にしました。

 上記のやり方はしょっちゅうだとツライけど、私のケースでは問題なし。なお、最初からPomera で作った文章は、問題なく Mac 側で読み取れました。

 にしても、やっぱり Pomera のデザインはダサイ...iPhone と比べると、もうどこからどこまでも...考えようによっちゃあ10年くらい前のワープロにワープしたみたいでレトロかも...この際オマケソフトとしてブロック崩しとインベーダーでも入れたらどうかな???

iPhone を買う

 打ち合わせで六本木ヒルズに行ったら誰もいない!しばし探したがおらず!困って公衆電話を探したが、小銭でかけられるのがない!テレカは丁度切れた所、仕方がないので1枚買おうと思ったら1000円札しか受け付けない。財布には1万円札しか入ってない!

 小銭でかけられる公衆電話はないのか?ヒルズを探したがない。そもそも六本木ヒルズって地下鉄から上がる所も、ハリウッドプラザも、モールも全て円形にお店が並んでるんで、どこにいるか分からなくなる!

 あちこち彷徨ってたら、自動ドアの向こうに公衆電話発見!ところがこのドア、向こうからは開くがこちらから開かない。試しに1階上に行ったら、こちらから入れたので、そこから入ってエレベーターで1階下へ。で、公衆電話に行ったら、これもカードオンリーで要1000円札。本でも買って崩そうかと思ったが本屋も分からん!

 と、ウロウロしてるうちに時間もたち、打ち合わせの時間もとうに過ぎてるので、こりゃ絶対連絡ミスだな、と思い。バスで渋谷へ。渋谷から家に電話しようと思ったら、これまた公衆電話がない!散々歩いた挙げ句、東急プラザ側に電話がある事を思い出し、行ってみたらあった!ようやく家に電話をかけたが連絡なしとの事だったんで、先方に電話してもらう事にして、渋谷に出来た新しいハンバ-ガー屋のクォーターパンダーへ...

 ここ、渋谷再開発で現在廃墟と化したエリアに一軒だけあるお店。メニューはチーズバーガーのデカイのか小さいのしかない。セットメニューの飲み物もコーラかホットコーヒーのみ。その代わり待たないですむ。味は...う~んマクドナルドより少しは良いけど、別に取り立ててってわけじゃないすね。これなら私はファーストキッチン行きます。

 で、ハンバーガー買って再び家に電話。先方連絡つかず!スケジュールミス決定!

 さすがに携帯電話がないとダメと思い知らされ、そのまま Bic カメラに行って iPhone と、こないだ書いた小型ワープロみたいなキングジムのポメラを購入!

 家の Mac で書いてる書類を iPnone で見ながらポメラでちゃんとした文章に整形するという作戦。ポメラは電池で20時間稼働。うちは電池は逐次サンヨーのエネループに切り替えてるんで、電池でも勿体ない感がなくて Good!

 でもポメラって名前、今まで何かになかったか?仕様はイマイチなんだけど、多分早い時期に新バージョンが出るんだろうな...

 とまあそういう訳で、ようやく家にたどり着いた。先方から平謝りの電話。

 疲れた~、と言いながらクォーターパウンダーのハンバーガーを開けたら、ダブルチーズバーガー2つのはずが、普通のとダブルがひとつずつ入ってました。チャンチャン!!!

資料の映画を見ていてハマる

 レゴムービーで飛行機の機内シーンを作るつもり。なので機内がどんな風になってるかチェックしようと手持ちの DVD を調べた。

 タービュランスとエグゼクティブディシジョンとエアフォースワンの3つが手持ちの飛行機もの。エアフォースワンは大統領専用機の話なので内装が違うだろうと思い、まずはタービュランスから。

 これ以前の blog で BGM と効果音のバランスが悪いと書いたが、今日見ていたらそれほどバランス悪く感じられなかった。前回見た時は、たぶん iMac G4 のスピーカーで聞いてて、今回はシャープの持ち運びできる小型 DVD プレイヤーのスピーカーで聞いた違いかもしれない。特にサラウンドミックスは聞く位置によってバランスが変わる可能性がある。なので自分で作る時も注意が必要かも?と思ったりした。

 で、タービュランスだけど、しっかりストーリーを見入ってしまい、細かい点をチェックしそこなう。まあ、自分でもそんな事になるだろうとは思ってたんですが...

