QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


というわけでインストラクション入りビデオをアップ!

 結局、YouTube 動画は、ステレオで聞く為のインストラクションを頭に入れてアップした。昨日書いた通り、URL の末尾に &fmt=18 が入ってれば良いんだけど embed で見た人とかはステレオで聞けてない可能性もあり、YouTube に直接行ってね、みたいな感じにしかなりませんでした...

 というわけで完成品がこれ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=C5xLOfUzM4M&fmt=18

 さあ、あなたにはどう聞こえますか???
スポンサーサイト


やっとわかった YouTube のステレオ再生

 一日中 YouTube のステレオファイル作りに挑んでました。うまく行ったのが一回だけあって、あとどうしてもうまく行かなかった!

 で、もう一度インターネットで調べた所、分かった!!!なんだよ、ほとんど何もしなくても h264 とかで上げてれば、ステレオになってんじゃん!!!

 問題は、ユーザー側のデフォルトがほとんどの場合、自動的にモノラルになっちゃうって点みたい。なので最近アップした元が h264 とかのハイクオリティー動画は、実は影ではちゃんとステレオファイルになってて(もちろん動画にくっついたファイルがステレオの場合ね)、アカウントのセッティングで高画質で見る方を選んでれば、高画質で見られる事がある。

 ただし、ユーザーの接続速度が遅いと、高画質を選択しててもモノラルファイルを聞かせられちゃうらしい。そこで、見たい動画に行き、ブラウザー上部の URL の最後の部分に &fmt=18 を足すと、動画画面の右下に標準画質、高画質の切り替えが出る。これが高画質側になってれば、元ファイルがステレオの場合、ちゃんとステレオになる。

 この切り替えは文字で小さめに出るだけなんで、YouTube としてはサーバーに負荷かけたくないから、わざと分かりにくくしてんじゃないのか?と思えてしまう。

 YouTube 側はアップロード時に、ファイルの状態によってはデータをモノに変換しちゃう事もあるみたいだけど、今までアップしたファイルを聞いてみた所、普通に画質が良くて、音楽もちゃんと聞けるクオリティーのファイルになってれば強引にモノ化されちゃう事はないみたい...

 問題なのは、私が作ったファイルは必ずステレオで聞かないとクイズにならない内容なんですよ。しょうがないので、動画の頭に高画質で見られない人は音もモノになっちゃうので、見ても無駄というコメントと、画質切り替え方法を入れようと思います。

 めんどくさい!

気楽にデータ作ったのにアップで散々

 MacBook Air を持って喫茶店に行ったので、せっかくだから音のトリックを説明するビデオを作ってみようってこって、お茶を飲みながら Final Cut Express でチョイチョイとビデオ作成。

 だいたい3時間ちょっとで本編完成。さてアップするか?と思ってよく考えたら YouTube ってステレオじゃないんだよね。でもステレオでアップする方法があるらしいんで調べてみたら、なるほど原理は分かった。

 ところが、実際にやってみると上手くいか~ん!というわけで、家に帰って来てからず~っと悩んでます。

 要は FLV ってフォーマットにしてビットレートとか調整すれば良いはずなんだが、どうしてもモノラルになっちゃう...WIndows も使ってやってみたけど、Everun だと画面が小さくてメンドイ!上手く行かない原因を追求するのに疲れてきた...

 せっかくだから本家 Adobe の Flash CS3 の使用版をダウンしてエンコードしてみて、何が悪いのか調べてみる事に...

 しかしこれだけ一般的な YouTube がモノってのも何か変な話だよね。

つながり出すとつながるもんだ

 過去のアルバムの再発話が進み始めたと思ったら、突然その辺のアルバムのミキサーとかやってた人からメールが来た。なんか手伝って欲しいとの事。とりあえず、プログレ曲をレコーディングするのしないの...<金になんなそ~!

 その人は10年くらい前までアップルにいて、その後ゲームメーカーへ移り、8年くらい前にS本R一氏の始めたメディアなんたらとか、そんな名前の会合で会ったのが最後...

 その後、ソニーの会長秘書になった後で、代議士の秘書になったという噂は聞いた事があるんだが、ほんとかどうかは今度確認してみよう。

ヒューホッパーも不調らしい...

 以前、ティムブレイクも体調不良だったみたいだけど、今回は元ソフトマシーンのヒューホッパーも体調を崩しているらしい...病名は白血病との事。う~む困ったもんです。

 ティムブレイクはその後復調したのか、MySpace を見ると、若いアーティストとライブをやってる写真が載ってる。ヒューホッパーはどうなんだろうか???

 赤塚不二夫とかにしても、早死にし過ぎ!!!そのうち科学が進んでショ~モナイ事件を犯した大バカもんから生きる時間を減らす刑とかで、もっと長生きして欲しい人を人類全体で投票して長生きさせるってのはどう?もうすでに SF とかでありそうですな。

 そういや、日本の SF 系大御所も体調を崩してるってこないだご本人(旦那さんだったか?)が言っておられたし、参ったね...