 一度エグゼクティブ~も通して見て、あとから機内のシーンだけピックアップしてチェックしてみよう。こういう時、最近の DVD はコンピューターで画面のスナップショットが取れないようになてるんで不便。不正コピー対策なんだろうけど、制作の参考にしようとして、それが出来ないってのも問題かも。

 音楽でも勉強用のコピーまで制限されるとフレーズの研究とかの学習に支障をきたすと思うんですよね。

 ま、とにかく参考シーンを見つけるべく明日も引き続き DVD を見る事にしましょう。

Logic Studio にする価値やいかに?

 Logic をアップグレードして Logic Studio にしたわけなんだけど、前回のアップグレードの時、仕事の狭間だったんで新機能を完全に理解しないままに使ってたんで、今回は完全理解を目標にマニュアルを読みながら各機能を点検している。

 で、Logic 7 からの改善点って画面デザインだけ???まあ確かに小さい画面では便利になったかもしれないけど、スクリーンセットを多用して色々な方面からデータ修正していた私にはそれほど画期的とは思えなかった。

 それより、マニュアルに出てて、私も以前から問題と思ってた事が改善されてない!例えば製作中の曲の途中にマーカーを打つ場合、旧 Logic では同じ場所にマーカーを打ってしまうと、2重打ちになってしまう。例えば3小節目の頭で間違えてマークするショートカットキーを2度押すと、3小節目の頭のマーカーは2つになる。順番にマークを移動して行くと、3小節目の頭ではマーカー移動キーを2度押す事になり、混乱する。

 この問題が Logic Studio のマニュアルには「同じ場所には1つしかマーカーが設定できない」と書いてあるのに、設定できちゃうじゃん!これ謎...

 あと、ビューフィルターの問題とかエンバイロメントで作った Midi エフェクトを簡単に他のトラックで使えないとか、エンバイロメントの Midi モニターが時々ちゃんと表示しなくなるとか、以前からの問題は残ったまま...

 エンバイロメントは Midi 環境を自分で設計できる機能で、例えば入って来た Midi データを繰り返しながらベロシティーが下がって行くようなエコー効果とかを作れる。この機能は Logic が90年代に最初に付けたんだけど、それ以後まったくアップグレードしていないので、使いにくさが際立ってしまう。

 Nuendo ではよく使う Midi エフェクトをトラックにインサートできるんだけど、Logic で、こんな単純な事が出来ないのはイラつく。

 ユーザーからの注文ってないのかなあ?昔の Emagic は他のソフトに追いつけ追い越せだったから、こちらから注文をつけて、それが妥当だと判断されると1~2週間でアップデート版がリリースされてたんだけど...

TPO1 の打ち合わせ再び

 TPO1 及び TPO の再発の打ち合わせで、レコード会社のスタッフと共に、権利を持つ六本木の会社に行った。問題点はどのアルバム/仕事の曲の権利をその会社が持ち、どれがそうではないのか?という所。

 TPO1 とリンダマスターズついては問題ないと分かってたけど、宇宙戦艦ヤマトをやった西崎さんの所で作ったオーディーンのサントラはどうなのか?科学万博はどうなのか?あたりが不明だった。

 で、オーディーンについてはその場で西崎さんに連絡を取ってくれ、後日細かい点が分かるだろうとの事。また科学万博もなんとかなるのでは?という感じでした。

 また、当時やった TBS の番組での映像が使用可能なのかどうか?も局のトップの方に直接連絡してくれ、これも後日どうなるか、連絡してくれる予定。

 電話連絡してる間「第何回の東京音楽祭だった?誰が出てた回?」とか聞かれて「確かタコ、リマール、ジョルジオモルダーが出てた」とかそんな会話をした。考えてみりゃ、凄いゲスト呼んでたんだよねえ。

 音楽祭終了後のパーティーでハル・デビッド(カーペンターズとかバートバカラックとかの作詞)やビル・コンティ(007だとかランボーとかの作曲)と会ったりしたもんね。

 今でもこの手の超大物ゲストが来る音楽祭とかってあるんだろうか???