レゴ買いまくり

 レゴムービーの制作に使う素材のレゴを大量に買った。多分全部で10万以上。すでに部品だけで300万円くらい注ぎ込んだな...

 今回はサブプライム崩壊の流れで円高になり、海外からの購入がしやすくなった。ちょっと前まで$1=120円前後だったのに、今は100円以下だから、10万円分買ったら、2万円もお得という事です。

 このパターンで90年代に80円台まで下がった時に、アナログシンセ大量に買ったのに、アリゾナのインチキプロデューサーの所に預かってもらったもんだから、彼の破産に伴い、当時の価格で50万分、今なら200万分くらいのシンセがパーになりました。チャンチャン!!!

デジタルメモ ポメラ

 旧Blog でも散々叫び続けたメモ用ワープロがついに製品として出た!事務機のキング からの発売で商品名はポメラ。

 ワープロが完全に駆逐されてしまい、ちょっとしたメモを取るのにもコンピューターを持ち歩いていたわけだけど、去年買ったEverunは Windows なんで、イマイチ使い勝手が慣れない。とにかく超小型ワープロが欲しかったわけだけど、中古市場でも同じ考えの人は多いらしく NEC の小さい奴とか高い値段が付き過ぎて、ちょっと買うのはなあ...って感じでした。

 が、今回は機能限定だけど使えそう。たぶん、後継機は文字数制限がなくなり、Bluetooth 対応か?と既に予想がつきそうな気もするけど、とりあえず欲しい!!!

再発話が少し進展

 昔出した CD の再発に関してレコード会社のディレクターから連絡があり、来月頭に会って打ち合わせ予定。こちらでも出せるネタに何があるのかチェックを始めた。CD として出した分はマスターも CD もあるけど、アウトテークがどこまで保存されてるか不明。

 ボーナストラックなのでカセットマスターでも可という話みたいなんだけど、そのカセットもあるかどうかという所。

 うちの物置のどこかに、まだカセットラック1つ分のテープがあるはずなんだが、未だ発見できず。そろそろ涼しくなって来たので捜索を開始しましょうかね。一日がかりの作業になりそうです。

ジェイミーミューアに衝撃を受けたわけ

 スタジオの本棚に「キング・クリムゾン/至高の音宇宙を求めて」北村昌士著ってのがあって、久々に読んでみた。楽器の使用法については間違いもあるけど中々面白かった。その中で、以前からロバートフリップも言ってたパーカッショニスト(「太陽と戦慄」に参加)のジェミーミューアについて、ドラムのビルブラッフォードも影響を受けまくったという話が出ていた。

 だけど、今までジェミーミューアの影響ってのが良くわからなかった。なぜかっていうと「太陽と戦慄」とミューアが抜けた後の「暗黒の世界」を聞くと、パーカッションの雰囲気は太陽と戦慄に準じてる感じがしたから。

 で、iPod Nano が 16G になったんで、クリムゾンもまとめて入れたんで、喫茶店でよ~く聞き返してみた。その結果「あ、なるほどジェイミーミューアは凄いんだ」って事がアルバム発表から25年以上の歳月を経てやっと分かった。

 太陽と戦慄ではビルブラのドラムが右寄り、ミューアのパーカッションが左寄りにいるんだけど、良く聞くとドラムはフレーズが変わっているけどセット自体は普通のドラムセット。ところが左側に出て来るドラム系フレーズはタム(恐らくロトタム系の薄いタム)以外のほとんどは叩ける物は何でも並べてみました、みたいな変態セットと思われる。

 ミューアのフレーズは普通ならタムで降りて来るようなフィルを木魚と金属音でやってたり、普通ならシンバルでやるフレーズを謎の金属の塊みたいな音でやってたりする。

 とにかく太陽と戦慄ではミューアが暴れまくり、ビルブラが普通に聞こえる。

 ところが暗黒の世界ではミューアが抜けたのに、ミューア風変態フレーズが聞ける。なので私は今まで太陽と戦慄も変態パーカッションをビルブラが担当してたと思ってたわけ(だから暗黒の世界もリズム系サウンドがさほど変わらないと思ってた)。

 でも本のインタビューから察するに、太陽と戦慄でわりと普通にドラム叩いてたビルブラがミューアに衝撃を受け、それを研究していた所へ、ミューアがステージで怪我して抜けてしまった。

 ステージで欠員分のサウンドを補う必要もあり、ビルブラはミューア風サウンドを再現出来るセットを自分のドラムセットにも取り入れ、それ風のフレーズを叩いた。結果として状況を知らないで聞くと2つのアルバムの変態パーカッションはミューア脱退後も継承され、私はミューアの功績に気づかなかった、という事らしい。

 でまあ、そういう事を考えて太陽と戦慄を聞くとやっぱり凄まじい。今度、生ドラムを使う仕事があったら、楽器編成にこういう指定をしてみたいもんだ。まあ DTM なら普通にドラムを作っておいて、タムのフレーズとかを金属の打撃音とか木魚とかにメチャメチャに置き換えていけば出来るかも知れないけど、やっぱ生でやりたいよね。

 でも、どういう指定をするのか?太陽と戦慄だと恐らくアタック部分って鉄板をトンカチで叩いてるんじゃないか?と思うんだよね。スコア指定にマレット~トンカチ、とか鉄板大、鉄板小とか書くのだろうか?