 というわけで、再発の方は昔の音源の他に、当時のテレビ番組向けに書いた曲とか、博覧会のレーザーショー用に書いた曲とかも入る予定で動いてます。

マイケルクライトン

 ついこないだ作家のマイケルクライトンが亡くなった。この人いったいいくつなの?と思ってたらまだ60代半ばだったとは!最初にアンドロメダを見たのが小学生だったから、ER とかジュラシックパークとかをヒットさせた時、すでに70代か?なんて思ってたんだけど、アンドロメダの頃、メチャ若かったんですねえ。

 で、アンドロメダだけど音楽がギル・メレ(メル?)で、当時としては有名な電子音楽。全編電子音の映画音楽としては他に禁断の惑星が有名だけど、禁断の惑星がどっちかっていうとロングトーン系の電子音が多いのに対して、アンドロメダは現実音も加工してて、よりシャープな感じがした。

 ストーリーはアンドロメダから帰還した小型衛星が田舎町に落ちて、そこに付着してた菌が繁殖して村人が死んじゃう。ところが赤ん坊と酔っぱらいの爺さんだけが何故か生き残っている。その理由は?っていう感じなんだけど、当時、アンドロメダの他にミクロの決死圏とかも公開されて中々盛り上がった時期だった。

 ミクロの決死圏の方も電子音が出て来るんだけど、こちらはどうもアメリカの映画音楽向け電子音を専門に扱ってる人たちが作ってるっぽかった。発振音の感じとかが同時代の宇宙家族ロビンソンとかと同じなんだよね。昔のスプリングリバーブとかリバーブルームの音が使われて、エコーもテープのループを使ってるんで、徐々に音が歪みっぽくなってったりするのは、今の機材だと再現しにくいでしょう。

 アンドロメダは今はなき Wave でレコード買いました!ミクロの決死圏も CD 出ましたよね。とまあそんなたわいもない話なんですが...

Logic Studio をいじる

 Logic Studio を MacBook Air にインストールして、いじってみる。マニュアル厚くて寝っころがって読めないんすけど...

 しかし、ほとんどレディメードなネタを編集して作りましょう、みたいな感じで、音楽大丈夫ですか?みたいな感じですな。

 昔から直して欲しかったベロシティーとかコントローラーの値を特定の数式で変更するプリセットは相変わらず付いてなかった。まあ、自分で作れば良いんだけど、2つの数式処理を一括して出来るのかどうか?やってみないと分からない。

 私がやりたいのはベロシティーとかコントローラーの幅を変更する処理。例えばベロシティーの最低値が61、最高値が127の場合、このベロシティーの変化幅をもっと大きくしたい時、まず全体から60を引いて、1.9くらいをかける。すると最小値は(61-60)×1.9=約2に、最大値は約127になり、ベロシティーの幅は最低で2、最高で127と物凄く広くなる。

 もちろん受ける音源のベロシティー感度を変える手もあるけど、更に微調整したい場合には元のベロシティーデータそのものが変わってる方が作業しやすい。

 同様にコントローラーの幅なんかでも、クレッシェンドの度合いを大きくしたいとかあるわけです。

 現在の Logic のプリセットだと一度引き算をやったあとで、かけ算をするわけで面倒くさい。一つの画面で両方がまとめて出来る方が便利。この辺は、Performer には機能があるんだよね。

 とりあえず、マニュアルをちゃんと読んでお勉強しなくては...

とりあえずデモ完成

 朝になっちまった!とりあえず悩んだ末にデモ完成。詞の文字数等のバランスは、明日打ち合わせで調整するようにしましょう。

 現在、レコーディングは Protools + Logic 8 でやってるんだけど、Logic を最新のにアップグレードし忘れてたんで、遅ればせながら LogicStudio を注文。明日届くでしょう。

 LogicStudio だとドングルキーがいらなくなるので、MacBook Air に入れて外でも遊べるように、Korg の超小型打ち込みキーボード NanoKey と NanoPad を注文。

 欲しい人が多いらしく、楽天に注文したら遅れるとの事だったんで、ヨドバシを見たら、発売日に届くって事なので、そっちに再注文。

 NanoKey にしても他のデバイスにしても USB 接続じゃなくて BlueTooth 接続にならんですかねえ?USB -> BlueTooth の変換ボックスがあると便利なんだが...そのうち MacBook Air の USB コネクタの所がガタガタになると思うです。

TPO1 再発準備

 TPO1 の再発のため物置資料捜索中。LP のジャケットはあった。CD の解説書なし、ただし CD はある。当時の写真関係は写真ファイルに入れてある。

 アーティスト写真はクリエイトサウンドが持っていないとアウト。ただ、これは以前クリエイトサウンドのロッカーにあるのは見た事がある。それから LP ジャケットに帯があったのかどうか?うちにはなかったんだけど、当時「偉い人間の時代は終わりやした」というコピーがどこかに載っていた記憶がある。これが帯についていた言葉???片柳さんが持ってるかも、というので期待。

 さらに、TPO1 が東京音楽祭のオープニングをやる時に、リハをやった時、一緒にビデオを回してテロップ入りのプロモビデオを作っている。どこかにあるはずなんだが、世田谷の事務所から引っ越して来る時に紛失したか???

 物置の中にあるとすれば、編集前の素材は間違いなくあるはず。あとレーザーの会社に残ってるかどうか...これも電話して確認だな...

 あと当時作った特製カセットケースってのがあるんだが、これは試作だけ作って終わっちゃった可能性がある。インターネットで特許情報を見ると、特許だけは取得している。

 資料ってのは整理してとっとかないといけませんね、という好例です。でも、私は結構ちゃんと取ってる方ではあると思うんだが...

スロバキアから攻撃か?

 YouTube の視聴データ、insight を見てたら、トータルで減ってるはずのアクセスが増加していた。あれ?っと思ってチェックしてみたら、今までそれほど見られていない動画の再生回数が増えてるのがあった。

 どういう状況で見られてるのか?と思って調べてみると埋め込み型プレイヤーからのアクセスが急増している。それをたどるとスロバキアのテクノグループのサイトに行き着く。でもそのサイトには埋め込みプレイヤーはない。分析結果で見る感じでは1人のユーザーがしつこく再生を繰り返してたみたい...

 こないだも書いた自分のサイトに来て欲しくて沢山足跡を残したのか???にしても何の意味もないし、謎です。

 別にアクセスが増えた所で体制には全く影響ないわけで、なんか謎。

 でも埋め込み型プレイヤーで来てると出る分析データって、相手方に行ってみると埋め込み型プレイヤーは存在してないってケースは今までにも結構あるんですよね。

うる星やつら激辛スナック!

 セブンイレブン限定のサンデーマガジン50周年記念お菓子が出ていた。で、うる星やつら激辛スナック(カード付)を買ってみたら、本当に辛い!!!もう、ドリトスにサルサディップの一番辛いやつを付けたどころの騒ぎじゃない劇的な辛さだぞこれ!