 インタビューにもゴングを鎖で叩いて音を出したとかあったしね。一回やってみたいもんです。

iPod Nano が来た!

 iPod Nano のオレンジがようやく手に入った。Apple Store では前からあったけど、ヨドバシやビックカメラは、入荷するとアッという間に売れてっちゃてて店頭で買えなかった。オレンジかイエローにしようと思ってたんだけど、色合いを店頭で見てから買おう、なんて思ってたら全然ダメだったので、オンラインショップでの入荷待ちでした。ビックカメラはポイント溜まってたんで、タダで手に入ったんですよ。

 ようやく品不足が解消されて来たみたいで、そろそろみんな余裕で買えるか?

 例によってカッコ良い包装、見た目も OK!今回はビデオも見れるし、カバーフローも動かせるわけで、結構見ていると楽しい!ただ、ボタンが簡単に押せちゃうのでポケットに入れて歩いてみたら、結構音量が変わっちゃったりする。

 また、本体を振ると全曲のシャッフルになるモードがあるんだけど、ズボンのポケットに入れて歩くと、突然シャッフルされちゃったりする。胸ポケットなら大丈夫。

 どっちにしてもケースを買う必要あり。どんなケースがあるのかビックカメラに行くのが楽しみなのも、iPod のカワイイ所ですな。しっかりアップルの戦略にハマッてます。

 今回の iPod Nano は16ギガなので、ポップス系の BGM 以外にも、長編物プログレがアルバムごと入るので、早速ル・オルメだの、クリムゾンのボックスだの入れて楽しんでおります。最近は旧 iPod Nano のおかげで、プログレメドレー欠乏症に陥ってて、イタリアプログレを通しで聞きたい!!!とか欲求が高まっておりました、はい。

旧譜発売でちょい打ち合わせ

 私が関わった旧譜のアルバムを再発したいという話は前から時々あって、クロスウィンドみたいにいきなり実現する事もある(これは私は全然かんでないんだが)。そんな中でいくつかの旧譜が再発になりそうな気配。

 未発表曲も含め、自分が権利を持っていないもので、権利の許諾が取れるのかどうか?知り合いの会社に打診し、話をして来た。まあ、どうなるかわからないけど、現時点で権利がクリア出来るのが確実な物は、多分再発になると思う。

 時期はまだ不明だけど、恐らく日本のテクノ黎明期みたいなシリーズの中に組み込まれるんじゃないかと思う。

 というわけで、現在オークションで5万円だ7万円だ言ってる私関連のCDは再発になるかもしれませんので、売りに出すなら今のうちです。逆に欲しい人はもうちょっと待ちましょう!

筋肉痛で寝てました

 こないだのエマーソン、横浜まで歩いた、今岡さんのライブと続いて筋肉痛になり、今日はスケジュール変更して一日寝てました。

 まだ足が痛い。これはエマーソンのライブ前に東急ハンズをウロウロしてた時、中央の階段をグルグル回りながら色々な階に行ったのが原因。ハンズの階段って結構足に来るのです...まいったまいった...

今岡過激団のライブに行く

 ニフティの FROCK 時代の名物バンドのひとつ、今岡過激団雪組の今岡さん還暦記念ライブに行って来た。

 今岡過激団はまあ、ようするに昭和歌謡をロックでやる、そして今岡さんは女装で黒の下着でベース弾きながら歌うわけだ。詳しくは上記サイトを参照されたし。

 今日のライブは過激団だけではなく、今岡さんの趣味のジャズバンドも出演して中々幅広い音楽性であった。ほぼ満員で来てたのは昔の FROCK のメンバーが大多数だと思うんだけど、みんなあまりに久しぶりで誰が誰だかわからん!という状況でした。

 まあメンバー全員親父ロックバンドになってしまったわけだが、みんな音デカイし。今回から有名プログレバンドの塚田さんがキーボードで入り、音がしまった。昭和歌謡プログレヘビーおかまロックとでも言いましょうか...

 6時半に始まり、ジャズ系ロック系おりまぜ休憩を挟んで10時までたっぷりライブでございました。昔ならそのまま朝まで飲んでるんだろうけど、さすがにみんな終わったら帰るもんな...

 というわけで、笑いながら楽しんでまいりました。今岡過激団の次回記念ライブは70歳の時か?!そういえばジャズバンドのベーシストは80歳だって!みんな元気!

欲しいセットだけ売ってないのでした

 レゴムービーのセット作成のため、こないだの日記にも書いたレゴの Agents っていうシリーズの Volcano Base なるセットをクリックブリックに買いに行った。天気も良かったので、久々にブラブラ歩いてみなとみらいにあるクリブリへ...