 いや、老人子供は食べてはいけないので、是非野田議員に文句のひとつやふたつたれていただきたいモノである。さっき食べて、あまりの辛さに焦って冷たいコーヒーを口に含んで急場をしのいだが、10分くらい経ってもまだ辛い。汗がにじみ出て来てます。

 え~と、それから今日は TPO 再発の件で各メンバーに連絡。一応参加者の許諾を得るという話になり、代表して私がメンバーに連絡中。最初に岩崎工氏にかけたら話し込んじゃって、他のメンバーに電話かける時間と気力がなくなる。

 さらに再発の件で原盤権のあるクリエイトサウンドに電話したら、私のレゴムービーも、現在先方が制作してるビデオと一緒に売り込んでくれるって事で「やった!ラッキ~!」な状態です。

再発打ち合わせ

 っつ~こって再発の打ち合わせ。久々に TPO 時代の片柳さんと会う。とりあえず、TPO1 と博覧会物系の2種類を来年の2月に出すというスケジュールになった。

 TPO1 はレコードと CD で収録曲が違うので、両方を混ぜ、可能なら別ミックス等も入れたいという感じ。博覧会系は、科学万博で私が担当した NEC C&C シアターのサントラ、C & C シアターの屋外レーザーショー BGM、科学博のテーマソング、他の博覧会物(テープが見つかれば)あたりの構成で行く予定。

 どちらも紙ジャケで、写真資料等も豊富に載せたいという事で、各自、自宅の家捜しを実行する事になりました。

 他の TPO 物はまた様子を見てって感じ。リンダマスターズとか、テレビ番組で音楽を担当してた奴とか、相当数が存在するはず。ただし、どこまで発掘できるかは不明。

 写真は例えばこんなの...
ボーカルの菊地真美さん
 これは TPO1 の Eye in the night 録音中のスナップ。ボーカルの菊地真美ちゃんは NHK のジャパノロジーとかで有名だったりしますね。

歌詞の順番変更が OK だったので作業続行

 今回の仕事は詞先だったので、AB の構成の変更をしても歌詞は大丈夫かを夜に確認。問題ないとのお言葉をいただいたので作業を続行する事に。

 と、言っても具体的には明後日からやる予定。明日は例の昔の CD の再発打ち合わせなんで、そっちの資料とかをまとめなければいけない。物置にあるはずの行方不明のテープを探す作業は気力がなかったので、ボーナストラックとして収める事が決まったら探しましょう...

 一応 TPO は間違いなく出ると思います。今回は原盤権持ってる社長も、レコード会社も乗り気なので、なんとかなるであろう...他に TPO のアウトテーク。それと科学万博のレコードとか TBS の音楽番組用に作ったやつとか色々ある。

 あとはどうなるか分かんないけど、一応葉山レイコさんのサントラとか、大野一興さんのサントラ(大野さんは山古志村のマリと3匹の子犬の原作者ね)、FireStorm のサントラ、その他色々を持っていきます。

 あ、あと、うる星やつらのアウトテークってのがあるんすよね。これはラムとあたるがピーな事をしてるという想定で作ったら、プロデューサーに怒られてボツった曲。

 はたしてどうなる事やら...

凄い翻訳

 YouTube のキャプションに翻訳機能が追加された。キャプションのファイルを作ってアップロードするだけで、Google の翻訳機能で各国後に置き換えられたキャプションを見る事ができる。

 と、ここまでは良いんだが、Google の自動翻訳って凄まじくありません???前々から変だなと思ってたんだけど、改めて使ってみて、だめだこりゃ状態。

 例えば、「このボタンを押すとランプがつきます」みたいな文章の場合、「押すと」の「と」の字が AND に翻訳されちゃう。全体として文章の相関関係を全く無視した1980年代の機械翻訳みたいになっちゃう。

 「この人の本は面白い」とかやると Google だと「This book is an interesting person.」になる。もちろん主語述語をはっきりしろ!とかあると思うんだけど、同じ文章を Yahoo 翻訳で訳すと「The book of this person is interesting.」。Google だと「この本は面白い人です」だよね???

 とにかく全体がこういう感じになっちゃって、「xxのyy」的な表現が続くと、もうメタメタになる。だから「シーケンサーの出力電圧をJUNOのクロックインに接続します」みたいな文章は主語述語とか言い回しをどんなに工夫してもうまく行かない。

 Yahoo 翻訳だと、大体意味が通じる文章になるんだが...参りますな。

 と、そんな事をやりつつ頼まれてた曲書き。歌詞の順番を変えられるかどうか?先方に打診中につき、ちょい待ち状態。

レゴのマニアックな CD-ROM

 注文してあったレゴのウルトラマニアックな CD-ROMが届いた。MacBook Air に移し替えて喫茶店でツラツラと見ていたが、まあマニアック!