 ところが、行ってみたら Agents シリーズはあるのに、Volcano Base だけない!お店で聞いたら、なぜか Volcano Base だけ販売してないんだと!日本は火山性地震で死者が出てるから発禁???

 というわけで、手に入れられず!!!家に帰って来てから amazon で見たけど、カートに入れて購入しようとすると「お前の住んでる地域には売れん!」と言われてしまう。

 しょうがないのでレゴマーケットプレイスで日本に販売可能なショップを見つけて購入。本体は $73 なのに、送料が4500円くらいかかる!それでも円高なので、日本で販売された場合の価格より安く買えたと思う。

 にしても、日本に売らない理由って何???音楽ソフトなんかでも日本には売らないってケースが多い。恐らくサポートの問題もあるだろうけど、今までの経験で言えば、扱い会社が潰れてサポートは宙に浮いたってのが結構あるんで、そう来るなら「代理店が潰れたら損害賠償に応じよ!」と言いたい!!!

 amazon がレゴを日本に売らない理由って考えにくいんだがなあ...本とかCDは平気で売ってるのに...

 いずれにしても...めんどくせ~~~!!!

渋谷にエマーソンを見に行く

 渋谷の CCレモンホール(この名前なんとかしてくれ!)にキースエマーソンバンドを見に行った。ちょっと早めに行ったので、センター街のマクドナルドの筋向かいにあったケバブの店に入って食事。

 エマーソンのバンドはギター、ベース、ドラムにエマーソンの4人編成。大丈夫なのか?という心配もあったんだがとにかく見た。

 で、結論から言うと、バンドとしてもコンサートとしてもとても楽しめました!だけど、エマーソンの指が全然動いてない!それも練習不足とかいう問題じゃなくて、何か病気なんじゃないだろうか?リットーのインタビュー集にもそれっぽい事が書いてあったから、かなりキビシイ状況なんじゃないか?と思える。とにかく簡単なスケールすら弾けてないし、全体に演奏時の指が鍵盤から離れちゃってて音が途切れ途切れになっている。明らかに練習をさぼってて、なんて笑える話じゃなかった。

 本人もその辺を考えてか、危ないフレーズはギターがサポートするスタイルを取っていた。このギター/ボーカルが中々秀逸でグレッグレイクっぽいのも OK。キーボードのフレーズが「あ、ヤバイな!」と思う瞬間にギターが上手い事演奏に入り込んで来てエマーソンを助けていた。

 ドラムもベースも Good。しかもやった曲はほとんど ELP の曲なんで、ヨレるカールパーマー、ハイトーンの出ないグレッグレイクと組んでやるより全然良い!ELP の編成でやったらエマーソンのキーボードをサポートする人はいないからかなり悲しい状態になっちゃってたと思う。

 まあ、雑誌等に紹介される時は、この辺の事情は全部割愛されて素晴らしい演奏という話になるんだろうけど、最初に書いたように、コンサートもバンドも満足できる物だったのは間違いなし。

 凄かったのが途中のラッキーマンの Moog IIIc の重低音。これ聴くだけでも価値ありです。とにかく最低音に行くと会場中が振動して、自分の服の布が振動してるのが分かるんだよね。ドラムもキックの連打で重点音が来るけど、パルスとしてしか来ない。Moog IIIc の重低音は連続音としてズ~~~~ンとつながるのが凄い。途中でシーケンサーで音程がメチャメチャに動いたり、フィルター動かしたりして過激になると、前の席にいた若いカップルも顔を見合わせてウォ~~~!みたいな感じだったんで、会場中ぶっ飛んでたと思いますよ。

 他にもリボンコントローラーからテルミンまで使い、さらにグランドピアノの弦引っ掻き奏法とか、指が回らなくなってしまった分、十分サービスしてくれました。もちろんリボンコントローラーをお尻に擦りつけるネタもやりました。

 お客さんは会社帰りの疲れたサラリーマンばっかか?と思いきや若い人が結構多かった。中には学校帰りの学生服の男の子も。さらになんかエッチな服来たオネーサンとかもいたし、女性が結構いた。年齢的には20代前半は少なそうだったけど、30前後の人が意外に多かった気がする。心配していた頭薄くなったオジサンはほとんど見かけなかった。

 というわけで、新バンドの CD も買いたいと思います。追加公演も決まったらしいので、チャンスのある人は行くべし!!!

 エマーソンには日本の針とかマッサージとか何か治療方法を探って少しでも良くなって欲しいっす。温泉とかも行ったらどうかな???

 頑張れエマーソン!俺たちゃ絶対エマーソンを見捨てたりしないぜ!!!

改造モデル完成

 とりあえずレゴのオリジナルモデルに手を加えて稼働部を多くしたモデル完成。多少ヘッド部分が長いが、まあ良いんじゃないですか?って感じ。

 続いて限定レゴの Agent ってシリーズに丁度使いたいモデルがあったので、クリックブリックへ買い出しに行く予定。

 現時点では円高ドル安なんで、海外からレゴ部品を調達するのは結構得策ではあるんですが...昔、1ドル80円くらいだった時、インターネットでアナログシンセ買いまくったんですよ。しかも98年頃だったからまだ eBay とかのオークションが無くて、わりと安い値段で即決で買えたんだよね。で、買った物はアリゾナの知り合いの所に預けたんだけど、これが前書いてた怪しいプロデューサーのS氏(ここんとこ書いてないから続き書かなきゃ!)。

 S氏は再び倒産したっぽいので、私のシンセはきっと管財人にぶんどられたんだろうなあ...連絡もつかんしアウトです。ちなみに Moog Sonic Six、Aries Modular、Arp DGX、ホーナークラビネット C-5、RMI のエレピ等々...あ~あ...

相変わらずセット作成中

 地道なセット作成の日々。まずは市販のセットを図面通りに組み立ててみて、撮影にそのまま使えそうなら OK。そうでない場合には、必要な部分に改良を加えるわけです。

 ところが、あるシーンで丁度良いサイズのモデルセットが全体像の引きのシーンで見ると、凄くバランスが悪くなる事があり、そこら辺が難しい。特に実際の生き物なんかの場合、本物なら関節や筋肉がスムースな湾曲を作るような形も、レゴでやるとカクカクと奇麗な曲線にならないわけで、それをシミュレートしようとすると長さが長くなったり関節部が多くなったりしてトータルで見ると物凄くバランスが悪くなる。

 この場合、気合いでデザインを調整して行くか、アップ用と引き用で2つのモデルを作って誤摩化すかのどっちかだと思うんだけど、現在それをどうするか考案中。

勉強する気はなさそうだと思う理由

 昨日書いた勉強する気のある人はほとんどいなそうだ、と書いた理由は「プロになる人なれない人」とか「勉強しないと書けない音楽」とか、その他シンセに関して相当詳しく書いている場所のリンクをクリックしてないから、という事実によります。

 リンクは音楽の勉強に必要な教科書とか参考になる CD 類にリンクしてるわけで、買わなくてもクリックして「なるほどこんな勉強の仕方をするのか」とか分かれば、かなり良い情報源だと思うわけです。ところがリンクを押してないって事は、すでにそういった勉強(例えば基礎和声とかジャズ理論)を知っているとか、古典的に有名なシンセの利用法を知っている(例えばハービーハンコックとか ELP )という事だと思うけど、とにかく勉強に関連するリンクが押された事はほとんどない。リンクが押されるのはトップページのコミック本の紹介とかがほとんどなわけです。

 となると、みんな適当に楽しめればそれでいいや、って事なのかもしれないので、まあそれはそれでありだと思うんですけどね。

Bind 2 三たび

 Bind 2 のバージョンアップがあり、ページ数が多いときの待ち時間が格段に早くなった。ただし、ページの名前を変更する時は相変わらず30秒近く待たされる。この辺微妙...

 デザインの問題は、古いデータを上書きするという前回書いた作戦で行ける部分もあるけど、デザイン素材のサイズも変わってたりするんで、それも含めて修正しようとするとスタイルシートもかなり手を入れなければならない。そこまでするのもアホらしいし...というわけで、別デザインにする方法も考えている。これが決まらない限り、サイトの更新も出来ない状態ですな。

 DreamWeaver もいじってみたけど、あれを覚えるならスタイルシートを覚えちゃっても同じような気がして来た。けどそこまでやる気はないから、結局 DreamWeaver を使っても無駄って事ですな。

 私ゃ別にデザイナーが見てカッコイイ!と思うようなサイトを作るつもりなんてさらさら無いわけで、解説が詳細に載ってて、それが見やすければ、結構どうでもいいじゃん!って感じです。

 もっとも、スタートして約3ヶ月たつけど、シンセについてちゃんと勉強しようとしてる人はほとんどいないなってのが率直な感想。これについては明日書いてみよう。

フリントストーンを見た

 昨日の続きでフリントストーンを見た。やっぱりテンポ悪い。しんみりしたシーンとドタバタのバランスって難しい。あと、CG とマペットと実写の質感の違いが気になるし、実写の中でも作り物の岩とか木と本物の岩/木の質感の違いも凄く気になる。

 恐竜とかはマペットか CG のどっちかに統一しちゃえばいいし、コミック的な動き(つま先でチョコチョコ走る)とかはもっと全面に取り入れて連発した方が面白いのかも、とか色々考えてしまった。

 さらに続編もちょろっと見てみた。続編は2000年くらいに出てるんで、CG はだいぶ良くなってるけど、それでも実写と合成した時の質感の違いはいかんともし難い。

 今後はハイビジョンになると、ますますこの質感の違いが際立っちゃうんだろうね。

 あとフリントストーンとかはハンナバーベラの業務用効果音集ってのがあって、これの音が沢山出て来るんだけど、音ネタは古い録音ばかり。だけどこれがいい感じなんだよね。ところがそれが今の録音の中に紛れると、映像と同じように質感の違いばかりが気になってしまう。

 キワモノ的な使い方なら、Art Of Noise がやったみたいな質感の違いが異常にカッコ良いとかってなるんだろうけど、普通に使う場合にはよほど注意しないと違和感ばかりが先に立つ気がする。