 最初期のカタログで微妙にバージョン違いがあり、それが輸出された先でまた微妙に違うデザインで配布されたりしてる話を読んでたんだけど、なるほど確かに違うな、と感心してます。

 作ってる istok さん(ドイツからアメリカに移住したそうだ)は、世界でも有名なレゴコレクター&情報収集家らしい。レゴに関するタイアップのページもあったんだけど「昭和40年代に日本でレゴのタイアップがあったの知ってる?」って聞いたら、さすがの istok さんも知らなかった。

 これは私も細かい点を覚えてないんだけど、多分昭和40年前後に明治か森永のアイスクリームのキャンペーンだった。で、宣伝にはレゴで作ったエンパイアステートビルがド~ンと載ってたんだけど、多分そんなデカイのは当たらなかったと思う。

 キャンペーンはカップアイスを買うと、1つにつき一本のスティックが付くんだけど、このスティックの包み紙の内側に当たり外れが書いてあった。私は毎日2個くらい食べたけど結局一度も当たりが出なかった。んでお腹壊した覚えがある。その後、人に聞いてみたけど直接当たった人は誰もいなかった。噂では広告と違って小さなセットしか当たらなかったという事なんだけど、真相は不明。

 カップアイスは緑と赤の水玉模様の入れ物で、当時は非常に有名だったんだけど、今インターネットで探しても情報が分からない。誰か知ってたら教えて!!!

字余り歌詞

 頼まれた詞の為の曲を書き中。来年、横浜でやるイベントで使うらしい。細かい事は知らずにとりあえず歌詞を受け取り色々考案。

 歌詞を渡された時に「文字数は合いませんから」とは言われてたんだが、こりゃ凄まじく合わないな...Aの部分の中でも4小節にまとまらない...とりあえず4小節書いて、続きを検討したんだが、繰り返し部分で既に大幅に文字数が違い、ちょっと節回しを変えるくらいじゃ歯が立たない...困ったので、歌詞の文字面を合わせられるかどうか相談ですね。

 去年だったかに、作詞作曲のコンテストの審査員やったんだけど、私は作詞は専門ではないので、サエキけんぞうさんにお任せした。サエキさん曰く「まずはとにかく各パートの文字数が許容範囲で合ってるかどうか?を見て、最初の振り落としを考える」というような事を言っておられました。今回の歌詞は、歌の歌詞=Lyric じゃなくて、詞=Poem として書かれてるのが根本的な問題でしょうな。

 予定では年内にレコーディングして来年のイベントで売るらしい。

 さてどうしたもんか...


あの社長ってジェントルジャイアント?

 バンド系の音楽コミック「Beck」の最終刊を買った。ちょっと最後引き延ばしすぎ?1つ前であっさり終わって、別冊で番外編をまとめた方が良かったとか思ったりして...

 バンド名の由来の Beck って犬の話も、なんか途中で収束してしまった感がある。っつ~か、Beck って名の犬がどうのって事を抜きに話が面白くなっちゃったんで、最初のテーマはどこかに行っちゃったっつ~感じでしょうか?

 ま、とにかく面白かったです!バンドをやった事ある人なら DMC より Beck の方が親近感を覚えると思うです。

 で、なんか番外編に Beck が契約したレコード会社の社長は?!みたいなのが載ってるらしいんだけど、あれってジェントルジャイアントっつ~マニアックなプログレバンドにいて、その後どこぞのレコード会社の社長として名を馳せた人なのでは?とか思ってるんだが、どうなんだろう?

 顔は知らないんだけど、ジェントルジャイアントのマスコット(?)オジサンと社長の顔が似てるんですよね。でも、それだけのために番外編買うのもなんだが...と言いつつ買いそうだな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。