 この辺は、自分でやってるレゴムービーでも気をつけないといけない。と、その辺を気にするくらい先まで進むと良いんだが、相変わらずセット作ってます。現時点ではアメリカからの部品待ちのため、来週頭までちょい休みつつ、3話 Part-2 部分のスクリプトを検討中。しかし、スクリプトも部品が届いてセットを作ってみないとなんとも言えない部分があり意気消沈状態。

DVD が色々届く

 楽天に注文してあった DVD が色々届いた。クリントイーストウッドの BOX にマンハッタン無宿ってのが入ってるんだけど、タイトルから西部劇だと思ってた。当時はこういうタイトルが流行してたんだろうな。で、音楽はラロシフリンだった。知りませんでした。

 あと、ハンナバーベラの DVD をいくつか...宇宙家族(The Jetson)は昔のアニメ。音楽が中々オシャレなのと、キャラクターが気に入ってたので買ってみた。さすがに今見ると話のテンポが悪い。けど、子供向けだとこのくらいの方がいいのかな?とも思った。でもキャラクターはやっぱり好きですねえ。これリメークでアニメもあったけど、日本では話題にならなかったか?

 昔、カートゥーンチャンネルかなんかの番宣で、このアニメのお父さんが場末の飲み屋で飲んでて...みたいなのが流れてたんだけど、あれってどこが作ってたんだろう?シチュエーションは明らかに新橋あたりの飲み屋なんで日本制作なんじゃないかと思うんだけど、結構面白かったです。

 さらに、同じハンナバーベラの原始家族(フリントストーン)の実写版も買ってみた。ネットでは酷評されてたけど、確かにテンポ悪い。まだ全部見てないからなんとも言えないけど、途中で飽きたって事はやっぱイマイチなんだろうと思う。

 リメーク物ってハズレが多いですよねえ。宇宙家族ロビンソンとかもキビシイものがあったし...バットマンみたいに全然違う捉え方をしてると良いのかも...タイムトンネルもリメーク版が海外 DVD Box に入ってるらしいんだが、見るのが怖いかも...

 そうそう、マッハ Go Go Go のリメークのスピードレーサーも酷評されまくってたよね。っつ~か話題にも登らなかったか。

 実写でリメークはキビシイのだろうか?でも、見てみたいのもある。例えば、おそ松くんのリメークをハリウッドでやったりしたらどうだろう?だよ~んのオジサンとかデカパンが特殊メークで出て来たらかなりインパクトあるんじゃないでしょうか?だよ~んのおじさんとかは、どっちかっつ~とホラーになりそうですが...

iCal 死亡

 Mac の iCal が立ち上がらなくなった。レゴの制作行程とかを全部入れてるのでアセル!

 昔だったら Preferences とかのファイルを探して捨てるってのが常套手段だったけど、最近は Preference を作りまくらないようになってるのか、関連ファイルは全然ないのか???

 というわけで、全然お手上げ。他の Mac で見ると、行程のデータそのものは残ってるんで、その点はホッと一息...とりあえず、最近メインマシンになってしまった感のある Mac Book Air の iCal を再インストールしてみようと思う。

 .mac でシンクしてるから、データが残ってるという点では安心ではあります。にしてもいつも使ってるソフトが立ち上がらないってのは不愉快ですわな。

コンニャク畑と中華続報

 こんにゃく畑の話を書いたら、今日の新聞に製造中止のニュースが出ていた。しかたがない、近くのスーパーであるだけ買ってきましょう。

 で、こないだ書いた中華を食べた後で体が痛くなって眠くなる話なんだけど、思い出してみると、昔、マクドナルドでビッグマックを食べた後も同じ症状になったんですよ。ビッグマック~中華で考えると、やっぱり使ってる油が体に合わないのか?とかと思えるんだけど、細かい点は不明。

 しかも最近のビッグマックは食べても体が痛くならない。恐らく80年代のどこかから痛くならない状態になったような気がする。

 まあ私はマクドナルドなんて半年に一回食べるか食べないか程度なんですが...70年代に銀座にジャズピアノを習いに行ってた頃は4丁目角のマクドナルドで3週間に1回くらいは食べてたかも...

 いずれにしてもファーストフードってそんなに食べないほうなんですよね。多分、初めて食べた頃に体が痛くなる現象が出たから、体調が万全の時しか食べないっていうような自己抑制が働いてたんじゃないかと思います。

 昔と今のビッグマックの細かいレシピが分かると原因物質(というほどのもんでもないが)が分かりそうな気がする...

こんにゃく畑

 こないだスーパーのレジ横にマンナンライフのコンニャク畑があったので、なんの気なしに買ってみた。で、食べたら美味しいじゃん!というわけで、家族で凝ってます。

 と、思ったら数日後にコンニャク畑で喉を詰まらせて死亡事故が...幼児に食べさすなって書いてあるじゃ~ん!と思うのだが、野田聖子氏が文句をつけて撤去になるのか?状態...

 今んとこまだ売ってるけど、どうなる事やら。まあ、スーパーでもお菓子のコーナーで売ってるのはマズイかもね。でもそれマンナンライフのせいじゃないと思うんですけどね。

 販売中止になるんなら、まとめ買いせねば...それにしてもなあ、と思うのは私だけではなさそうです。

黒いジャガー/シャフト旋風

 渋谷のスミヤは無くなっちゃったけど、楽天に移動。で、黒いジャガー/シャフトのアンソロジーが入荷!

 黒いジャガー/シャフトのテーマはアイザックヘイズが大ヒットを飛ばしたわけだけど、その第2弾映画がシャフト旋風。LP は持ってたんだけど、どこかに行っちゃって CD 待ちだたのです。

 で、この CD は3枚組で黒いジャガー/シャフト旋風/黒いジャガーのTV版がメインで入ってる。テレビ版もあるとは知りませんでした。

 聞いてみると、シャフトのテーマ、シャフト旋風ともにコンピレーションで出てたバージョンと微妙にミックスが違う。映画で使用してたバージョン???シャフト旋風は LP 持ってた頃から思ってたんだけど、やっぱり演奏がラフ。

 テレビバージョンはシャフトのテーマをアレンジした物が中心で、いかにもテレビのオープニングから今週のタイトルが入って本編!って感じで Good です!

 あと、シャフトと関係ない The Man って曲が入ってるんだけど、多分テレビ番組のテーマ曲で、アメリカ初の黒人大統領が誕生!みたいな内容らしい。これが発売になった70年代には考えられなかった事なんだろうけど、オバマ氏が大統領になったらそれが現実になる。もしオバマ氏が大統領になったらパーティーでアイザックヘイズが演奏する The Man のテーマなんて聞けるか?!と期待してたら、ついこのあいだアイザックヘイズ死去のニュースが...まだ若いのに...昔から太めだったからやっぱどっか体悪くしたんだろうか?バリーホワイトも太めで渋い声だったけど、やっぱり若くして死んじゃったし。

 The Man のテーマはソウル系のリズムの上をストリングスセクションがアッパートライアドを中心にしたリズムフレーズで動くという物で、当時ジャズを習ってた私は「なるほどアッパートライアドを弦に持って来るとこうなるのか」としきりに感心したもんです。

 な~んて、教育的な事書いても誰も興味持たないんだろうな、最近は。





中華と睡魔

 ご近所の考古学の先生が宇都宮で講演したそうで、お土産に餃子をもらった。宇都宮の餃子って初めてだったんだけど、結構軽くていける!っと、全部食べてしまった。

 30分くらいしたら段々体が重く痛い感じがして睡魔に襲われた。一緒に食べた家族も同様だったんだけど、このパターン、うちでは時々ある。別に食べた物が悪いとかそういうんじゃないし、体の具合が悪くなるとかいうのでもない。中華料理に含まれてる何かが作用するんだろうと思うんだよね。

 昔、世田谷に事務所兼スタジオがあった頃、そこの一階が敦煌っていう中華料理屋で結構おいしかったんだけど、ここの中華を食べると、やっぱり必ず同じ症状になっていた。同じ中華でも別な店だったら全然大丈夫だったりするし、油ギトギトだから睡魔に襲われるとかそういうんでもない。

 今日の餃子も結構軽かったし、油も少なかった。

 とにかく、もう体がダルくって立ってられないんだよね。4~5時間すると治るし、治った頃には普通にお腹が空いた状態になってる。

 同じような症状になる人っている???

第3話のパート1あとひとつ!

 レゴムービーのセット作り、第3話のパート1部分は、残り列車を作ったら終わり!これはレゴの標準セットを作るだけだから、明日1日で十分。ようやく大変な町作りが終わる。

 続いてパート2は林とか出て来るんで、その辺の木の部品を大量購入。すでにパーツ代だけで150~200万円に達していると思われるが、恐ろしいので細かく計算していない。

 パート3は飛行機の中のシーンなので、機内のイスの部品とかまたしても大量購入が必要ですな。最近は Mac の iCal のカレンダーにレゴ購入部品とかレゴ進行状況っていう項目を作り、それに To Do 機能で思いついた事を片っ端から記入して、iCal を MobileMe で共有するようにして、どの場所にいても思いつきをメモできるようにしている。

 本当は写真だのなんだの全部 iDisk で共有するつもりだったんだけど、日本から iDisk を使うとあきらかに遅くて、最悪エラーが出る事があり、共有をあきらめている。できれば iPhone のプッシュ機能が動き出す時に、この辺が全部解決すると良いんだが...

 っていうか、プッシュでデータをやり取りしようと思ったら、iDisk もプッシュと同様に早くなるように思うんだけど、だめかな?プッシュ機能は9月にも間に合わなかったから、世界中からクラウドで利用できるようにするには、やっぱりデータロスとか色々な問題が出て来るんだろうなあと思います。

バスターキートンは体はってますな

 レゴムービーの参考になる映像を時々見る。レゴの動きはサイレントに近いと思うので、チャップリンとかバスター・キートンとか見ている。基本的なギャグは今でも通用する物ばかり。

 今日見た荒武者キートンも体はってます!全編を見るとさすがに冗長な感じもするけど、適度に編集して弁士が入ったら結構イケルのでは?

 悪い奴とロープで体くくりつけて、どっちかが崖から落ちると相手も一緒に真っ逆さま。そのまま本気で川(湖?)まで落ちるんだけど、これがかなりの高さ。その後、片方が陸にあがると、もう片方がロープで引っぱられて川に落ちるという定番ギャグ。

 激流の中を本気で泳いでて、水面に飛び出してる岩の上とかを流れと一緒に転がったり、ヒロインを滝に飛び出した流木に捕まってキャッチするとか、本気で気合い入ってます。

 他にも色々あるの?と amazon を調べたらキートン以外に、いきなりカルト SF の廉価版が大量に紹介されていて、物欲に走りそうな状況...

 スパイ物もあるか?とナポレオンソロと入れたら、コンプリート box の海外版が引っかかった。う~む、日本語版出ないかな~?と、どんどん本筋と関係ない検索を続けているのであった...

横浜タイムトリップ・ガイド

 今日フラフラと本屋を見てたら、横浜タイムトリップ・ガイドなる本を見つけた。

 来年、横浜港のオープンから150周年なんで色々と本が出てるけど、これもそのひとつ。開港の頃/関東大震災~第二次世界大戦/大戦後の3つの時代に分けて、関内、元町、本牧等のエリアにどんな建物が出来ていったかが地図になってて、それぞれの主要な建物は後半に解説が載っている。

 また、横浜港が徐々に広がっていく様子が地図で示されていたりして面白い。

 伊勢佐木町とかのある関内は、昔、関外ってのもあったそうで、私はてっきり関内駅から内側(内陸側)が関内で、その外側(海側)が関外かと思ってたら逆で、港方面から見て港側が関内、陸側が関外だったそうである。つまり海外から日本に来た人から見て手前が内、って事らしい。

 他にも横浜の私立女子高で捜真女学院(捜の字は違ってたか?)ってのがあるんだけど、これが昔は山手にありフェリス、双葉、捜真とミッション系の女学校が並んでたらしい。

 子供の頃から買い物は元町が多かったし、中学からの友達が元町で楽器屋をやってた関係で、その周辺の音楽関連事情に詳しかったわけだけど、本を見ると、私よりも更に前の世代(ゴールデンカップスとか)の人たちが、どの辺から登場して来たか?とか分かる。

 折角だから横浜ライブスポットの変遷も書いてほしいもんです。横浜はですね~、アマチュアバンドの登竜門と言える横浜野音をつぶして、その代わり大通り公園でライブが出来る、とか言ってたのに、実際には大通り公園では苦情が来てライブ出来なかったんですよ。

 しかも教育会館とかを借りようとすると「不良には貸せん!」とか言って追い出されたという...みんな「演歌に貸すのにロックには貸さない」と憤慨してました。結局、横浜のバンドはみんな渋谷方面に出て行っちゃったわけで、横浜ジモティーが注目されるのはクレイジーケンバンドが出て来るまで待たなくてはならなかったのだった。クレイジーケンバンドのドラムも、元々は野音近くのライブハウスとか出てたんだよね。この周辺のメンバーがシュガーだったり、オメガトライブだったりになり、私の周辺(関内近くのライブハウス出身)はスクエアに入ったり、河合奈保子のバックやったりとなって行ったのでした。

レゴムービーの第3話の建物製作中

 レゴムービーの第3話、Part-1 部分の最後の建物内部完成。木の建物なので、内外共に茶色の部品を大量に使用。ついでに昔のレアなレゴセットも使ったりしたんで、部品数が大変!=お金もかかった!

 ちょうど海外の CD 販売をしてる CDBaby の売り上げがそこそこあったんで、それをそのまま Paypal に振り込んで、買い物するたびに Paypal から落ちるようにした。便利な時代ではある。ま、CD Baby の売り上げったって、今や CD じゃなくてオンライン販売の売り上げなんですけどね。

 昔は海外の買い物っていうと、国際郵便為替を使わなきゃならなくて、これが地獄だったんですよ。とにかくローカルな銀行じゃやってないからターミナル駅の銀行まで行く。しかも午後3時に閉まっちゃううえに、3時までに完全に先方に送る書類が上がってないと機械が止まっちゃう。なので、最低でも2時半には行ってなきゃいかん。

 しかも、身分証明が必要で、健康保険証とか持って行かないと送金できないという21世紀になってこれかい!みたいな感じだったんだよね。

 それが今では銀行不要!

 さて、引き続きムービー3話の町の小物を作ったら列車を作る!気合いが続くのか?お金も続くのか???

 ちょうど知り合いの会社が似たような感じの一コマ撮りで映画製作(こちらは最初から予算かけたストーリーね)してるんで、情報交換しつつ気分転換して来ようと思ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。